カズオ・イシグロの一覧

「カズオ・イシグロ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

カズオ・イシグロ

2017年ノーベル文学賞に、日本生まれの英国人で世界的なベストセラー作家のカズオ・イシグロ氏が選ばれました。配信中のカズオ・イシグロ作品をご紹介します!

<カズオ・イシグロ プロフィール>
1954年11月8日長崎生まれ。日本人だが、のちにイギリスに帰化。
長崎女性の回想を描いた処女作『遠い山なみの光』で王立文学協会賞を受賞。
『浮世の画家』でウィットブレッド賞を受賞した。
ブッカー賞を受賞した『日の名残り』は、アンソニー・ホプキンス主演で映画化された。
2005年発表の『わたしを離さないで』はブッカー賞の最終候補となり、のちに公開された映画も大きな話題となった。
『わたしを離さないで』は、日本でも綾瀬はるか主演のドラマとして放映された。

カズオ・イシグロ 2017年ノーベル文学賞受賞!

      • わたしを離さないで Never Let Me Go

        わたしを離さないで Never Let Me Go

        2016年1月TBS系にて綾瀬はるか主演でテレビドラマ化
        優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設へールシャムの親友トミーやルースも「提供者」だった。キャシーは施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に力を入れた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちのぎこちない態度……。彼女の回想はヘールシャムの残酷な真実を明かしていく。解説:柴田元幸

      • 日の名残り

        日の名残り

        世界的に権威のあるイギリスの文学賞・ブッカー賞受賞作
        短い旅に出た老執事が、美しい田園風景のなか古き佳き時代を回想する。長年仕えた卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々……。遠い思い出は輝きながら胸のなかで生き続ける。失われゆく伝統的英国を描く英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。

      • 遠い山なみの光

        遠い山なみの光

        長崎女性の回想を描いた処女作
        イギリスに暮らす悦子は、娘を自殺で失った。喪失感に苛まれる中、戦後混乱期の長崎で微かな希望を胸に懸命に生きぬいた若き日々を振り返る。新たな人生を求め、犠牲にしたものに想いを馳せる。『女たちの遠い夏』改題。

配信予定・最新刊

文藝春秋2021年6月号
NEW
880円(税込)

作品一覧

2021/05/10更新

ユーザーレビュー

  • わたしたちが孤児だったころ
    日常がもっと好きになるような小説だった。その時代の空気感、時代感が伝わってきた。自分自身の理想の世界を作り上げるために生きていたっていいじゃないか。どんな現実にぶつかってもそれが自分の信念なら変える必要はないと、自分の人生観を考えさせてくれた作品だ。
  • わたしを離さないで Never Let Me Go
    日系イギリス人小説家、カズオ・イシグロ氏の作品です。
    話題になっていたので名前くらいは聞いたことがありましたが、今まで読んだことは一度もありませんでした。
    読み終えてみて、なぜもっと早くにこの作品を読んでいなかったのだろうと思うほど、私好みの作品でした。

    出だしから登場人物が群になって行進してくる...続きを読む
  • クララとお日さま
    お日様の恵みを信じ、自己犠牲をしてまでジョジ―を救ったのに、最後は廃棄場。
    ジョジ―はクララのことを親友と言って別れ、クララの廃棄場で幸せだったと回想しているから、AFとしてクララは成功したにちがいない。
    どことなく、ドラえもんとのび太みたいだと思った。
    ドラえもんはいつまでのび太と一緒にいられるの...続きを読む
  • 日の名残り
    もどかしい!!
    最後まで匂わせのまま穏やかに終了してしまったので真実は明かされないけれども・・・。
    職業意識が強すぎるスティーヴンス。端からみたら、ほんのすこし背中を押したくなる。
    執事としてのスティーヴンスの仕事履歴をおっていくことがイギリスの繁栄から衰退が透けて見える。
  • 日の名残り
    面白くて考えさせられる、理想的な小説。
    主人公の造形がとてもリアル。
    自分も中年になって、自分がもっとも仕事で充実していた時期を振り返ると
    何を思うのか。

    著者の他の作品もぜひ読んでみたい