「カズオ・イシグロ」おすすめ作品一覧

「カズオ・イシグロ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

カズオ・イシグロ

2017年ノーベル文学賞に、日本生まれの英国人で世界的なベストセラー作家のカズオ・イシグロ氏が選ばれました。配信中のカズオ・イシグロ作品をご紹介します!

<カズオ・イシグロ プロフィール>
1954年11月8日長崎生まれ。日本人だが、のちにイギリスに帰化。
長崎女性の回想を描いた処女作『遠い山なみの光』で王立文学協会賞を受賞。
『浮世の画家』でウィットブレッド賞を受賞した。
ブッカー賞を受賞した『日の名残り』は、アンソニー・ホプキンス主演で映画化された。
2005年発表の『わたしを離さないで』はブッカー賞の最終候補となり、のちに公開された映画も大きな話題となった。
『わたしを離さないで』は、日本でも綾瀬はるか主演のドラマとして放映された。

カズオ・イシグロ 2017年ノーベル文学賞受賞!

      • わたしを離さないで Never Let Me Go

        わたしを離さないで Never Let Me Go

        2016年1月TBS系にて綾瀬はるか主演でテレビドラマ化
        優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設へールシャムの親友トミーやルースも「提供者」だった。キャシーは施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に力を入れた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちのぎこちない態度……。彼女の回想はヘールシャムの残酷な真実を明かしていく。解説:柴田元幸

      • 日の名残り

        日の名残り

        世界的に権威のあるイギリスの文学賞・ブッカー賞受賞作
        短い旅に出た老執事が、美しい田園風景のなか古き佳き時代を回想する。長年仕えた卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々……。遠い思い出は輝きながら胸のなかで生き続ける。失われゆく伝統的英国を描く英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。

      • 遠い山なみの光

        遠い山なみの光

        長崎女性の回想を描いた処女作
        イギリスに暮らす悦子は、娘を自殺で失った。喪失感に苛まれる中、戦後混乱期の長崎で微かな希望を胸に懸命に生きぬいた若き日々を振り返る。新たな人生を求め、犠牲にしたものに想いを馳せる。『女たちの遠い夏』改題。

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2019年4月号

作品一覧

2019/03/09更新

ユーザーレビュー

  • 浮世の画家
    普通の人ならその失敗に対する恐怖から諦める、目指さないような目標を立ててそれに努力する人がいるとすれば失敗をしたとしても人生として満足感を得られるだろうとする考え方が印象に残る作品でした。
  • わたしを離さないで Never Let Me Go
    テレビドラマになった作品です 

    日本に置き換えてのドラマだったので ちょっとだけ違和感がありましたが おもしろかったドラマです 

    で 小説のほうですが この作品はドラマを見てなかったら自分はついていけなかったかもです

     ドラマだけあってわかりやすくしてあったんだなとw なのでドラマのストーリー...続きを読む
  • 遠い山なみの光
    カズオ・イシグロの処女作。
    叙述トリックというのか、文を連ねるうちに、人物の背景が明らかになる。あっという間に迷路の行き当たりにぶちあたったような地点があり、そこが訴えることの意味(日本の戦後の卑屈な欧米主義、自虐史観による教育の骨抜き)が立ち現われてくるときの、驚きに目を啓かれる。
  • わたしを離さないで Never Let Me Go
    ささやかなエピソードひとつひとつから、登場人物の輪郭がとても綺麗に描かれてる。日常を写した何気ない、そして美しい写真を続けて見ているような小説だった。切ない話ではあるけど、決して悲しくはない。強いお話だと思う。
  • わたしたちが孤児だったころ
    カズオ・イシグロの小説を読んでいるときのこの胸をしめつけられる感じは結局なんなのだろうか、と考えてみると、個人的にはやはり「取り返しのつかない過去」について、否応なく気づかされることの切なさではないかと思うのだ。
    「日の名残り」にせよ、「私を離さないで」にせよ、描写は基本的に「回想」なのだが、その中...続きを読む

特集