すべてがFになる THE PERFECT INSIDER

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER

作者名 :
通常価格 869円 (790円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川創平と女子学生・西之園萌絵が、この不可思議な密室殺人に挑む。新しい形の本格ミステリィ登場。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
シリーズ
S&Mシリーズ
ページ数
524ページ
電子版発売日
2011年07月08日
紙の本の発売
1998年12月
サイズ(目安)
1MB

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    おもしろい!

    ひな 2011年10月27日

    初めてアプリで小説を購入!題名に惹かれて買いました。

    パソコンで管理された孤島の研究所でおきる不可解な事件。

    トリックや研究所のを理解するのに必要な、パソコンやネットワークの話も(少し前の作品だからか)細かく説明がされていて、分かりやすいと思います。

    また今の感覚だと、小説に出てくるようなシス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月16日

    森博嗣さんの著作を初めて読みました。
    このシリーズ全部読みます。この感じ堪らない。
    ミステリーなんだけど、科学とはどんなものか教えてくれる言葉、考えさせられる言葉、新たな視点を与えてくれる言葉がたくさんある。
    続きのシリーズでも、常識を疑いなさいというような視点を与えてくれそう、という期待をしてしま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月04日

    森博嗣の小説は2冊目だが普通に面白い
    1990年後半の話だが新しくも感じられる…
    それは物語の中にある思想を現す言葉がそうさせていると思った

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月28日

    なるほど。面白いと言うレビューを読んだから読んだ。かなり面白かった。いつも長い本は途中で読むのをやめてしまうけれど、最後まで読めた。それは面白いというレビューを読んだからな気がする。自分はこの本は面白いぞー!って気合を入れて読まないと最後まで読めないのかもしれない。という結論に至った。
    この本、大学...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月22日

    勉強の価値が気に入って読むという普通とは逆のパターンかもしれません。大学の窮屈さや理想の職場について考えさせられます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月21日

    すごく面白かった!
    これが20年以上前に書かれたものとは信じられない。
    今読んでも違和感ない技術がたくさん登場してて、理系ミステリーと言うだけあって専門用語も多い。
    だけど、とても読みやすくてスラスラ読めた。
    個人を掘り下げた心情やくどい情景描写などはなく、全体的にあっさりしてる。

    登場人物は基本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月19日

    20年以上前の作品なのに古びておらず、現在を先取りしてすらいます。
    ミステリーとして斬新かつ納得感のあるトリック。
    天才と普通の人との断絶が話のメインですが、工学系人間図鑑としても楽しめます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月11日

    ドキドキハラハラしながら読み、寝る前だったが目が冴えてしまった。情景がありありと思い浮かび、世界観に浸れて、久々に小説を読んだが小説も面白いと思った。事件のトリックは私には想像もつかないもので、だからこそ続きがとても気になりながら時間を忘れて読んでいた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月03日

    この本との出会いで、私は森博嗣の大ファンになった。美しく無駄のない日本語に、緻密なストーリー、そして何よりも魅力的な人物たち。終盤になるにつれどんどん引き込まれ、読み終わりたくない!いつまでも読んでいたい!と思った。そんな風に深くのめり込める本に出会えて幸せを感じたし、これがシリーズ物だと知った時も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月02日

    「事実なんて果敢ないものですね。現実なんて……、本当に一部しか見せてくれない」
    考えさせられる一文でした。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています