夢枕獏の一覧

「夢枕獏」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:夢枕獏(ユメマクラバク)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1951年01月01日
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:作家

東海大学文学部日本文学科卒。『巨人伝』(後に『はるかなる巨人』と改題)でデビュー。『キマイラ・吼』シリーズ『魔獣狩り』シリーズ『陰陽師』シリーズなど数多くの作品を手がける。『上弦の月を喰べる獅子』で第10回日本SF大賞、第21回星雲賞を受賞。『ハイエナの夜』、『陰陽師』、『大帝の剣』は映画化された。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/05/13更新

ユーザーレビュー

  • 神々の山嶺(上)
    さすがの山描写。マイナス30℃でのビバークも岩に宙吊りも、山を知らなくても想像を掻き立てられてゾワゾワする。
    雪山高山の常識?も、素人を突き放さず丁寧に書いてあるので、謎だったことがわかってきてスッキリする(アタックする人って最初から決まってるの?とか)。
  • 神々の山嶺(下)
    エベレスト登頂に至るまでの道のりがどれだけ過酷なものなのか知る。デスゾーンの意味も重みも、小説の形でそこに置かれた人の状況や思考で語られることでようやく少し理解できたように思う。
    極限で己を奮い立たせる羽生や深町の姿に、「生きるとは」と考えさせられる。
  • 陰陽師 7巻

    全然、全くわからん!辛うじて、なんとなぁ〜く、キャラクターとストーリーを追ってる。なのに何でこんなにはまるの?もう、一気に全巻、あと玉手箱まで読みたい〜。映画と凄く違うんだけど、何に一番驚いたかって、ここまで一度も清明は「きゅうきゅうにょりつにょ」?だっけ?これを言ってない。映画では何かある毎に言っ...続きを読む
  • エヴェレスト 神々の山嶺
    エヴェレスト南西壁の冬期無酸素単独登頂を狙う男の物語。10年も前に読んだ本だが、読んだ時の気分の昂揚は忘れられない。ヒリヒリするような描写で、共に挑んでいるかのような気持ちにさせられる。
  • 大江戸火龍改
    久しぶりに 大好きな夢枕獏さん!
    主人公の遊斎は、 怪を鎮める技をもっている魅力的で謎めいたステキなお方です。
    おどろおどろしい ところもありますが、面白くてあっという間に読んでしまいました。
    すごく楽しい時間でした。獏さんありがとうございます!
    あとがき には感動して 「えー何これ!!素敵すぎー!...続きを読む