陰陽師

陰陽師

作者名 :
通常価格 589円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

作品内容

時は平安時代、京の都に安倍晴明という名高い陰陽師がいた。まだ闇が闇として残り、夜になれば人も、鬼も、物の怪も、同じ都の暗がりに、息をひそめて住んでいた時代だ。安倍晴明は従四位下、大内裏の陰陽寮に属する陰陽師。死霊や生霊、鬼など、普通の人間には見えない、妖しのものどもを相手に、この世ならぬ不可思議な難事件をあざやかに解決する。親友の源博雅は、霊感はまるでないが、刀では敵なしの強さ。力を合わせて物の怪に挑む。野村萬斎・主演で映画化された原作!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
333ページ
電子版発売日
2011年04月15日
コンテンツ形式
EPUB

書店員のおすすめ

和風ファンタジーの題材としてすっかりおなじみの陰陽師。そのブームの火付け役であり、9月に市川染五郎・市川海老蔵らによる歌舞伎座公演も決定したのがこの「陰陽師」シリーズです。
平安時代の天才陰陽師、安倍晴明。その親友で音楽の才能豊かな源博雅。この二人が鬼や生霊など様々なものの怪にまつわる怪異を解き明かしていくこの物語。映画のような派手なアクションはほとんどなく、彼らは問題の怪異の原因となった人の業を探り、ものの怪達を納得させることで怪異を見事に解決していきます。
この物語の大きな魅力は、主人公二人の掛け合いが格別に面白いこと!
厄介事を頼まれ困り果てた博雅が、二人で酒を酌み交わしながら晴明に解決を依頼するのですが、その軽妙なやり取りに、自分も仲のよい友人と庭を眺めながら、美味い肴片手にお酒を舐めたくなる事間違いなし!
美しくも怪しい平安時代の余韻から抜け出せなくなりそうな不思議な物語です。

Posted by ブクログ 2018年01月12日

完全な歴史小説なのかと勘違いしていた。この作品は完全にミステリーである。主人公は陰陽師の安倍晴明で、ワトソン役が親友の源博雅になる。謎の中心にいるのが鬼であったり化け物だったりするが、謎を解く二人の行動は、どこか他の作品で読んだ登場人物を彷彿とさせる。それでいて、人と鬼との違いなどを語ってくるところ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月07日

映画を見てからの小説。イメージ通りの登場人物、世界観で掛け合いもおもしろく、さらに短編集であり読みやすかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月07日

20年振り位の再読。
おもしろい!
このシリーズの続きは未読なので、これから少しずつ読んでいこう。

淡々とした文が気持ちよい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月13日

人々の暮らしの中に闇と鬼の世界が共にあった平安時代。安倍晴明と源博雅のコンビが怪異な事件を解決していく話。抑制がきいた静かな文体で語られるのが、この物語の世界観とよく調和している。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月19日

安倍晴明と言えば、夢枕獏さんの晴明。

高校時代に、私の中に陰陽師ブームが
来ていた時に、見事ハマりました。

博雅との掛け合いも面白いし、
何より二人のキャラがいい味を出してる。


友達は難しくて無理って言っていたけど、
私はそんなことなくて読みやすい。
こればかりは、相性かなぁと…。

時代も...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play