「京極夏彦」おすすめ作品一覧

  • 作者名:京極夏彦(キョウゴクナツヒコ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1963年03月26日
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:小説家/妖怪研究家/アートディレクター

北海道倶知安高等学校卒、専修学校桑沢デザイン研究所中退。1994年『姑獲鳥の夏』でデビュー。1996年『魍魎の匣(もうりょうのはこ)』で日本推理作家協会賞受賞。2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、2004年は『後巷説百物語(のちのこうせつひゃくものがたり)』で直木賞を受賞。

作品一覧

2017/07/05更新

ユーザーレビュー

  • 虚実妖怪百物語

    加藤保憲が実在したのではなく、フィクションの中からリアルの世界に人や物が進出するという現象が起こり、それらの中にたまたま加藤保憲がいただけというオチ。

    この作品に込められた想いは「妖怪を感じられるくらいのゆとりと無駄で時々少々害のあるもの=妖怪を笑って見ていられるくらいの遊び心がないと国が荒んで大...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 虚実妖怪百物語

    アニメやマンガを叩く人間が今度は妖怪を叩いてる、という話は「なるほどなあ」と思った。

    アニメオタクやマンガオタクが害とされる理由の一つは、実在しないようなものに入れ込んで国民の義務を果たさなくなる恐れがあるからである。

    そして妖怪を本気で信じる人間も、実材しないものをあるかのように捉え、時として...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 死ねばいいのに

     集中して読書したい気分だったので、きっと熱中できるだろうと京極夏彦さんのこの本を手に取りました。

     なんとも物騒なタイトルです。

     殺された女性のことを知りたい、そう言って訪ねてきた若者。自分は人より劣っていると話す少し無礼な彼。
     でもその彼に最初は警戒していた殺された女性と関わりのある人々...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集