大富豪同心 18 卯之吉江戸に還る

歴史・時代 4位

大富豪同心 18 卯之吉江戸に還る

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 682円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

御用金を着服して公領の大水を引かせ、世間を驚嘆させた放蕩同心、八巻卯之吉がついに江戸に戻ってきた。奉行所への報告もそこそこに吉原に入り浸り、どんちゃん騒ぎに明け暮れる卯之吉だったが、花のお江戸の奇妙な変化に気がつく。なぜか砂糖が出回らなくなっていたのだ。一方、卯之吉とその後ろ盾である老中本多出雲守を狙う新たな強敵も不気味な暗躍を始める。累計五十万部突破、大人気シリーズ第18弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2016年03月29日
紙の本の発売
2016年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB
  • ドラマ化

    「大富豪同心」

    2019年5月10日~ NHK BSプレミアム
    出演:中村隼人、新川優愛、池内博之

関連タグ:

大富豪同心 18 卯之吉江戸に還る のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年07月07日

    大富豪同心シリーズ、18作目。

    結構に長いシリーズとなったが、このシリーズの面白さはまだまだ健在。卯之吉の放蕩癖と事件解決が上手くマッチしていて、無理なく読める。シリーズを追うごとにその具合が上手くなってきているようで、読み進めるのが楽しくて仕方ない。弥五さんもいいところで復活するし、次の展開への...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    大富豪同心

    tomineko 2020年06月19日

    現実離れしたストーリーではあるが楽しく読めてます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月01日

    今回は、江戸の砂糖が品不足で一揆寸前に。

    砂糖が江戸に運ばれる流れや江戸での消費量が増えたことの綻びが興味深かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月02日

    第十八弾
    公領の大水を何となく解決し、江戸へ
    江戸で起こっている砂糖に係わる問題が
    若年寄と商人、そして薩摩の隠居が係わる悪だくみ
    無事全員そろい活躍?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月14日

    大富豪同心シリーズ18作目。


    やっと江戸に帰ってきたと思いきや、
    今度は打ち壊し騒動です。


    持ってます、卯之吉。


    そして今回も流石です。


    ところどころ、本人の実力である博学ぶりも見せてはいますが、
    基本、確信に迫る人にも情報にも、意図せず偶然ぶち当たっています。
    何度も言いますが、持...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

大富豪同心 のシリーズ作品 1~25巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~25件目 / 25件
  • 大富豪同心 1 八巻卯之吉 放蕩記
    老中も一目おく江戸一番の札差・三国屋の末孫の卯之吉が、同心株を買って、定町廻同心になった。腕っ節は全くないが、放蕩三昧を繰り返していたときに得た知識と金力で難事件を、次から次へと解決していく。書き下ろし長編時代小説シリーズ第一弾!
  • 大富豪同心 2 天狗小僧
    528円(税込)
    盗賊・霞ノ小源太一味が江戸の町を震撼させていた。そんな折、油問屋・白滝屋の一人息子が高尾山の天狗にさらわれるという事件が起きた。見習い同心の八巻卯之吉は、筆頭同心の村田銕三郎から探索を命じられる。江戸一の札差の息子、卯之吉が八面六臂の活躍をする待望のシリーズ第二弾!
  • 大富豪同心 3 一万両の長屋
    五年前に江戸の町を荒らしまわった、大盗賊・夜霧ノ治郎兵衛一党が江戸に戻ってきた。色めく南町奉行所の面々。そんな中でもどこ吹く風と泰然自若としているのが、見習い同心の八巻卯之吉。夜霧ノ治郎兵衛一党探索に手が離せない上役から、貧乏長屋の大家殺害の捜査を命じられるが、この事件には深い秘密が隠されていた。
  • 大富豪同心 4 御前試合
    528円(税込)
    吉原で放蕩三昧しょうとしていたとき、剣術道場の火事に出くわした見習い同心の八巻卯之吉。どうやら、押し込み強盗に入られ、家宝の名刀「豊後行平」を奪われ、火を付けられたらしい。凄腕同心と知った道場主に、刀を取り戻して欲しいと頼まれ困惑する卯之吉だったが……。大好評シリーズ第四弾!
  • 大富豪同心 5 遊里の旋風
    吉原を火の海にし、浅草寺の寺銭を盗もうとする火男の一党の陰謀を卯之吉が暴く! 大好評シリーズ第五弾。
  • 大富豪同心 6 お化け大名
    江戸にいながら、山陰地方の玉御崎藩で起きた事件の謎をといた、同心の八巻卯之吉。卯之吉にほれ込んだ藩主に上屋敷に招待されるが、玉御崎藩では内紛が起きているようだった。ありあまる財力と奇想天外の発想で難事件を解明する八巻卯之吉。大好評シリーズの2ヶ月連続刊行第1弾!
  • 大富豪同心 7 水難女難
    528円(税込)
    吉原の不幸な女たちを組織し武装勢力を作り上げようと企む夜霧ノ治郎兵衛一味の残党お峰。狙いは八巻卯之吉の抹殺と豪商三国屋の財力。折しも、長雨で関東全域が洪水罹災し江戸市中は米不足で大混乱。米屋、米問屋、札差を狙う打ち壊しが囁かれ、町奉行所の警戒が厳しくなるなか、卯之吉が思いついた奇想天外な策とは。
  • 大富豪同心 8 刺客三人
    528円(税込)
    南町奉行所同心八巻卯之吉の命を狙い失敗し、捕縛された元女盗賊のお峰が小伝馬町の牢屋敷から脱走。下谷広小路を縄張りに好き勝手に暴れまわっていた悪僧、山嵬坊と結託し、三人の殺し屋を雇い再び卯之吉暗殺を企む。荒海ノ三右衛門一家、女剣士溝口美鈴らが必死に守るのだが、果たして卯之吉を悪の刃から守りきれるのか。
  • 大富豪同心 9 卯之吉子守唄
    南町奉行所同心八巻卯之吉の屋敷に赤ん坊が届けられた。自身番を訪ねてきた女が「同心の八巻様へ」と言い残し消えたのだ。右往左往する卯之吉と美鈴。そんな矢先に、卯之吉の屋敷に曲者が侵入し騒然となる。真相を探るにつれ、いま、江戸で暴れ回っている盗賊、神竜一家が赤ん坊の産着を狙っていることが判明。なぜ産着を?
  • 大富豪同心 10 仇討ち免状
    悪党一派がじゃまな同心の八巻卯之吉を陥れるため、卯之吉に扮した少年剣士・万里に人を斬りまくらせる。万里に殺された勤番侍の弟の吉永は、仇を取ろうと卯之吉に果たし合いを迫るが、美鈴に敗れてしまう。そんな吉永はなぜか美鈴に惚れる。一方、焦る悪党一派は第二の手として卯之吉暗殺を目論むが……。
  • 大富豪同心 11 湯船盗人
    528円(税込)
    深川で放蕩三昧の日々を送る南町奉行所見習い同心八巻卯之吉が、突如同心として目覚める。知り合いの俳諧師が殺害された事件の探索に自ら奔走。事件は大身旗本のお家騒動が絡んでいると判明するのだが、事態は暗転するばかり……。手下の荒海ノ三衛門や放蕩仲間の梅本源之丞、正田朔太郎らの協力を得るのだが、果たして事件を解明できるのか?
  • 大富豪同心 12 甲州隠密旅
    八巻卯之吉の尽力で七千二百石の旗本坂上家の当主となった権七郎だったが、祖母の英照院の不行跡の責任を取る形で甲府勤番を命じられる。その命を狙う、英照院一派と大悪党の天満屋。それを阻止しょうと隠密廻り同心の役を受け甲州路を行く卯之吉や水谷弥五郎たち。だが、それは卯之吉を江戸から引き離し、命を奪おうとする天満屋たちが仕掛けた罠だった。
  • 大富豪同心 13 春の剣客
    528円(税込)
    相も変わらぬお気楽放蕩ぶりを貫く八巻卯之吉のもとに目の醒めるような美少年侍が現れ、内密に仇討ち相手を探してくれるよう、卯之吉に頼みこむ。卯之吉を江戸一番の辣腕同心と勘違いしたがゆえのトンチンカンな願いだったが、卯之吉はゆるりと受けてしまう。だがそれは、花の吉原をも巻き込む大騒動のホンの始まりだった。絶好調シリーズ第13弾!
  • 大富豪同心 14 千里眼 験力比べ
    昼日中の浅草で行方知れずとなった大和屋の孫娘を、突如現れた異形の僧が験力で発見した。以来、大和屋ばかりか時の老中まで怪僧にどっぷり帰依。だがその裏には江戸を焼き尽くす黒い企みが着々と進んでいた。一方、三度の飯より遊興が好きな放蕩同心・八巻卯之吉は、ある事件を機に験力のカラクリを看破。財力と名推理で真相に迫っていく。好評書き下ろし第十四弾。
  • 大富豪同心 15 隠密流れ旅
    三国屋が扱う御用米を積んだ川船が上州倉賀野で転覆した。陰謀を嗅ぎ取った大旦那の徳右衛門は現地へ赴くことを決意し、強力な助っ人――“江戸一の辣腕同心”八巻卯之吉サマの加勢を老中に要請する。その正体は江戸一の放蕩者なのだが、金の力で再び隠密廻となり、旅先で遊興ができるとあって卯之吉は大喜び。剣呑な上州路へと勇躍、足を踏み出す。大好評シリーズ第十五弾!
  • 大富豪同心 16 天下覆滅
    539円(税込)
    上州倉賀野で転覆したはずの川船は無事だった。しかも、積まれていた三国屋扱いの御用米の行方も、隠密廻り同心・八巻卯之吉の名推理で判明する。その裏には幕閣の思惑が絡む複雑な事情が。遊興に出向く途中、川に溺れたところを救ってくれた恩人のため、一肌脱ぐことを決意する卯之吉。大好評シリーズ第十六弾!
  • 大富豪同心 17 御用金着服
    関八州の出水は公領を水没させたばかりか、ついに江戸にまで魔の手を伸ばす。増水する大川に公儀も手をこまねくなか、公領で呑気に踊り狂っているのはご存知放蕩同心・八巻卯之吉。なんと幕府が堤の修繕のために送った金子を途中で押さえ、被災した民百姓の炊き出しにじゃんじゃん使っていたのだ。露見すれば打ち首ものの大盤振る舞い、卯之吉はどう乗り切る!? シリーズ累計五十万部突破の大人気シリーズ...
  • 大富豪同心 18 卯之吉江戸に還る
    御用金を着服して公領の大水を引かせ、世間を驚嘆させた放蕩同心、八巻卯之吉がついに江戸に戻ってきた。奉行所への報告もそこそこに吉原に入り浸り、どんちゃん騒ぎに明け暮れる卯之吉だったが、花のお江戸の奇妙な変化に気がつく。なぜか砂糖が出回らなくなっていたのだ。一方、卯之吉とその後ろ盾である老中本多出雲守を狙う新たな強敵も不気味な暗躍を始める。累計五十万部突破、大人気シリーズ第18弾!
  • 大富豪同心 19 走れ銀八
    550円(税込)
    「辣腕同心」の勇名とは裏腹に、連夜の大酒宴に興じる八卷卯之吉。その正体がバレぬよう健気に尽くすダメ幇間の銀八だったが、下総から出てきた伯父金五郎の百姓踊りにまでお株を奪われる始末。だが、“八卷サマの凄腕手下”と勘違いする幼馴染みの娘おようの前ではつい、虚勢を張ってしまう。そんな中、銀八に嫁取り話が急浮上。もしや相手はおようではと舞い上がる銀八に故郷の凶事が迫る! 累計五十五万...
  • 大富豪同心 20 海嘯千里を征く
    芝永井町で鳩尾を一突きされた骸が見つかった。手口からヤクザ者の仕業と断定されたものの身元が割れず苛立つ南町奉行所の面々。しかし吉原命の放蕩同心、八巻卯之吉は持ち前の好奇心と洞察力で骸の正体を見破る。さらに、下手人と思しき渡世人が何者かに殺されたことも発覚。二つの事件を結ぶのは天下の台所、大坂と睨んだ卯之吉は勇躍、船で上方入りし、新町遊郭へと乗り込む。累計五十八万部突破の大人...
  • 大富豪同心 21 お犬大明神
    掘割で溺れる犬を助けた放蕩同心、八巻卯之吉は八丁堀の役宅に連れ帰り溺愛する。またいつもの遊興かと呆れる銀八や美鈴だったが、意外にも卯之吉の“犬可愛がり”は止まるところを知らず、ついに自ら「お犬掛」を名乗り、恵まれない犬の救済に乗り出す。市中ではまさに犬にまつわる大事件が起こっていた――将軍のお犬様が行方知れずになっていたのである。累計六十万部突破の大人気シリーズ!
  • 大富豪同心 22 闇の奉行
    539円(税込)
    将軍ご愛玩のお犬、お珠様探索で大活躍した放蕩同心、八巻卯之吉。側室のお静の方の寵愛も得て万々歳――のはずだったが、お犬様発見の手柄をこともあろうに真の黒幕、上郷備前守に譲ってしまう。窮地から一転、新たな北町奉行に着任した備前守は、若年寄酒井信濃守と謀って老中本多出雲守とその懐刀(と勘違いされている)卯之吉の追い落としを画策。さらに「南町の猟犬」の異名を取る筆頭同心の村田銕三郎...
  • 大富豪同心 23 影武者 八巻卯之吉
    長らくお待たせをいたしました! 2019年NHKでドラマ放送された大人気シリーズ、「大富豪同心」に待望の書き下ろし新刊登場! 今回の卯之吉は影武者として(本人に自覚はなし)大活躍!? 卯之吉とそっくりの御仁が屋敷から消えてしまったので白羽の矢が立ったのだが、なんとその御仁は先代将軍のご落胤で……。変わらぬ面白さをご堪能ください!
  • 大富豪同心 : 24 昏き道行き
    引きつづき老中・本多出雲守の下屋敷で、徳川の若君の身代わりをしている八巻卯之吉。それでそっくりな若君は何をしているかというと卯之吉の代わりに“凄腕同心”に。――若君を狙う者がまたいつ襲ってくるかもしれぬ。「上様は抜け穴を掘れと仰せじゃ」。富士島ノ局が下屋敷の下に穴を掘るよう伝えるが、これは実は地下から屋敷を爆破しようという恐るべき計画だった。若君、いや卯之吉が危ない!! 大好評シ...
  • 大富豪同心 : 25 贋の小判に流れ星
    江戸に大量の贋小判が出回っていた。このままでは身上をつぶすと弱り果てた大店の主たちの前に現れたのは、千里眼を持つ吞龍という胡乱な人物。だが、大坂の米相場を公儀よりも早くに知ることができるその能力によって助かったと一堂は大喜び。不穏な動きの裏で上様の愛妾、富士島ノ局とその父・住吉屋藤右衛門の恐るべき策謀が進む! まだまだ若君の身代わりを務めている八巻卯之吉は贋小判の見分け方を...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています