千早茜の一覧

「千早茜」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/03/15更新

ユーザーレビュー

  • 西洋菓子店プティ・フール
    じいちゃんが好き!
    個々人の思いが一話ずつ溢れていて、
    そうして他の視点からも読める。

    昔バイトしていた
    老舗のケーキ屋さんで初めてみたプティ・フールを思い出した。

    美味しいお茶を入れ、
    美味しいケーキが食べたくなる本。
  • 西洋菓子店プティ・フール
    さすがの千早先生。スイーツへの造詣が深い。スイーツに対する語り(特に美佐江)など、共感する部分も多く、まるで甘い物を食べたときのように、脳内がセロトニンで溢れた。

    読み終えて、ほぼ毎日シュークリームを食べているという、危険な作品。
  • 西洋菓子店プティ・フール
    主人公の亜樹を中心にお菓子を通して前を向いて行くお話。お菓子の描写が素敵すぎてお話に入り込めました。お爺ちゃんの作るシュークリームが食べたいな。
  • クローゼット
    幼い頃の心の傷を負ったまま、他人へ抱く警戒や恐怖心に苦しむ女性が、唯一解放されるのが洋服の世界。洋服を纏う、繕うことで自分が自分になれる描写が繊細で温かい。纏う衣服が、時代やその人の有り様映し出す。それぞれに何かを抱えた登場人物たちが、衣服で痛みや心の澱を表現する様が染み入る。閉じた世界から踏み出し...続きを読む
  • 正しい女たち
    作者から読者にこう読み取ってというお仕着せなく、揺さぶられる作風は大好物。千早さんは旨い。「正しさ、正論、常識、当たり前のこと」等が色々な形で呈される短編集。それは本当に誰から見ても同じもの?地域、国、時代、世代、人によって正しさなんて変わりうる危ういものなのに。もちろん社会の成立には正しさやルール...続きを読む

特集