松岡圭祐の作品一覧

「松岡圭祐」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:松岡圭祐(マツオカケイスケ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1968年12月03日
  • 出身地:日本 / 愛知県
  • 職業:作家

1997年『催眠』で小説デビュー。同作はミリオンセラーにもなりシリーズ化されている。代表作は『千里眼』シリーズや『蒼い瞳とニュアージュ』シリーズ、『万能鑑定士Qの事件簿』をはじめとするQシリーズなど多数。『催眠』『千里眼』『蒼い瞳とニュアージュ』は映画化・ドラマ化されている。

無料作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2024/02/22更新

ユーザーレビュー

  • 高校事変 IV
    相変わらずのドンパチ。
    難しいこと考えず活字で楽しめるバトル。
    そして最後に黒幕登場。だんだん繋がってきた感じ。
    弟健斗がこの登場で終わってしまうのは悲しい。
    手作りのオカリナが切ない。
  • ウクライナにいたら戦争が始まった
    実録的小説と謳われているとおり、当事者への取材をもとに書き下ろされたフィクションではあるが、描写が実に生々しい。
    書評はさまざまで、題材としての賛否はもちろんある様子だが、戦争の生々しさや悲痛な体験は、こういった小説の力も借りながら後世に残していくべきだと個人的には思っています。
    そういった僕個人の...続きを読む
  • 瑕疵借り ‐‐奇妙な戸建て‐‐
    事故物件をロンダリングする職場、瑕疵借りのお話。しっかり謎が織り込まれたミステリーだった。話の展開や真相の解明などぐんぐん引き込まれて満足。面白かった。
  • JK
    物憂げな表情で座り込むセ−ラ−服の女子高生。この表紙の写真だけで思わず衝動買いした私。
    「この少女がどのように凌辱されるのか?」期待に胸を膨らませながら読み進む私。
    いよいよ肝心の凌辱シ−ン。獣と化した男共に荒々しく突かれまくるだけでエロくない。しかし一転復讐の為のバイオレンスシ−ンになるとこれでも...続きを読む
  • ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 II
    全然真相が見えてこない・・・これはもうお蔵入り?
    ってな雰囲気からの、怒涛の解決編へ
    にしても、まぁ、驚くべきほど、李奈だからこそって要素が的確で満載で
    ものすごく緻密で精巧な立体パズルを組み立てていくみたいな感覚に陥りましたな。
    ほんと最初は全然何が組み合わさるのか全く手つかず感でしたし
    途中も、...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!