猫間地獄のわらべ歌

猫間地獄のわらべ歌

作者名 :
通常価格 764円 (695円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

江戸の下屋敷におわす藩主の愛妾和泉ノ方(あいしょういずみのかた)。閉ざされた書物蔵で御広敷番(おひろしきばん)が絶命した。不祥事をおそれた和泉ノ方は“密室破り”を我らに命じる。一方、利権を握る銀山奉行の横暴に手を焼いている国許(くにもと)では、ぶきみなわらべ歌どおりに殺しが続くと囁かれ……!? 大胆不敵なミステリ時代小説、ここに誕生!<文庫書下ろし> (講談社文庫)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
448ページ
電子版発売日
2012年09月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

猫間地獄のわらべ歌 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月20日

    これはねー(笑)
    面白かったですよ。
    時代もので、ミステリーで。
    密室? 見立て殺人?
    トリックもダイナミック。
    私は最後の最後まで、●●トリックには一切気がつきませんでした。
    いやー、参ったな。
    面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月16日

     江戸の下屋敷の書物蔵で御広敷番が怪死し、その国許ではわらべ歌どおりに殺しが起こり続ける。

     時代小説ながらメタ展開ありという、結構奇抜な小説。
     純粋に時代物のミステリが好きな人が読んだら嫌がるかもしれない、癖のあるお話だけれど、私は嫌いじゃない。
     キャラも好き。

     時代物の場合、大体は江戸...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月26日

    最後に、やられたという感じでした。
    読み終わった後、またついつい読み返してしまいました。
    とても面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月18日

    時代物ミステリということで、ホラー寄りのタイトルといい多いに期待していたのです。
    いやぁ、ホントいい本でした。
    ネタバレ何も触れずに感想書くのは非常に難しいから、ちょっといつもと違うの読もうかなって時におすすめしたい。
    ホント良くできてるんです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月12日

    賛否両論あるようですが私は楽しめました。

    似たようなオチの「葉桜〜」より、最後の最後までオチも分かりませんでした。細かい所に粗さは感じますが、社会正義のために頑張る藩士に好感が持て読後感も悪くありません。

    「上州〜」も読んでみよう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月30日

     うまいなぁ。そしていい意味であほである。
     バカミスの脱力小説に見せかけてだまさえれると痛い目を見るぞ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月19日

    猫関係なかったのか~wでもこのノリ結構好きかも…メタ展開笑っちゃう。身分や役職の解説が分かりやすく挿入されていたのも好感。壮大な真相より、伏線トリックの種明かしがなんとも爽快な驚き。
    惜しむらくはわらべ歌の歌詞がうやむやだったこと。ホラー好きなのでそこはがっかりしたけど、ホロリな結末で全てが丸く収ま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月14日

    大富豪同心シリーズがとても好きで、その作者の新作と言うことで購入。
    結果、買って良かった。

    始まりからの"俺"の心の声等も面白く、いい感じだなと思っていた矢先のメタ展開。
    ここで私はちょっとガッカリしたのだが、読み進めると慣れてしまった(笑)。

    国許の奥村のターンではわらべ歌...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月12日

    j時代劇ミステリー?と言うにはちょっと違うある意味とんでも本。にやにやしながらなんだかなあ、と思って読んでいたがルール違反は沢山あれど最後に騙されました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月31日

    同著者作品の「大富豪同心」シリーズからやってきたせいか、同じエンタメ時代モノでも、本書の作風には驚いた。確かにこの作風は、時代モノでは見たことなかったかも。ミステリとしても禁じ手ばっかりだったけど、これだけ重ねればお見事。わらべ歌の見立ての結末は私は結構好きだし、最後の仕掛けもどこかで見たことあるモ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています