「松岡圭祐」おすすめ作品一覧

「松岡圭祐」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:松岡圭祐(マツオカケイスケ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1968年12月03日
  • 出身地:日本 / 愛知県
  • 職業:作家

1997年『催眠』で小説デビュー。同作はミリオンセラーにもなりシリーズ化されている。代表作は『千里眼』シリーズや『蒼い瞳とニュアージュ』シリーズ、『万能鑑定士Qの事件簿』をはじめとするQシリーズなど多数。『催眠』『千里眼』『蒼い瞳とニュアージュ』は映画化・ドラマ化されている。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/12/21更新

ユーザーレビュー

  • 万能鑑定士Qの事件簿 I
    シリーズ1巻

    松岡さんの本を初めて読みました。
    超面白い!

    今まで未読だったのを、後悔するくらいw


    莫大な知識を有する万能鑑定士、莉子と、
    主人公の出会うきっかけは、
    力士シール。

    莉子の天然劣等生キャラだった高校生時代から、
    鑑定士になるまでの過去も語られ、
    ありえちゃうかも、と思わせる...続きを読む
  • 水鏡推理
    文部科学省の一般職である「水鏡 瑞稀(みかがみ みずき)」。
    同じ一般職の「澤田 翔馬(さわだ しょうま)」。

    色々問題を起こす2人の異動先は、省内の不正を暴くタスクフォース。
    そこには、キャリアである官僚達。

    冷たい官僚達は、彼女の抜群の推理力と行動力で、少しずつ変わっていく。

    様々に仕掛け...続きを読む
  • 八月十五日に吹く風
    日本中の皆さんにお勧めしたい。戦時中の日本で、キスカからの脱出みたいな奇跡的なこと(霧を味方につけて脱出できたことも奇跡だし、キスカの5000人を見殺しにせずに助けに行こうという動きがあったことも奇跡)があったということは、なんだか後世の日本人として救われる思い。
  • 生きている理由
    相変わらず見事な展開に感動すら感じる。史実か否かを問う気にもならない。壮大なトリック(?)を毎回用意しつつも実は言いたいことはそんなことではなく、というのがすごい
  • 探偵の探偵III
    実写ドラマを先に見ているので、大筋知ってましたが、
    小説版の方がドキドキ感が全然違う
    正に松岡ワールド、面白すぎる!!、エグすぎる

    ドラマのラストまで辿り着いて、その先あるんねって事で
    続きを読みます

特集