武士の流儀(四)
  • 最新刊

武士の流儀(四)

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

困っている人を放っておけない!
若隠居が活躍する人気シリーズ

爽やかな秋を迎えた江戸。
元は風烈廻りの与力だった桜木清兵衛は、若隠居生活を楽しんでいた。
偶然に知り合った洗い張り職人に着物を預けに出かけると、何やら様子がおかしい。
なんと、大身旗本の奥方の高価な着物が夜のうちに消えてしまったというのだ。
見かねた清兵衛は与力時代の経験をいかし、着物の行方を探ることに……。

正直者が馬鹿を見る世の中はゆるさない!
書き下ろし時代小説第4弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2020年10月07日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
1MB

武士の流儀(四) のユーザーレビュー

レビューがありません。

武士の流儀 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 武士の流儀(一)
    764円(税込)
    元与力が剣と人情で活躍する新シリーズ誕生! 元は風烈廻りの与力で、理由あって隠居生活に入った清兵衛。若い侍が斬られる現場に出くわし、遺された友の手助けに乗り出すが……。
  • 武士の流儀(二)
    770円(税込)
    元風烈廻りの与力・清兵衛。 余計なお世話と言われようとも、 曲がったことや困っている者を捨て置けない! 鉄砲洲に現れた質の悪い男。その顔に清兵衛は、 若い日々の因縁を思い起こす。 やがて、地廻りの権造が殺されていたことが分かり……。 かつては北町奉行所で風烈廻りの与力だった桜木清兵衛。 若隠居生活を楽しみながらも、身辺では何かと騒ぎが絶えない。 ある日見かけたのは、若い頃に悪所で行...
  • 武士の流儀(三)
    740円(税込)
    番所に清兵衛を訪ねてきた男。 風烈廻りの与力として活躍していた頃に世話をした男だと気づいた桜木清兵衛は、 男の長屋を探すのだが……。 風烈廻りの与力を辞して若隠居生活を楽しむ桜木清兵衛。 家督を譲った息子の真之介から、 頬に古傷のある男が町奉行所へ清兵衛をたずねてきたと聞く。 かつて情けをかけた咎人だと考えた清兵衛は、 男が住むという長屋を探しに出かけるが……。 厳しさと暖かさをあわ...
  • 武士の流儀(四)
    770円(税込)
    困っている人を放っておけない! 若隠居が活躍する人気シリーズ 爽やかな秋を迎えた江戸。 元は風烈廻りの与力だった桜木清兵衛は、若隠居生活を楽しんでいた。 偶然に知り合った洗い張り職人に着物を預けに出かけると、何やら様子がおかしい。 なんと、大身旗本の奥方の高価な着物が夜のうちに消えてしまったというのだ。 見かねた清兵衛は与力時代の経験をいかし、着物の行方を探ることに……。 正直者が...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています