丹地陽子の一覧

「丹地陽子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2020/08/04更新

ユーザーレビュー

  • 極彩色の食卓
    老女と青年と美味しいに決まっているお料理。そして、ノスタルジーな感じ。心の闇が垣間見える。でも、なんかずっと読んでいたい。
  • 烈風ただなか
    初出2018〜19年「小説野性時代」 『薫風ただなか』の続編、シリーズ化されるのか。

    前作のレビューには「いかにもあさのあつこらしい、すがすがしい少年たちの時代小説。」と書いたが、今作は父の謎の正体と自分の生き方に悩む青年の内面をより強く描いている。

    薫風館の親友間宮弘太郎の組屋敷近くで、殺され...続きを読む
  • 極彩色の食卓
    この小説は沢山の色で溢れていました。
    世界的に有名な女流画家である「律子」と絵を描かなくなった青年「燕」の物語。

    生活能力のない律子と一緒に暮らす中で、燕は数々の料理を振る舞いますが、そのどれもが豊かな色によって表現されています。律子は食べたいものを色で指定していくので、燕はそれに合った料理を作る...続きを読む
  • 猫ヲ捜ス夢 蘆野原偲郷
    続き物。
    この本で終わりかなぁ?って感じのおわりかただったので、シリーズとは言えないかな。
    「事」について、重たすぎないのがいい。日常のちょっとした「よくないこと」というてい。それがそのままだと人にさらに良くないことが起こる。という。
    でも…さいごさびしくなる…

    や、とても、清々しいんですが。
  • ピースメーカー
    赤星中学校は運動部と文化部の総合顧問の先生のいがみ合いからトラブルが起きていた。そのトラブルに対して架け橋となり平和をもたらす「ピースメーカー」となるのが放送部のふたりだった。
    これは実に楽しい物語です。中学校の放送部の楽しさ、放送部の利点アレコレを使っての情報収集、そしてトラブル解決のカタルシス。...続きを読む