それでもデミアンは一人なのか? Still Does Demian Have Only One Brain?

それでもデミアンは一人なのか? Still Does Demian Have Only One Brain?

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

つねにベストは更新される。最新WWシリーズ始動!カタナを帯びた金髪碧眼の戦士、デミアン。記録上は存在しない特殊兵器。 楽器職人としてドイツに暮らすグアトの元に金髪で碧眼、長身の男が訪れた。日本の古いカタナを背負い、デミアンと名乗る彼は、グアトに「ロイディ」というロボットを探していると語った。 彼は軍事用に開発された特殊ウォーカロンで、プロジェクトが頓挫した際、廃棄を免れて逃走。ドイツ情報局によって追われる存在だった。知性を持った兵器・デミアンは、何を求めるのか?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社タイガ
電子版発売日
2019年06月20日
紙の本の発売
2019年06月
サイズ(目安)
3MB

それでもデミアンは一人なのか? Still Does Demian Have Only One Brain? のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年07月25日

    途中のデミアンとベルゲンとグアトの会話が難解すぎて何度も何度も読み直してようやく理解できました。
    理解できたと思ったら、また最後で同じような会話につまずき、頭の中で再び反芻。
    頭がこんがらがるけどすごく面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月30日

    Wシリーズが終わってさみしい思いをしていたら、続シリーズが始まった!
    前作読んでた人は、期待以上なので読まない選択肢はないよ。
    またここからしばらく楽しみが続くのだと思うと、素直にうれしい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月12日

    感想は凄いの一言。
    著者の作品を読んだことがなくても充分に楽しめるが、Wシリーズを読んでいると思わず「そういうことか!」と叫びそうになるシーンがある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月07日

    楽器職人としてドイツに暮らすグアトの元に金髪で碧眼、長身の男が訪れた。
    日本の古いカタナを背負い、デミアンと名乗る彼はグアトに「ロイディ」というロボットを探していると語った。
    彼は軍事用に開発された特殊ウォーカロンで、プロジェクトが頓挫した際、廃棄を免れて逃走。ドイツ情報局によって追われる存在だった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月16日

    Wシリーズが終わった時はめちゃショックだったけど、これは続編っぽくて凄く嬉しく楽しみが増えた!!
    今回も頭フル回転で考えながらの読破だったけど人間とは何か、自分の倫理観について考えさせられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月06日

    ありがとう、森博嗣先生!!
    実質、Wシリーズの続編そして垣間見る100年シリーズ!

    Wシリーズが終わった時は悲しみにくれたけど、
    また会える人達!そして、はよロイディ!

    永遠に死なない、増えない、ここの人格の概念が変わり、隣の友人はさらに隣の友人やも知れません。私の理想郷。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月06日

    「この世で、また会いましょう」

    「ウォーカロンにしては、人間らしくない。最も人間らしく作られているのが、ウォーカロンだからです。人間よりも、人間らしい」

    「この世というのは、あの世ではない、という意味だ」
    「その言葉は、インドではよく使われているようです」
    「インドで?」
    「あの世では、誰だって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月26日

     舞台は現代から2世紀ほど未来の世界。ドイツに住む楽器職人グアトのもとにデミアンと名乗る特殊なウォーカロン(有機的なロボット、もしくは人造人間といえば少しは説明できているだろうか)が現れる。デミアンは「ロイディ」という名前のロボットを探しているとグアトに告げた。

     本書は森博嗣によるWWシリーズの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月18日

    楽器職人としてドイツに暮らすグアトのもとに現れた軍事用ウォーカロン・デミアン。彼はロイディというロボットを探していると告げる。デミアンとの出会いによりグアトたちは事件に巻き込まれていく。Wシリーズの続編となるWWシリーズ1作目。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月12日

    WWシリーズ第一弾。Wシリーズの続編と言える。それにしてもあの二人のイチャイチャ度が加速していて読んでいる最中はずっとニマニマしてしまった。最後の最後のどんでん返しは森博嗣らしい展開の仕方だと思ってそちらにもニマニマ。WシリーズからWWシリーズへと至ってこれ以上の発展があるのかと思っていたが、まだま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

WWシリーズ のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社タイガ の最新刊

無料で読める SF・ファンタジー

SF・ファンタジー ランキング