乗代雄介の一覧

「乗代雄介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2021/10/08更新

ユーザーレビュー

  • 旅する練習
    読んでいて、なんか気持ちがザワザワしてました。読み進めていく内に、ページをめくるたびに、何か不安めいた気持ちに襲われて、最後、時間が止まりました。
    アビが良い子すぎる。川鵜の準備を見て、それをサッカーに置き換えてスパイクを磨くこと、ゴールパフォーマンスで表現すること、アビの優しさ、おじさんの人柄、み...続きを読む
  • 旅する練習
    小学校のサッカー少女と、叔父さんのロードムービーのような旅。コツコツと、淡々と流れる音楽のような作りで、練習と天気と、少女が大好きなオムライス、そして鳥、繰り返される真言宗の言葉。リズムに乗って読んでいくと、自然に感じられる不穏なまでの静けさ、そして最後のわかるその意味。夢を持った人が、悩みながら生...続きを読む
  • 旅する練習
    短い話なのに、平野啓一郎の『ある男』を読み終えた後のような深い感慨が押し寄せてきた。三島賞をとるべくして書かれたような作品。美しく趣き深い文章はときには読みづらいと感じるときもあったが、そこに小学六年生の亜美のサッカーの光景や無垢な発言が絶妙に絡み、説明的な描写さえ知的な教養の深さを感じてやまない。...続きを読む
  • 旅する練習
    高橋源一郎と文学youtuberベルの推しで三島賞も獲得ということで読んでみた。このコロナ下の真っ只中の同時代小説である。最近では珍しいくらいの爽やか小説で一気に読み進められた、だがラストのグダグダは何だ、あまりにも少女趣味過ぎた内容に作者の照れ隠しなのだろうか、それにしてはちょっと酷いではないか、...続きを読む
  • 最高の任務
    とてもとても感動したので、まとまらないと思うけど引用を交えて感想を残しておこうと思う。
    というか、「残したくなる」そんな小説でした。


    さて、アラサーである。
    小さいころから「人がいきなり死ぬ」ということが怖い。
    掘り下げると「いきなりこの世からいなくなり、なにも残さないのでは、生まれてきた意味が...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!