後巷説百物語

後巷説百物語

作者名 :
通常価格 924円 (840円+税)
紙の本 [参考] 1,012円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

文明開化の音がする明治十年。一等巡査の矢作らは、ある伝説の真偽を確かめるべく隠居老人・一白翁を訪ねた。翁は静かに、今は亡き者どもの話を語り始める。第130回直木賞受賞作。妖怪時代小説の金字塔!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ホラー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年08月26日
紙の本の発売
2007年04月
サイズ(目安)
4MB

後巷説百物語 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月17日

    何故に私はこの本を長い間積読にしていたのか。。。傑作です。さすが直木賞作。冒頭の「赤えいの魚」は読み始めたら本当に止まらなくなってしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月19日

    再読。巷説百物語シリーズ第三弾。だいぶ昔に読んだ割には殆ど内容は覚えていた。それでも最後の「風の神」を読んだ後の読後感は何とも言い難い、物悲しいような妙にさっぱりした気持ちになるようなそんな感情が残る。百介さんはきっとこの終わりまで夢の中で生きられたんだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月19日

    あれから◯年後・・・


    時代を感じられるのが面白いです。文明開化の後の、武士の時代から明治へ、妖怪が当たり前にいそうな江戸時代の終焉。

    懐かしい人、懐かしい名前。
    若者たちがわいのわいのと騒ぐのを丸く収めるあの人の懐かしい感じがいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月24日

    『続』の方が話としては面白いのですが、こちらにはまさかの仕掛けが施されています。

    京極夏彦の作品全ての、契機になっている作品で、これを読まないと髄まで愉しむ事が出来ないのです。
    本編自体も、必殺仕事人的面白さは健在で単体で読んでも十二分に楽しめますが。

    このシリーズ程、続編が読みたいものはない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月30日

    江戸で妖怪が受け入れられていた時代から、近代化を押し進め妖怪は古いと言われるようになった明治での巷説百物語。 八十を超えた百介が又市たちと関わった不思議な出来事を懐かしく思いながら語っていく話。 百介からの視点なので、百介が又市一行をどのように捉え、感じていたかが分かる。越えられない一線の向こう側で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月28日

    又市の物語の締めの一冊……かな。
    「西の……」は未読だが、どうやらあちらはスピンオフ的な内容らしいので。

    出てくる話、出てくる話、皆どこかで聞き覚えのあるような説話……シリーズの小編ひとつひとつに繋がっているのだから、当然か。

    一冊目から再読したくなってくる(笑)。

    又市の仕掛けを話のメインに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月15日

    面白かったー!
    巷説シリーズ5冊積んで、時系列順に再読しました。
    読む方も、巷説→続→巷説→西→後・・・と忙しかったけど、これを1冊ずつ書き上げ、前に戻り、後へ行き、西へ東へと書き綴っていく京極さんすごい!
    「いない」と言い切っている妖怪の世界にどっぷりとはまり、楽しみました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月14日

    あたしは京極堂シリーズも好きだけど、こっちのシリーズはもっと好きです。
    登場人物たちの粋な感じと、仕掛けのわくわく感がスキ。

    『続巷説百物語』のラストはちょっと切なかったから、ホント、待ちに待った続編!

    どれもこれもおもしろかったけど、やっぱり一番は「五位の光」。
    ちょっと切ないけど、すごくイイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月06日

    なんという綺麗な幕引き…ラスト1ページに、ひとつの時代が終わったような切なさを感じ涙が…

    江戸から明治に時代が変わり、新しいものや考えが流れ込み昔が薄らいでいくなか、妖怪もまた意味をなくしていく。
    不思議が不思議でなくなることで、人は妖怪を必要としなくなる。


    世の中に不思議なことなどない…とい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月20日

    久しぶりの再読。あまりに完全な幕引きに、改めて圧倒されました。こんなに綺麗に終わられてしまうと、もう拍手を送るしかない。巷説シリーズの掉尾を飾る、素晴らしい終わり方でした。このシリーズ大好きなので、また何度でも帰ってきてこの世界に浸ると思います。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています