京極夏彦の一覧

「京極夏彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:京極夏彦(キョウゴクナツヒコ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1963年03月26日
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:小説家/妖怪研究家/アートディレクター

北海道倶知安高等学校卒、専修学校桑沢デザイン研究所中退。1994年『姑獲鳥の夏』でデビュー。1996年『魍魎の匣(もうりょうのはこ)』で日本推理作家協会賞受賞。2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、2004年は『後巷説百物語(のちのこうせつひゃくものがたり)』で直木賞を受賞。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/01/16更新

ユーザーレビュー

  • 陰摩羅鬼の瑕(3)【電子百鬼夜行】
    中禅寺先生の儒教の講義はとても興味深い。
    「姑獲鳥の夏」や「魍魎の匣」みたいな、怖さとか不気味さは少ないし、比較的早い段階で結末は予想出来たにも関わらず、私の中での評価はすこぶる高い作品です。
    百鬼夜行シリーズはどんどん面白くなっていく。
  • 地獄の楽しみ方 17歳の特別教室
    言葉は最大の発明にして危険な代物。
    言葉は指し示したい事象の様々な側面、曖昧さをある程度捨てて切り取られたものだから、解釈の幅が大きく誤解を生むのはもはや当たり前。
    このことを頭に置いて言葉を使えば、かなりたくさんの問題なり負の感情が解消されるのでは?とさえ思うほど、言葉の本質や捉え方に納得がいった...続きを読む
  • 塗仏の宴 宴の支度(3)【電子百鬼夜行】
    蜘蛛について昨日レビューを書きました。
    前作の罪に問われなかった(問えなかった)人が、勧善懲悪ではなく因果応報の報いを受けた。
    怖いくらい現実(リアル)。
  • 人生のサバイバル力 17歳の特別教室
    沖縄県立久米島高校の生徒を対象に2日間
    だけ実施された特別授業の内容を元に構成
    された本です。

    離島のハンデを乗り越えて、そして県外か
    らも生徒を受け入れて学力を伸ばしている
    高校として注目を浴びているそうです。

    高校を卒業=島外へ出てさらに学ぶ、とい
    う道がはっきりしているからか、皆積極的
    ...続きを読む
  • 地獄の楽しみ方 17歳の特別教室
    意外に、「今、メンタル病みそうだ」とか思っている人、嫌われる勇気とか読んで心が少し解法されたような人に、読んで欲しい本。

    17歳の特別教室シリーズを読み比べた中で上位に入る面白さ。

    かなり言葉について語っている、そして深い。
    それでいて具体例の伝え方が上手くて分かりやすい。
    じゃぁ、持論をガツガ...続きを読む