「松岡圭祐」おすすめ作品一覧

「松岡圭祐」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:松岡圭祐(マツオカケイスケ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1968年12月03日
  • 出身地:日本 / 愛知県
  • 職業:作家

1997年『催眠』で小説デビュー。同作はミリオンセラーにもなりシリーズ化されている。代表作は『千里眼』シリーズや『蒼い瞳とニュアージュ』シリーズ、『万能鑑定士Qの事件簿』をはじめとするQシリーズなど多数。『催眠』『千里眼』『蒼い瞳とニュアージュ』は映画化・ドラマ化されている。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/09/22更新

ユーザーレビュー

  • 瑕疵借り
    私は幼い頃から引っ越しが多かったせいか、物件や間取りを見るのが好きです。物件探しをしていると、前に住んでいた人はどんな人だったのか気になることは確かにあります。
    瑕疵借りのことは知っていましたが、この本を読むまでは良い印象はありませんでした。しかし、人は死ぬものだし、そこに至るまでに様々な物語がある...続きを読む
  • 八月十五日に吹く風
    なぜあまり知られていないのだろう?
    八月十五日と聞くと、日本人なら誰もが終戦記念日を思い浮かべる(最近は終戦記念日もピンとこない人たちが増えてる様子、怖すぎる)。
    でもその2年前、同じく八月十五日に起こった出来事がある。
    戦争があった時代に、こんなに人間味溢れる人たちが命を懸けて行った、日本人が日本...続きを読む
  • シャーロック・ホームズ対伊藤博文
    ライヘンバッハの滝に落下した後の「大失踪期間」、ホームズはなんと日本に密航していた!ロシアと一触即発状態の明治政府を救うため、あの伊藤博文とともに壮大な謎に挑む!――このあらすじを聞いただけでもワクワクさせる内容だが、法治国家の矜持を作中で語らせるなど、メッセージ性もある。なにより伊藤博文が超カッコ...続きを読む
  • 万能鑑定士Qの事件簿 VI
    莉子と雨森華蓮の出会う巻。万能贋作師の華蓮が次に手を出そうとしている贋作とは何か?莉子は華蓮の犯罪を未然に防ぐことができるのか。
    コミックで読んでいたエピソードだけれど、文章で改めて読むとまたおもしろい。普段あんまり反りがあっていない小笠原のことを葉山が励ますシーンにぐっときた。
  • 万能鑑定士Qの事件簿 V
    フランス旅行に向かう莉子と,莉子を心配してついてきた高校時代の恩師の喜屋武先生。そして高校時代の同級生のレストランで起こる事件を莉子は解決できるのか。
    喜屋武先生いいなあ。最初は莉子を心配してたけど、ちゃんと莉子のことを認めてくれたのが嬉しかった。
    動物愛護家にとってフォアグラという食べ物が与える影...続きを読む

特集