「カズオ・イシグロ」おすすめ作品一覧

「カズオ・イシグロ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

カズオ・イシグロ

2017年ノーベル文学賞に、日本生まれの英国人で世界的なベストセラー作家のカズオ・イシグロ氏が選ばれました。配信中のカズオ・イシグロ作品をご紹介します!

<カズオ・イシグロ プロフィール>
1954年11月8日長崎生まれ。日本人だが、のちにイギリスに帰化。
長崎女性の回想を描いた処女作『遠い山なみの光』で王立文学協会賞を受賞。
『浮世の画家』でウィットブレッド賞を受賞した。
ブッカー賞を受賞した『日の名残り』は、アンソニー・ホプキンス主演で映画化された。
2005年発表の『わたしを離さないで』はブッカー賞の最終候補となり、のちに公開された映画も大きな話題となった。
『わたしを離さないで』は、日本でも綾瀬はるか主演のドラマとして放映された。

カズオ・イシグロ 2017年ノーベル文学賞受賞!

      • わたしを離さないで Never Let Me Go

        わたしを離さないで Never Let Me Go

        2016年1月TBS系にて綾瀬はるか主演でテレビドラマ化
        優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設へールシャムの親友トミーやルースも「提供者」だった。キャシーは施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に力を入れた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちのぎこちない態度……。彼女の回想はヘールシャムの残酷な真実を明かしていく。解説:柴田元幸

      • 日の名残り

        日の名残り

        世界的に権威のあるイギリスの文学賞・ブッカー賞受賞作
        短い旅に出た老執事が、美しい田園風景のなか古き佳き時代を回想する。長年仕えた卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々……。遠い思い出は輝きながら胸のなかで生き続ける。失われゆく伝統的英国を描く英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。

      • 遠い山なみの光

        遠い山なみの光

        長崎女性の回想を描いた処女作
        イギリスに暮らす悦子は、娘を自殺で失った。喪失感に苛まれる中、戦後混乱期の長崎で微かな希望を胸に懸命に生きぬいた若き日々を振り返る。新たな人生を求め、犠牲にしたものに想いを馳せる。『女たちの遠い夏』改題。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2017年11月号

作品一覧

2017/10/13更新

ユーザーレビュー

  • 日の名残り
    美しい情景とともに、主人公の切ない想いが胸に迫る。哀愁漂うけど爽やか。心が洗われるような読後感でした。
  • 忘れられた巨人

    忘れられた巨人

    ともかく、読んで下さい
    全ての描写に感動する筈です
  • 日の名残り
    書店から軒並みその著作が姿を消している、最新のノーベル文学賞受賞作家から。自分の中では、”百年の誤読”で目星をつけて、受賞決定前に購入しておいたものを、このタイミングで読んでみました、って感じ。実は「わたしを~」に対して、心の底から喝采を叫ぶ、ってほどに好きにはなれなかった関係で、本作を買いはしたも...続きを読む
  • 日の名残り
    再読
    イシグロ氏、ノーベル文学賞受賞おめでとうございます。ということで、また引っ張りだして読んでみた。昔読んだ時は断然「私を離さないで」派だったけど、今読むとこっちの方が好きかも。
    クライマックスのウェイマスの桟橋の夕日のシーンは言わずもがな。もうね、小説の構成が、もうね。全てはこの、隣に居合...続きを読む
  • 日の名残り
    沈みゆく一瞬の輝きでしか見えないものがある。傾いた陽が、やがて勢いを忘れブラッドオレンジの絵の具のようになる頃、その柔らかな光の影でしか見えてこない形がある。大抵は、そうした影がようやく見えた頃には、もはや後戻りできない夜が目前にある。輝いだ喧噪も午後の無為な時間も同じように覆い尽くす夜である。夕暮...続きを読む

特集