独活の丙内 密命録 咎斬りの太刀

独活の丙内 密命録 咎斬りの太刀

作者名 :
通常価格 712円 (648円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

南町奉行所の同心と火付け盗賊改方の同心が、そろって何者かに惨殺された。前代未聞の凶悪な辻斬り事件に奉行所は殺気立つ。そんな中、普段は「独活の大木」とさげすまれている昼行灯与力の田中丙丙に、幕府の上層部から密命が下った。かつて「鬼」と恐れられ、わけあって無能者の仮面を被っていた丙丙だが、同心殺しと密接に関わる謀略を暴くため、再び鬼となって立ち上がる!冤罪に泣いた町人、謎の黒幕集団、あやかしの如き剣客…立ちはだかる謎と陰謀を、丙丙の無外流剣術が一刀両断!最後まで飽きさせないノンストップ時代小説、 ここに開幕。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
竹書房
掲載誌・レーベル
竹書房時代小説文庫
ページ数
333ページ
電子版発売日
2014年07月11日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

独活の丙内 密命録 咎斬りの太刀 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    大富豪同心に続いてお気に入り

    Tieta4u 2019年12月22日

    この作者のシリーズでは、大富豪同心に続いてお気に入りです。山田朝右衛門がなんともいえず風雅あり。

    このレビューは参考になりましたか?

独活の丙内 密命録 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 独活の丙内 密命録 咎斬りの太刀
    南町奉行所の同心と火付け盗賊改方の同心が、そろって何者かに惨殺された。前代未聞の凶悪な辻斬り事件に奉行所は殺気立つ。そんな中、普段は「独活の大木」とさげすまれている昼行灯与力の田中丙丙に、幕府の上層部から密命が下った。かつて「鬼」と恐れられ、わけあって無能者の仮面を被っていた丙丙だが、同心殺しと密接に関わる謀略を暴くため、再び鬼となって立ち上がる!冤罪に泣いた町人、謎の黒幕集団、あやかしの如き剣客…立ちはだかる謎と陰謀を、丙丙の無外流剣術が一刀両断!最後まで飽きさせないノンストップ時代小説、 ここに開幕。
  • 独活の丙内 密命録 大奥の修羅
    江戸城、大奥。余人には推し量りがたい愛憎の渦まく伏魔殿で、一人の女が非業の死を遂げた。時を同じくして、呉服商の跡取り息子が惨殺され、事件を追っていた南町奉行所の同心もまた帰らぬ人となる。不可解な死の積み重なる中、密命を受けて調査に乗り出した田中丙内は、カギを握る娘イトへと辿り着く。そして同じ頃、首斬りの剣豪・山田浅右衛門もまたこの事件に関わり始めるのだった-。丙内の剛剣と浅右衛門の秘太刀は、千代田の城の奥深くから放たれる凶刃を払い、罪無き町人の娘を守りきれるのか!?普段は「独活」とさげすまれ、密命とともに「鬼」へと変わる丙内の痛快事件録、待望のシリーズ第2弾。
  • 独活の丙内 密命録 奉行討ちの懐剣
    公儀の普請工事で手抜きをした罪に問われ、無実の小役人・藤本信五郎は切腹を命じられる。山田浅右衛門の介錯で信五郎は生首となったが、それが事件の幕開きだった。罪を着せられた夫の無念を晴らさんと、仇討ちを始める妻の喜代。悪党ながら助太刀を買って出た老目明しの権六。そして信五郎が秘密裡に遺していたという裏帳簿を探すために、普請奉行一味もまた喜代に魔手を伸ばし始め…!?平時は昼行灯と揶揄されながらも、密命によって鬼の本性を現す田中丙内は、絡み合う事件の糸を断てるのか!?怒濤の時代活劇、シリーズ第3弾。
  • 独活の丙内 密命録 暗鬼狩りの豪刀
    天災に見舞われた薩摩藩に幕府から莫大な「お救い米」が下される。しかし、この米を秘密裏に横流しして、金に換えようとする者どもがいた…!横流しの真相を探るべく、南町奉行所の田中丙内に密命が下る。探索のために薩摩藩屋敷のある品川を訪れた丙内だが、そこにはすでに、同じように密命を受けた山田浅右衛門が来ていたのだった!見てはいけない光景を見てしまった木っ端役人、横流しに関わる重圧と身内の不和に悩む勘定役人、お家のために犠牲となった武家の妻…。愛憎入り乱れる品川の地で、丙内は真相にたどり着けるのか!?普段は「昼行灯」と蔑まれるも、密命とともに「鬼」へと変わって悪を討つ、田中丙内の活躍を描いた大好評時代小説シリーズ第4弾。
  • 独活の丙内 密命録 公家断ちの凶刃
    薩摩藩の民に与えられるはずだった米を横流ししていた黒幕は、あろうことか幕臣と島津家自身だった!公儀と雄藩による犯罪を止めるため、丙内は隠密たちとともに品川で、そして栃木の宿場で剣を振るう。一方、寄る辺を失い乱心寸前まで追い込まれ、妻子まで手にかけんとしていた勘定方役人の岡部喜太郎の前には、山田浅右衛門が現れて!?江戸と下野国をまたにかけ、京の朝廷までも巻き込んだ巨大な陰謀。それに翻弄されながらも、果敢に立ち向かう男たちの熱闘の果てに待つものとは-!?日ごろは「独活の大木」扱いされながらも、密命下れば無外流の剣技に乱れなし。田中丙内の戦いを描く大好評時代小説、シリーズ第5弾。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

竹書房時代小説文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング

独活の丙内 密命録 に関連する特集・キャンペーン