白井智之の一覧

「白井智之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2021/09/10更新

ユーザーレビュー

  • 少女を殺す100の方法
    倫理観を揺さぶる良書。
    きれいごとばかり見ても、自分も他人も一皮剥けば血や内臓、糞尿が詰まっているし、野蛮な原初的欲求を持っている。
    人はなぜミステリーやサスペンスを読むのかというと、日常の中の非日常を味わいたいからではないか。ファンタジーやSFとは違う日常の中の非日常。
    いろんなアプローチがあるが...続きを読む
  • 人間の顔は食べづらい
    白井さん2作目
    結局問題は解ききれたのか解ききれてないのか、誰が誰だったのかがふわっとわかりそうでわからない!って感じが好き
    いのりの腕時計とか、スマホで時間確認しとるのとか、最後2分しかない差とかはどうなってるのかわかんなかった…
    でも死んどるのは守銭奴のいのり…?
  • シークレット~綾辻行人ミステリ対談集in京都~
    綾辻行人対談集。ミステリの話題がいっぱい。面白そうな本の話題もいっぱい。それぞれの作家さんのこだわりなども知ることができて、とにかく楽しい一冊です。
    だいたい読んでいる作家さんが多かったので、読みたい本が爆発的に増えるということは幸いにしてありませんでしたが。積んでいる本が多いのでそれらをさらに読み...続きを読む
  • 人間の顔は食べづらい
    タイトルと表紙からどうせタイトル落ちなんだろうと、高を括って本書を本棚の片隅で眠らせていた自分を殴ってやりたい。クローン人間を食べるという設定からは到底思い付かないような展開の数々に衝撃でした。探偵役が現れては自説を披露してそれが覆されるという流れに、いったい自分は何を読んでいるんだろうと思ってしま...続きを読む
  • 名探偵のはらわた
    序盤での探偵の入れ替えは今村昌弘『屍人荘の殺人』の意趣返しのような気がしないでもない(って違う作家だけれど)。世界観が少しだけ似ているせいかもしれない。かつ事件の一つが世界観をうまく利用したトリック。表紙も遠田志帆さんだしね。ところどころにある過激な描写も流せる程度だったのでアクセントとしてはアリな...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!