「松岡圭祐」おすすめ作品一覧

「松岡圭祐」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

『八月十五日に吹く風』など既刊19冊30%OFF!松岡圭祐フェア

松岡圭祐最新刊『生きている理由』配信!『八月十五日に吹く風』など著者既刊19冊が30%OFF【10/13(金)~10/26(木)】

※セーフサーチを中またはOFFにすると、すべての作品が表示されます。

松岡圭祐 最新刊『生きている理由』配信中!

      • 生きている理由

        生きている理由

        NEW

        作家デビュー20周年記念作品!
        伝説の美女・川島芳子はなぜ男になったのか?史実の「はいからさんが通る」は危険で謎多し。滅び行く清の王女は国を去り、日本で川島芳子として育てられた。後に日本の大陸進出を邁進する闘士として、東洋のジャンヌ・ダルクと持て囃された彼女が、なぜ十代で女を捨てて男になると宣言し、「男装の麗人」に変貌したのか? 国家を巡る思惑の狭間で生きる少女の数奇な恋と運命。激動の青春篇!

既刊19冊が30%OFF!

プロフィール

  • 作者名:松岡圭祐(マツオカケイスケ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1968年12月03日
  • 出身地:日本 / 愛知県
  • 職業:作家

1997年『催眠』で小説デビュー。同作はミリオンセラーにもなりシリーズ化されている。代表作は『千里眼』シリーズや『蒼い瞳とニュアージュ』シリーズ、『万能鑑定士Qの事件簿』をはじめとするQシリーズなど多数。『催眠』『千里眼』『蒼い瞳とニュアージュ』は映画化・ドラマ化されている。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/13更新

ユーザーレビュー

  • 探偵の探偵III
    実写ドラマを先に見ているので、大筋知ってましたが、
    小説版の方がドキドキ感が全然違う
    正に松岡ワールド、面白すぎる!!、エグすぎる

    ドラマのラストまで辿り着いて、その先あるんねって事で
    続きを読みます
  • 八月十五日に吹く風
    第二次世界大戦下のキスカ島の奇跡とも呼ばれている
    当時のアメリカ軍に囲まれた日本軍約5000人ちょいを保護するため
    気象を予知し(当時最先端&自己流)見事に成功したあれです。
    「キスカ島撤退作戦」です。
    知らなかったけど三船敏郎が主役の映画もあったのね~
    しかしながら痛快というか最後まで爽やか…
    ...続きを読む
  • 黄砂の籠城(下)
    一気読み。面白くて止まらなかった。義和団事件って名前だけで全然詳しく知らなかったけど、こんな大変な事件だったんだ。その後の日露戦争のことを思うと櫻井とロシア兵に芽生えた友情が辛かった。
  • 八月十五日に吹く風
    終戦から2年前の1943年。北太平洋にあるキスカ島からの救出劇を描いた作品。
    すでに敗戦色が濃厚になりつつあり、特攻精神などが崇められていた時代にこのような史実があったとは…
    太平洋戦争については、南方での戦いが描かれる作品が多い中で、この北の大地の戦いは全く知らなかった。
    冒頭のアッツ島の全滅は悲...続きを読む
  • 水鏡推理6 クロノスタシス
    今回は、過労死がテーマ。
    現在進行形で、仕事に病み気味なので、かなり感情移入して読んでしまった。
    ただ、私の残業時間なんて、全然問題にならないくらいなので、比べて公務員ヤバイと感じます。

    今回も世相を反映しています。
    電通の過労死を彷彿とさせたり、これ2月発売なんですが、もうすぐプレミアムフライデ...続きを読む

特集