「乗代雄介」おすすめ作品一覧

「乗代雄介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/12/01更新

ユーザーレビュー

  • 本物の読書家
    二編の中編小説が収められている、なかなか素敵な装丁の小説集。

    文学に関するウンチクや引用がちりばめられている一方で、ミステリーっぽいというか、どんでん返しが設定されたりしていて、「ドキドキさせる堀江敏幸」(本家は基本的には何も起こらない)という感じ。
    あまり他に似たタイプの小説家はいないような気が...続きを読む
  • 本物の読書家
     現代小説だね、完全な同感者は。
     本物の読者家も、何かどっかに行ってしまった。
     語り手は、ちょっとよじれた。
  • 十七八より
    第58回群像新人文学賞受賞作品。

    かなりの文学オタク向けの作品。うーんわからん! 難しい! なんて思った小説は初めてかも。
    本の最後に載っている選評にも「他の候補作はわかりやすすぎたのかも」と書いてあるし。わからなさ、それから文章の味を楽しむ作品かな。
    ただ、なんでもない日常描写が普通そこ書かない...続きを読む
  • 十七八より
    自分が十七、八才の娘さんだったころのことを語っているっていうのはわかっていたけれど、呼び方がちょくちょく変化するので混乱してしまった。不思議な比喩も多いし。わざと読みにくくしているんだろうな。いかんせん読解力が足りないもので、正直よくわからなかった。残念。
    こういう小説を読んで、ふむふむなるほどね、...続きを読む
  • 十七八より
    未来の芥川賞か? 文学新人賞受賞作を読む その1

    芥川賞を取る人、というのはどのようなプロセスを踏んでいるのだろうと昨今のフィーバーの中ふと思い、ちょっと調べてみまして。

    文学賞の新人賞、その新しい作品と、受賞作一覧の中で気になる作品を搔い摘んで読んでみようではないか、と思い立ちました。

    その...続きを読む