彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone?

彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone?

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ウォーカロン。「単独歩行者」と呼ばれる人工細胞で作られた生命体。人間との差はほとんどなく、容易に違いは識別できない。研究者のハギリは、何者かに命を狙われた。心当たりはなかった。彼を保護しに来たウグイによると、ウォーカロンと人間を識別するためのハギリの研究成果が襲撃理由ではないかとのことだが。人間性とは命とは何か問いかける、知性が予見する未来の物語。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社タイガ
電子版発売日
2015年10月20日
紙の本の発売
2015年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月24日

    S&Mシリーズから順に、ここまで読み進めてきました。もう名古屋でも大学でもミステリーでもないけど、ここまで着いてきた森博嗣ファンなら「むしろ待ってました」という感じのSF小説です。
    作中内で引用されている「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」とテーマは同じ。1968年に書かれた小説と同じテー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月10日

    黒幕はやっぱりあの人か。世界が変わりつつある現代にぴったりな近未来SFミステリ作品です。

    森博嗣さんのミステリを久しぶりに読みました。
    「すべてがFになる」などのこれまでの作品では強烈なキャラクタにストーリが引っ張られていく印象でしたが、本作では、それらがとても淡白。
    静かに世界の終焉に向かってい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月14日

    養殖された人間と天然の人間の差とは?人間の定義とは?そもそも、養殖された細胞で肉体はアップデートされつづけ、脳みそくらいしか素の要素がなくて天然と言い張れるのか。ウォーカロン(養殖人間)と一緒にされたくない、なんて、ほんと人間って傲慢。
    いつか必ず訪れる、そう遠くない未来の議論。題材が面白い。どう着...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月03日

    普段読んでいるタイプの小説と異なり、非常に独特に感じたが、面白かったです。続編も読んでみたいと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月04日

    カテゴリを「ミステリ」で登録していましたが、読み終えて「SF」に変更しました。
    しかし、これも強いて入れるなら、という程度。森博嗣さんの作品は、ジャンルをカテゴリでくくるのが難しいのが多いですね。ご本人に言ったら「ジャンルでくくる必要がありますか?」って返されそうですが。
    リアル本棚ではジャンル「森...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月27日

    新たな物語のプロローグ。これからどう発展していくのか楽しみ。人間とウォーカロン(人工人間)の境界がここまであいまいなアンドロイド物は初めて読む。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月28日

    初森博嗣。働きはじめの頃、「森博嗣って知ってる?僕好きなんだ」と、上司が言っててずっと気になってた作家。
    設定が未来だからか、読んでいる間ずっとふわっとした気分だった。SFになるのかな?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月18日

    人工細胞で作られるウォーカロンと呼ばれる生命体。ハギリは人間とそれを区別する技術を発明したが、突如命を狙われ…




    色々考えさせられた作品です。作中の世界は、人工細胞の開発により、人間が細胞を取り替えすれば半永久的に生きることのできるようになった地球が舞台ですが、ウォーカロンと人間の差(例えばウ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月29日

    森先生の本は、すべてがFになるの一冊しか読んだことがないが、とても好き。今回の新シリーズもとても期待していた。1冊目は結構時間をかけて読んだ。人間とワォーカロンの区別、とても哲学の問題だと思う。クローンの羊は、羊なのでしょうか?という質問が頭から離れない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月29日

    ウォーカロン(walk-alone)。「単独歩行者」と呼ばれる、人工細胞で作られた生命体。人間との差はほとんどなく、容易に違いは識別できない。
    研究者のハギリは、何者かに命を狙われた。心当たりはなかった。彼を保護しに来たウグイによると、ウォーカロンと人間を識別するためのハギリの研究成果が襲撃理由では...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

Wシリーズ のシリーズ作品 1~10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています