むかしむかしあるところに、死体がありました。

むかしむかしあるところに、死体がありました。

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

昔ばなしが、まさかのミステリに! 「浦島太郎」や「鶴の恩返し」といった皆さまご存じの〈日本昔ばなし〉を、密室やアリバイ、ダイイングメッセージといったミステリのテーマで読み解いたまったく新しいミステリ。「え! なんでこうなるの?」「なんと、この人が……」と驚き連続の5編を収録。数々の年間ミステリにランクイン&本屋大賞ノミネートを果たした話題作、待望の文庫化。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2021年09月09日
紙の本の発売
2021年09月
サイズ(目安)
2MB

書店員のおすすめ

誰もが一度は聞いたことのある一寸法師や桃太郎などの物語のテーマがミステリーに変わったら…
そんな斬新な切り口で読む日本の昔話です。

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』作品名からして非常にパンチの効いている本作品。
内容も裏切りませんでした。

アリバイトリックや密室トリックなど使用されるミステリー要素も物語ごとに異なっていて、そうくるのか…!と思わず感嘆したり、よくよく考えてみるとゾクッと背筋が寒くなったり、慣れ親しんだストーリーも視点と切り口、解釈を変えるとこんなにも違うのか!と、一気にその世界観に引き込まれてしまいました。

ミステリーが好きな方だけではなく、サスペンスやホラーが好きな方にもおすすめです。

むかしむかしあるところに、死体がありました。 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年11月28日

    日本昔ばなしを題材としたミステリー。実は昔話にありがちな残酷な一面が強調されている。身近な題材を上質なミステリー二仕上げた筆者の力量には脱帽。

    普段あまりミステリーは読まないのだが装丁から素晴らしかったので読んでみました。

    一寸法師、花咲か爺さん、つるの恩返し、浦島太郎、桃太郎。日本人なら誰もが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月10日

    読む手が止まらない作品でした!!
    特に好きな話は、密室龍宮城です!
    登場人物の名前とか、雰囲気はユーモア?があるのに、内容はドロドロしてました

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月10日

    『とうふの本棚』さんというYouTubeチャンネルでおすすめだったため読んでみました。
    想像以上といっては失礼かもしれませんが、本当に面白かったです。
    短編集ですが、どれもしっかり本格ミステリーでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月07日

    誰もが知っている昔話を基にしているので物語に入り込みやすい。昔話だからこそ仕掛けられるギミックがいい具合にミステリーとして溶け込んでいて斬新で面白かった。
    続編も読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月20日

    短編集。日本人なら誰もが知っているであろう昔話を本格ミステリとして再構成している。短編なのでどの話も展開が早くさくさく読み進められるが、その軽快さとは裏腹に重い展開も合間合間に挟まれているので、よく知っている話でありながら飽きがこない。どの話もミステリとしての水準が高いが一番好きなのは「つるの倒叙が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月07日

    オムニバス形式だけど、完全にそうではないような作りになっていた。それぞれ有名な昔話を題材としているので理解しやすかった。読書が苦手でも、一話分ならスラスラと読めてしまうと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月30日

    誰もが知る昔話をベースに、事件のエピソードを入れ込んだ短編集。登場人物が生き生きと動く。次の作品も読んでみたい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月28日

    ひとつひとつの話のトリックがしっかりしている。
    昔話に出てくるキャラクターの個性が生かされていると思う。
    最後の桃太郎の話もそれまでの話のように、もう少し昔話に絡めた時間にして欲しかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月25日

    昔話をテーマにした推理小説、というのは読む前からわかっていたが表紙のおとぼけ度合いとは真逆で中身は本格的。5つの短編だが、どれもテーマが違っており、かつ、昔話の設定が全くわざとらしくない。作者の発想力とか論理力に脱帽。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月20日

    赤ずきんの方でこの作品を知って、文庫があったので読んでみました。
    よく知っている昔話だから流れが掴みやすくて面白かったです。
    文庫本の解説で「説明が必要な特殊ミステリーだけど、みんなが知ってる昔話だからそれが省ける」のようなことを書いてあって、なるほど〜と思いました。
    確かに絶対現実では起こらないト...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

双葉文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング