「カズオ・イシグロ」おすすめ作品一覧

「カズオ・イシグロ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

カズオ・イシグロ

2017年ノーベル文学賞に、日本生まれの英国人で世界的なベストセラー作家のカズオ・イシグロ氏が選ばれました。配信中のカズオ・イシグロ作品をご紹介します!

<カズオ・イシグロ プロフィール>
1954年11月8日長崎生まれ。日本人だが、のちにイギリスに帰化。
長崎女性の回想を描いた処女作『遠い山なみの光』で王立文学協会賞を受賞。
『浮世の画家』でウィットブレッド賞を受賞した。
ブッカー賞を受賞した『日の名残り』は、アンソニー・ホプキンス主演で映画化された。
2005年発表の『わたしを離さないで』はブッカー賞の最終候補となり、のちに公開された映画も大きな話題となった。
『わたしを離さないで』は、日本でも綾瀬はるか主演のドラマとして放映された。

カズオ・イシグロ 2017年ノーベル文学賞受賞!

      • わたしを離さないで Never Let Me Go

        わたしを離さないで Never Let Me Go

        2016年1月TBS系にて綾瀬はるか主演でテレビドラマ化
        優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設へールシャムの親友トミーやルースも「提供者」だった。キャシーは施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に力を入れた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちのぎこちない態度……。彼女の回想はヘールシャムの残酷な真実を明かしていく。解説:柴田元幸

      • 日の名残り

        日の名残り

        世界的に権威のあるイギリスの文学賞・ブッカー賞受賞作
        短い旅に出た老執事が、美しい田園風景のなか古き佳き時代を回想する。長年仕えた卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々……。遠い思い出は輝きながら胸のなかで生き続ける。失われゆく伝統的英国を描く英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。

      • 遠い山なみの光

        遠い山なみの光

        長崎女性の回想を描いた処女作
        イギリスに暮らす悦子は、娘を自殺で失った。喪失感に苛まれる中、戦後混乱期の長崎で微かな希望を胸に懸命に生きぬいた若き日々を振り返る。新たな人生を求め、犠牲にしたものに想いを馳せる。『女たちの遠い夏』改題。

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2018年2月号

作品一覧

2018/01/10更新

ユーザーレビュー

  • 日の名残り
    執事の視点から見える世界が、独特の感性で描かれていて、ぐいぐいとその世界観に引き込まれる感じ。
    恋のチャンスを冷静に切り捨てて、でもそれを知らずにいるのが切なく、でもどこか温かい感じさえする。恋も愛も知らずチャンスも逃した孤独な人と、単純に見ることは出来ないなあと思った。
    最後、老人が残した言葉がま...続きを読む
  • わたしを離さないで Never Let Me Go
    つらい、悲しい、苦しい。
    主観というよりもすべてが回想ですすんで行きます。繊細な中に違和感が付きまとう不思議な感覚。

    私の特性上あまり入り込まないように普段意識してはいたはずなのですが、主観と描写の繊細さで思わず自己移入も投影もぼちぼちしてしまったほどです。読後の虚無感、途中も頭から離れない。
    ...続きを読む
  • 日の名残り
    一人の老執事が昔の女中頭に会いに行く小旅行の間の回想録と言ってしまっては身も蓋もないですが、それだけの設定でここまで読ませる本はないと思いました。
    過去と現在を行き来するイシグロさんならではの書き方が、少しも違和感ない感じなのは、年老いた執事という設定にもよるのでしょうか。
    本の最初の方と最後では主...続きを読む
  • わたしを離さないで Never Let Me Go
    非現実な設定でありながら、本当にキャシーが存在しているのではないかと思うほど、物語がきめ細かく作られているように感じました。
    キャシーの心の中で思っていることや、人間模様は、誰にも話せないけれど私も日々感じていることばかりで、感情移入しながら読んでいました。ルースもまた、身近にいる友人、家族、時には...続きを読む
  • 忘れられた巨人
    冒頭はよくわからなかったけど、最後まで読むと忘れられない名作です。淡々とすすむ物語だけれどら感動が押し寄せてきます。ラブストーリーって、その通りなんです。

特集