わたしを離さないで Never Let Me Go

わたしを離さないで Never Let Me Go

作者名 :
通常価格 720円 (税込)
紙の本 [参考] 864円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設へールシャムの親友トミーやルースも「提供者」だった。キャシーは施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に力を入れた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちのぎこちない態度……。彼女の回想はヘールシャムの残酷な真実を明かしていく。解説:柴田元幸

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワepi文庫
ページ数
464ページ
電子版発売日
2011年11月04日
紙の本の発売
2008年08月
コンテンツ形式
XMDF

Posted by ブクログ 2017年12月03日

彼の作品の細やかさ、圧倒的な筆の力にあっという間にのめり込んでしまった。
どうしてこんなに描写できるのだろうか。
直接的なことを言わずに、すべての空気まで、まるで私が本人のように感じられる。
ストーリーは知っていた。
彼自身も内容をバラしても構わない、と言っていたように、この衝撃的な内容を凌駕するこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月28日

ノーベル文学賞受賞で興味を持ち、初めて読むカズオ・イシグロ氏の作品。
まず、とても丁寧で品のある文章というのが率直な印象。
非常にショッキングな設定ながら、大げさなどんでん返しはなく、静かに淡々と若者たちの真実が明らかになっていく。
主人公・キャシーの一人称で語られる回想は繊細さと人間味に溢れ、トミ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月26日

不穏かつ瑞々しい世界観が繊細に描かれていて、一気に読み進めることができた。
不条理な運命を登場人物達がどう受け止め、全うするのか、、
読み終わって、やり場のない怒りや切なさ、またノスタルジーなど、様々な感情が込み上げてきた。
心の片隅に美しく残り続ける作品。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年11月20日

カズオ・イシグロ、2017年、ノーベル文学賞受賞、ということで、ノーベル文学賞に選ばれた作家の作品とは、どんなものなのだろう?という気持ちから、手に取りました。ちょうど、友人が、この本を持っていましたので、頼んで借りまして。

むう。むう。むう。これは、、、ちょっと、なんといいますか、むう、、、凄い...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月20日

本を読んで泣いたのは何年ぶりだろう。

ずっと前にみた映画版ではもうどうしようもないくらい号泣したけれど、原作を読んでみると映画とは全然違うところで泣いた。
とめどもなく襲い来る深い深い悲しみは「記憶」とその「傷」によって語られるべきであり、それが遺された者にとって「生きる」ということなのかも知れな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play