すべてがFになる THE PERFECT INSIDER

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 869円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川創平と女子学生・西之園萌絵が、この不可思議な密室殺人に挑む。新しい形の本格ミステリィ登場。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
524ページ
電子版発売日
2011年07月08日
紙の本の発売
1998年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER のユーザーレビュー

    購入済み

    おもしろい!

    ひな 2011年10月27日

    初めてアプリで小説を購入!題名に惹かれて買いました。

    パソコンで管理された孤島の研究所でおきる不可解な事件。

    トリックや研究所のを理解するのに必要な、パソコンやネットワークの話も(少し前の作品だからか)細かく説明がされていて、分かりやすいと思います。

    また今の感覚だと、小説に出てくるようなシス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月30日

    とにかく天才。噂に違わず面白い。超文系の私でも楽しんで最後まで読めるし、少し頭が良くなった気分になれる。生まれ変わったら森博嗣になりたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月16日

    全くリアリティのないトリックだし、ノックスの十戒を破っているような気もするので本小説を酷評する声もありますが、このトリックを思いついた時点で素晴らしい。

    セリフも秀逸

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月01日

    これほど夢中に小説を読み進めたのはいつぶりだろう。
    この、本にのめり込む感覚。やはり読書は面白い!
    シリーズを順に読んでいこうと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月22日

    中盤までは展開が遅く退屈な部分もあったが、終盤は一気に読んでしまった。オチは少々強引なところもあったが(所長のところなど)、複雑な仕掛けで面白かった。
    シリーズの他作品も読んでみよう。

    覚醒は本能的に不快という話は興味深い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月09日

    再読
    高校生以来のすべてがFになる…やっぱ森博嗣めちゃくちゃ好きだな〜面白い!!途中やめのGシリーズとXシリーズを読んでいこうと思ったけど…やっぱりS&Mから再読したくなる〜〜迷う〜〜!!
    久しぶりに萌絵ちゃんと犀川先生に会うと、懐かしい知り合いに会ったみたいな気持ちになる。ストーリーも、高...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月17日

    今まで読んだミステリーの中で一番面白い

    主人公の西川教授と西之園萌絵が謎を解いていく、ミステリーのシリーズだが、
    二人ともが典型的な理系人間であり、思考の仕方や行動においてもそれが現れている。
    理系で育ってきた自分にとってはグッとくる言動やシーンがたくさんあった。
    作家さんが工学部教授であることか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月12日

    再読。
    物語の中に出てくる研究所が、某総合大学の情報系学部の校舎の様で驚き。
    奥付けを見ると発行が1998年になっているので、その頃には既に現在のような情報化社会がやって来ることは想定済みだったことに自らの無知さを痛感する。今回の再読でやっと現実としてとらえられたかな?という感じ。
    「覚醒は本能的に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月19日

    何度目になるかわからない再読。最初にこれを読んだ時の衝撃といったら。当時はミステリ初心者だったけれどそれでもこの作品の凄さはとてもよく伝わった。思えばこれを読んで本格的な森博嗣ファンになると同時にミステリファンにもなったのだった。私の中ではミステリとしてのバイブル。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月25日

    ミステリーだけど、ミステリーに重きを置いているというよりは、人間関係や登場人物一人一人の姿に重きが置かれている作品。
    天才故に訪れる切ないラストも沁みます。
    言い回しが独特でかっこよくて、これを読んで森博嗣さんのファンになりました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています