稲葉稔の一覧

「稲葉稔」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:稲葉稔(イナバミノル)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1955年
  • 出身地:日本 / 熊本県

1994年『かまち』で作家デビュー。作品に『製薬会社がどんどん倒産する』、『凄腕の男』、『黒船攻め』、『囮同心』などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/06/12更新

ユーザーレビュー

  • 激闘~隠密船頭(四)~
    文句なしの五つ星です。
    最初から最後まで、ぎっしり詰まった物語は、読んでいても迫力があって、気持ちの良い時間でした。

    今回の話は、しくじりをして一旦やめた同心を、浪人になって一時扇動をしていた沢村伝次郎。
    奉行の内与力扱いという、特別扱いを恨む同僚もいて、風当たりは強い。
    そんな中、前の上司だった...続きを読む
  • 喜連川の風 明星ノ巻(一)

    ほろっとします

    中間管理職の親が、仕事で苦労しながら家庭問題も抱えている。江戸時代からこの構図は変わらないのか?
    子を持つ親の気持ちに熱くなる巻でした。
  • 喜連川の風 忠義の架橋
    意地悪い上司によって期限を縮められた橋の普請。
    不慣れな仕事に手探りで挑む一角。
    重なるトラブルに苛まれながらも、前に進む。
    悩みのタネは今も昔も同じ。
    一角の一本気な心意気のみが真っ直ぐに貫かれる。
    爽快感の増したシリーズ二作目。
  • 喜連川の風 江戸出府
    何もかも異例づくしの小国、喜連川藩。
    飢饉に喘ぎ、江戸に出向き大藩に借金を申し込む。
    さて、借りられるか? がテーマ。
    が、トラブル、事件、が次々起きて物語はどんどん膨らんでいく。
    これがページをめくらせる。
    池井戸潤の時代小説版の趣き。
    読後の爽快感も合わせて、痛快な時代小説だ。
  • 百万両の伊達男 : 2 落とし前
    人が良くて、志が高邁だけど
    やっていることはドジで、やや黒くて
    アンバランスな作品だけど・・・笑える