「京極夏彦」おすすめ作品一覧

  • 作者名:京極夏彦(キョウゴクナツヒコ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1963年03月26日
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:小説家/妖怪研究家/アートディレクター

北海道倶知安高等学校卒、専修学校桑沢デザイン研究所中退。1994年『姑獲鳥の夏』でデビュー。1996年『魍魎の匣(もうりょうのはこ)』で日本推理作家協会賞受賞。2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、2004年は『後巷説百物語(のちのこうせつひゃくものがたり)』で直木賞を受賞。

作品一覧

2017/05/15更新

ユーザーレビュー

  • 魍魎の匣

    清純派美人の面を被った性悪オンナであった陽子と頼子。
    理性の塊のごとき外見に娘に恋するケダモノぶりを宿した美馬坂。
    理知的な美男子の皮を被った狂人の久保。
    平凡そうな顔の下は狂気に満ちた化け物以外の何者でもない雨宮。

    まるで醜い舞台演劇の裏を見せられてるようだった。
    誰も彼もがそれなりの理由があっ...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 姑獲鳥の夏

    この話で美しき狂女、といえば涼子なのだが。
    改めてマンガで読んでると梗子も大概狂ってるよなと思う。
    旦那が自分に手を出さないからって他の男に身を任すか。自分には言えない重大な事情があるのでは?とは思わなかったのかねこのバカオンナは。
    つーか「旦那の夜の生活が上手くいかない」という相談事ってのは、同居...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 姑獲鳥の夏

    文庫本でも思ったけど、高校時代の京極堂も関口が幼すぎるような気がする。戦前の高等学校は現在と違い、18〜20歳の青年らが通う場所なのに。
    カズトラも最終学歴が旧制中学中退ということや戦後中学校までが義務教育になったことを踏まえて考えると、もう20歳くらいのはずなのに子供みたい。
    涼子の着物の上からで...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集