幡大介の一覧

「幡大介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:幡大介(バンダイスケ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1968年
  • 出身地:日本 / 栃木県
  • 職業:作家

武蔵野美術大学造形学部卒。2008年『快刀乱麻 天下御免の信十郎』でデビュー。『猫間地獄のわらべ歌 』、『大富豪同心 八巻卯之吉放蕩記』、『天狗小僧ー大富豪同心』など数多くの時代小説作品を手がける。

値引き作品コーナー

作品一覧

2018/07/27更新

ユーザーレビュー

  • 大富豪同心 6 お化け大名
    美鈴さんがとてもかわいく思えた1冊
    ドラマ化されていない物語なので読んでいくのも楽しいし
    新しい登場人物たちも特徴的で良い
    全巻一気読みしたいけどこらえてこらえて少しずつ進もう
    作者はこの2年ほど書いていないようだから
  • 大富豪同心 1 八巻卯之吉 放蕩記
    ドラマが面白かったので原作を読んでみたけど凄く良かった!主人公の金銭感覚と周囲の戸惑いに笑いました。22冊もあるので長く楽しめそうです。
  • 大富豪同心 1 八巻卯之吉 放蕩記
    いや~やっぱり時代小説すきだわ~
    特にこの手のお気軽なやつは最高。
    面白い表現に何回か吹き出したし、この作家さんの書くもの、いろいろ読んでみたい気になりました。
  • 猫間地獄のわらべ歌
    これはねー(笑)
    面白かったですよ。
    時代もので、ミステリーで。
    密室? 見立て殺人?
    トリックもダイナミック。
    私は最後の最後まで、●●トリックには一切気がつきませんでした。
    いやー、参ったな。
    面白かったです。
  • 定火消の殿 大江戸三男事件帖5
    内容(「BOOK」データベースより)

    北町奉行所の見習い与力益岡欣吾は、岡っ引きの幽霊橋ノ直十と夜廻りに出たが、浜町河岸で数人の男たちに殺されかけた若い娘を助けた。これが、六千石の大身旗本で定火消の黒谷主計介をめぐる黒い策謀につながっていく端緒となった。欣吾は義兄弟の火消伝次郎などとともに、旗本屋...続きを読む