「夢枕獏」おすすめ作品一覧

「夢枕獏」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:夢枕獏(ユメマクラバク)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1951年01月01日
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:作家

東海大学文学部日本文学科卒。『巨人伝』(後に『はるかなる巨人』と改題)でデビュー。『キマイラ・吼』シリーズ『魔獣狩り』シリーズ『陰陽師』シリーズなど数多くの作品を手がける。『上弦の月を喰べる獅子』で第10回日本SF大賞、第21回星雲賞を受賞。『ハイエナの夜』、『陰陽師』、『大帝の剣』は映画化された。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/08/14更新

ユーザーレビュー

  • 獅子の門3 青竜編
    夢枕獏『獅子の門 青竜編』光文社文庫。

    夢枕獏の傑作格闘技小説の第三巻。ノベルズ版で全巻既読なのだが、七ヶ月連続で文庫版が刊行されると聞き、再読。何しろ30年弱に亘っての断続的刊行だったため、もはや初巻の内容など殆ど覚えていない状況で最終巻を読んでいるのだ。

    こうして間を置かずに三巻までを読ん...続きを読む
  • ハイエナの夜 〈新装版〉
    夢枕獏『ハイエナの夜〈新装版〉』徳間文庫。

    アクション系連作短編集。新装版が出たので再読。かなり前に読んでいたが、内容は殆ど覚えていなかった。読んでみると面白い。所々ストーリーを覚えていたが、それでもなお面白い。

    主人公は六本木に事務所を構えるカメラマン・滝村薫平。若い頃、空手をかじり、一度だけ...続きを読む
  • 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ四
    終わってしまった。もっと読みたかったなぁぁ。前回読んだ時よりも宇宙を感じました。善いも悪いもないのです。
  • 獅子の門2 玄武編
    夢枕獏『獅子の門 玄武編』光文社文庫。

    再文庫化につき再読。格闘大河小説の第2巻。全巻既読なのだが、何しろ30年もの年月を費やし、ぶつ切りで読んだため、ストーリーを覚えていないのだ。

    主人公は明らかに羽柴彦六なのだが、どこまで強いのか全く掴み所が無い。掴み所の無い羽柴彦六に代わり、前巻で登場した...続きを読む
  • 獅子の門1 群狼編
    夢枕獏『獅子の門 群狼編』光文社文庫。

    ノベルズ版で全巻既読なのだが、七ヶ月連続で文庫版が刊行されると聞き、再読。何しろ30年弱に亘っての断続的刊行だったため、もはや初巻の内容など殆ど覚えていない状況で最終巻を読んでいるのだ。

    言わずと知れた夢枕獏の傑作格闘技小説である。羽柴彦六という奇妙な格闘...続きを読む

特集