「彩瀬まる」おすすめ作品一覧

「彩瀬まる」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/02/23更新

ユーザーレビュー

  • 朝が来るまでそばにいる
    全体的に怖いなと感じて、最後はすごい気持ちが溢れてきそうなおはなしが多かったなと思いました!!
    個人的には『かいぶつの名前』が一番好きでした。
    『眼が開くとき』もぞくぞくしてとてもすきなのですが、
    『かいぶつの名前』のラスト4ページで涙がやって来ました。(前の段階でも泣いたからかも知れません)
    好き...続きを読む
  • 朝が来るまでそばにいる
    一人ぼっちで過ごす夜はなんとなく寂しく、誰かがそばにいてくれるだけで心強い。
    だからといって朝が来るまでそばにいてくれるのは「人」だけとは限らない…。

    背筋がひやり心がざわざわする短編集。
    しんと静まり返った真夜中、心細い気持ちに付け入るように獣や鬼といった異界のものに絡みつかれる主人公達。
    それ...続きを読む
  • 眠れない夜は体を脱いで
    連作短編のお手本のような見事な1冊。伏線回収がばっちり決まって心がすっとする。物語事態を感動する部分と別のところで、「1本とられた」的清々しさをしっかり味あわせてくれる。

    ミステリーではない(そういう要素を含んだ作品もあるが)ので、伏線回収だけが上手く行っても仕方ないわけであるが、そこはそこ、1つ...続きを読む
  • 骨を彩る
    これだ。
    これが欲しかったんだ。
    黒く埋まっていた塊が
    ことばひとつ
    ミントのような涼しさで
    クリアになっていく。

    それが自分のことじゃなくても
    満たされていく。

    骨を彩る
    という言葉の美しさが
    膨れ上がる
  • 眠れない夜は体を脱いで
    彩瀬マジックにすっかりやられた。
    彩瀬さんの静かに流れるような文章に心をぎゅっと掴まれた。

    真夜中のネット掲示板上で繋がる連作短編集。
    世の中はなんて儘ならないことが多いのだろう。
    顔や性別、年齢等、思い通りにいかずジタバタする主人公達の短編一つ一つに共感して切なくなる。
    誰しも人には言えないジレ...続きを読む

特集