餓狼伝 : I

餓狼伝 : I

作者名 :
通常価格 562円 (511円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

格闘小説の金字塔が遂に電子化!

東洋プロレスの梶原年雄に敗れ、自らの肉体を鍛え続ける丹波文七と竹宮流・泉宗一郎の野試合は壮絶をきわめた。文七の名は、立会人・姫川勉の口から北辰空手総帥・松尾象山の耳にも届く。小犬のようにつきまとう少年・久保涼二をつれ、文七は東京へ。目指すは梶原!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
シリーズ
餓狼伝シリーズ
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

餓狼伝 : I のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    格闘技好きにはたまらない小説です!
    読んでいると不思議と人と素手で戦いたくなるような気分にさせること請け合いw

    ちなみに漫画化、ゲーム化もされている作品ですが小説が一番リアルです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    現在の総合格闘技ブームが訪れる遙か前から、この小説が存在した事にまず驚く。刊行ペースが遅すぎるのが難か(^^;)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月30日

    格闘技小説の代表作。丹波文七伝説。文章から熱気があふれてくるような漢の小説です!ひとつひとつの動きがイメージしやすく、また闘う男たちのぎらぎらした心理がカッコいい。まさしく狼です。レスラーや空手の知識もわかりやすく書かれて興味深い!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月03日

    流浪の格闘家丹波文七を中心に渦巻いていく格闘小説シリーズ。
    フルコンタクト空手北辰館に所属する姫川勉の立会いのもと古武術泉宗一郎との野仕合。
    かつて東洋プロレスの道場で完膚なきまでに敗れた梶原年雄との6年越しの再戦。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月11日

    プロレスを舐めていた主人公の空手家がプロレスラーに完敗し、そこから這い上がっていくという内容の話です。漫画で読んだことはありましたが原作は少し違う感じでした。プロレスVS空手をテーマに小説書けるところがすごいと思いますが、漫画家の方が向いてると思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    バキッ、ドスッ、ウゴッとかで1ページくらい費やすので直ぐに読み終わる。
    作者は3巻くらいで終わらす予定だったみたいだけと延々続いている。格闘技好きにお勧め。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    これが格闘マンガの原点!2年に1冊くらいのペースでいまだに続いている不朽の名作!字が少ないのでスグ読めますよw

    このレビューは参考になりましたか?

餓狼伝 のシリーズ作品 1~13巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~13件目 / 13件
  • 餓狼伝 : I
    562円(税込)
    格闘小説の金字塔が遂に電子化! 東洋プロレスの梶原年雄に敗れ、自らの肉体を鍛え続ける丹波文七と竹宮流・泉宗一郎の野試合は壮絶をきわめた。文七の名は、立会人・姫川勉の口から北辰空手総帥・松尾象山の耳にも届く。小犬のようにつきまとう少年・久保涼二をつれ、文七は東京へ。目指すは梶原!
  • 餓狼伝 : II
    566円(税込)
    格闘小説の金字塔が遂に電子化! かつて文七が倒した竹宮流の長・泉宗一郎の頼みで、文七は泉の弟子・藤巻と死闘を繰り広げる。大河格闘技ロマン、第二弾。
  • 餓狼伝 : III
    536円(税込)
    格闘小説の金字塔が遂に電子化! 空手・実戦空手・プロレス・サンボ……。雌雄を決すべく格闘技日本一「北辰館トーナメント」の日が近づいた。格闘家・丹波文七の血はたぎる。大河格闘技ロマン第三弾。
  • 餓狼伝 : IV
    536円(税込)
    格闘小説の金字塔が遂に電子化! 格闘技日本一を目指して松本で精進する丹波文七に、竹宮流の泉が‘虎王’の秘技を教えると声を掛けて来た……。大河格闘技ロマン第四弾。
  • 餓狼伝 : V
    536円(税込)
    格闘小説の金字塔が遂に電子化! 最強の格闘家を目指す丹波文七は、北辰館トーナメント制覇の前に、東洋プロレスの‘格闘技オリンピック’に出場、念願の堤城平と対決する!
  • 餓狼伝 : VI
    596円(税込)
    格闘小説の金字塔が遂に電子化! 入院中の堤と文七の間に、死闘を終えた者同士の心が通う。一方、その文七を倒して竹宮流・泉宗一郎の娘冴子を手中に入れようと、藤巻が暗躍しだした……。
  • 餓狼伝 : VII
    627円(税込)
    格闘小説の金字塔が遂に電子化! 姫川勉対長田弘戦、その勝者に挑むべく、立脇如水と闘う藤巻十三。底知れぬ強さを見せる松尾象山。北辰館のトーナメントは燃えに燃えた。「N.Y.のカスティリオーネがおまえに目をつけた。丹波、葵流を知っているか」帰国した梅川丈次が文七に訊いた。格闘につぐ格闘! 白眉の姫川VS長田戦! 興奮のシリーズ第7弾。
  • 餓狼伝 : VIII
    596円(税込)
    格闘小説の金字塔が遂に電子化! ニューヨークの地下格闘技を牛耳るカスティリオーネの主催する世界最強決定トーナメント出場に向けて暗躍する葵流三兄弟が、竹宮流泉宗一郎、松山象山、姫川勉に次々と襲いかかる。そして丹波文七の前にも長兄文吾が……。男たちの熱い闘いが続く!!
  • 餓狼伝 : IX
    627円(税込)
    格闘小説の金字塔が遂に電子化! 日本武道館、東洋プロレス主催のトーナメントが始まる。ルールはバーリ・トゥード。出場者は梅川丈次、風間浩二、立脇如水、葵文吾の四人。緊迫した真剣勝負に満員の観客は興奮し、丹波文七は身じろぎもせずに見守る……。男たちの血みどろの戦いが果てしなく続く!!
  • 餓狼伝 : X
    676円(税込)
    格闘小説の金字塔が遂に電子化! 今の丹波文七は怖くない…。姫川勉の言葉が文七の胸に刺さっている。ひとり控室に残った文七は微かな音を耳にした。ドアを押し開けて、ぞろりと入ってきた男…葵文吾が言った。「きさまを倒して、おれが姫川とやる」密室の死闘! 姫川戦に出場するのはどっちだ!? 餓狼伝シリーズ、衝撃の第10弾。
  • 餓狼伝 : XI
    627円(税込)
    格闘小説の金字塔が遂に電子化! 何の制約もない闘い、“世界NHBトーナメント”。八角形の金網に囲まれた試合場・オクタゴンに、松尾象山と浅からぬ因縁を持つ男が現れた。ブラジリアン柔術のホセ・ラモス・ガルーシアだ。最小のダメージで対戦相手をKOするシステムが、歴戦の格闘家たちを翻弄する。誰がこの強さを止める? 格闘小説の金字塔第11弾!!
  • 餓狼伝 : XII
    676円(税込)
    格闘小説の金字塔が遂に電子化! 仕込み杖の使い手・土方元を倒した男がいる。姫川勉に粉微塵にされた丹波文七の闘う魂に仄かな火が点る。──時は遡ってブラジル。若き日の巽真はプロレス界のヒーロー・力王山と、““太い男””・松尾象山に出会う。大人気格闘小説、不滅の第12弾!!
  • 餓狼伝 : XIII
    676円(税込)
    格闘小説の金字塔が遂に電子化! 「力王山vs.松尾象山!」餓狼伝史上最大、人間が行う究極の死闘が今始まる!!

餓狼伝 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

双葉文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング