日の名残り

日の名残り

作者名 :
通常価格 616円 (税込)
紙の本 [参考] 820円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

短い旅に出た老執事が、美しい田園風景のなか古き佳き時代を回想する。長年仕えた卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々……。遠い思い出は輝きながら胸のなかで生き続ける。失われゆく伝統的英国を描く英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワepi文庫
ページ数
368ページ
電子版発売日
2012年03月30日
紙の本の発売
2001年05月
コンテンツ形式
.book

Posted by ブクログ 2017年11月26日

人生は近くで見れば悲劇だが、遠くから見れば喜劇だーーとは、喜劇王チャップリンの名言だ。私は若い頃、悲劇の対義語は喜劇だと思っていたが、歳をとるにつれ、悲劇と喜劇は大抵セットでやってくることが実感として分かるようになってきた。セットというより、同じコインの裏表という方が、より適切な表現かもしれない。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月22日

ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏の名著。
素晴らしかった。
イギリスの田舎の風景が眼前に広がってくるようだ。

執事の仕事はヨーロッパ中にあるものの、真の執事はイギリスにしかいない。
それはイギリス民族特有の”品格”からきているのかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月18日

カズオ・イシグロがノーベル賞を受賞したので、彼の小説を一冊読もうと考えた。日本が舞台でなく、日本人が登場せず、「すばらしい新世界」のような英国伝統のSFでもなく、と消去法で選んだのが本書。老境にある執事が一人称で語るものがたり。その語り口は一貫して落ち着いているものの、現在および回想の中の様々な出来...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年11月05日

主人公が執事であります。身近に執事という人がいないので少々忍耐が必要かなと思いつつ読み進める。でも、読んでみたら意外と読めました。それもそうですよね。私が武士でないから主人公に感情移入出来ない、そういった事はないですからねェ。

しかしこの本は1930年前後のイギリス・ヨーロッパの歴史背景が頭に入っ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年10月29日

大英帝国の歴史の一端が垣間見れる。執事として能力のピークを過ぎたスティーブンスが、過ぎし日々を語る、しみじみと日のなごりを。なんと切なく愁いを含んだ語りだろうか。訳者の語り口が物語の情景と執事の過去を見事に再現している。執事とはかくも大変な仕事とは。「組織的な思考と先を読む能力こそ執事の基本的要件」...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「日の名残り」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play