陰陽師

陰陽師

作者名 :
通常価格 589円 (税込)
紙の本 [参考] 594円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

作品内容

時は平安時代、京の都に安倍晴明という名高い陰陽師がいた。まだ闇が闇として残り、夜になれば人も、鬼も、物の怪も、同じ都の暗がりに、息をひそめて住んでいた時代だ。安倍晴明は従四位下、大内裏の陰陽寮に属する陰陽師。死霊や生霊、鬼など、普通の人間には見えない、妖しのものどもを相手に、この世ならぬ不可思議な難事件をあざやかに解決する。親友の源博雅は、霊感はまるでないが、刀では敵なしの強さ。力を合わせて物の怪に挑む。野村萬斎・主演で映画化された原作!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
333ページ
電子版発売日
2011年04月15日
紙の本の発売
1991年02月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年05月07日

映画を見てからの小説。イメージ通りの登場人物、世界観で掛け合いもおもしろく、さらに短編集であり読みやすかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月07日

20年振り位の再読。
おもしろい!
このシリーズの続きは未読なので、これから少しずつ読んでいこう。

淡々とした文が気持ちよい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月14日

作中に百人一首に出てきた壬生忠見とか蟬丸などの実在の人物が出てきて面白い。最も晴明も相棒の源博雅も実在の人物。事実と作中のキャラがどれだけ合致するかはわからないけど、平安時代特有の幽玄な趣を味わえ、且つエンターテイメントとしても楽しめる作品だ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月12日

私の中では安倍晴明は野村萬斎さんです。映画でしか観たことがない『陰陽師』ですが、読んでみました。面白かったです。程度によるのですが、怪奇ものはホラーに近い印象があり、なかなか手がだしにくいジャンルです。
平安時代は現代より暗かったでしょうし、怪異に感じられることが沢山あったでしょうね。そして想像力豊...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月04日

今更ながら初めて読みましたが面白かったです。
2人の掛け合いがいい大人なのにどこか子供っぽく可愛らしくて良い関係だなぁとも思いました。
陰陽師などの知識はなくても楽しく読めました。
昭和63年に刊行されていたのに密かにビックリしていました。
続きもぜひ読みたいです。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play