真・八州廻り浪人奉行:1 誓天の剣

真・八州廻り浪人奉行:1 誓天の剣

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

大人気シリーズ『八州廻り浪人奉行』の小室春斎が帰ってくる! 中西派一刀流の豪刀と誰よりも熱い人情を引っ提げ、春斎は再び血風渦巻く関八州へと旅立つ。斬った張ったの決定版、待望の書き下ろし!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2014年09月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

真・八州廻り浪人奉行:1 誓天の剣 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

真・八州廻り浪人奉行 のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 真・八州廻り浪人奉行:1 誓天の剣
    大人気シリーズ『八州廻り浪人奉行』の小室春斎が帰ってくる! 中西派一刀流の豪刀と誰よりも熱い人情を引っ提げ、春斎は再び血風渦巻く関八州へと旅立つ。斬った張ったの決定版、待望の書き下ろし!
  • 真・八州廻り浪人奉行:2 虹輪の剣
    凶賊“街道の鬼”の捕縛を命じられた小室春斎は、別の殺しを追う同僚の八州廻り、松川左門と共に東海道を上り始める。そんな二人を嘲笑うかのように、品川、藤沢宿で相次いで血腥い事件が発生。春斎の獣のような勘が動き出す。待望のシリーズ第二弾。
  • 真・八州廻り浪人奉行:3 奇蹟の剣
    旗本の美人奥方・萩乃が横山町の醤油問屋<山城屋>の前で、娘時代に言い寄られていた素浪人を含む数人の男と目撃されたのを最後に忽然と姿を消した。しかもその夜、当の山城屋に賊が侵入し、主や奉公人を皆殺しにしていたことが判明。失踪直前、実母に「鎌倉に行く」と言い残していた萩乃の身に何が起こったのか。
  • 真・八州廻り浪人奉行:4 蒼空の剣
    八州廻りの盟友、松川左門が盗賊・六文銭の房五郎一味の凶刃に倒れた。浪人奉行・小室春斎は、房五郎一味を捕縛し左門の仇を討つために上州路へと赴くことになる。出立の朝、道中を急ぐ春斎の前に思わぬ人物が現れる。それは、春斎がかつて唯一愛した女――京五条大橋の茶屋の娘、お龍だった。人気シリーズ、新展開の第四弾!
  • 真・八州廻り浪人奉行:5 宿願の剣
    古河藩主・土井大炊頭が江戸城に向かう途中、何者かに襲われた。幸い大事には至らなかったが、御三卿のいずれかが襲撃に絡んでいたとの噂が流れる。曲者の探索は困難を極めるなか、ついに幕閣より小室春斎に特命が下る。“秘密裏に内情を探り、始末せよ”――巨大な権力に凄腕八州廻り・春斎はどう立ち向かうのか。痛快時代小説第五弾。
  • 真・八州廻り浪人奉行:6 月下の剣
    商家に押し入り主従を惨殺したうえ金蔵を破った凶賊「蝙蝠安」一味を追って東海道を登った小室春斎は、相模で賊と斬り結び、すんでのところで頭の安蔵らを取り逃がしてしまう。賊の足取りを辿って江戸へと戻った春斎は、火盗改めとのせめぎ合いに晒されながらもある手掛かりを掴む。それは安蔵が愛した魔性の女・お清の存在だった。痛快時代小説第六弾。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

双葉文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング