ミッキーマウスの憂鬱ふたたび(新潮文庫)

ミッキーマウスの憂鬱ふたたび(新潮文庫)

649円 (税込)

3pt

東京ディズニーランドで清掃のアルバイトをしている、永江環奈。ある日、彼女はテーマパークの顔として活躍するアンバサダーになれることを知り、挑戦を決意する。不可能だと言われながらも、周囲の応援を受け、夢に向かって前進する環奈。迎えた選考会当日は雨、さらに園内で大騒動が発生して。知られざる〈バックステージ〉を舞台に、仕事、家族、恋、そして働く者の誇りを描く、最高の青春小説。(解説・藤田香織)

...続きを読む

詳しい情報を見る

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

ミッキーマウスの憂鬱ふたたび(新潮文庫) のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    シリーズ第二弾。
    といっても、単独で読んでも十分面白いですね。

    東京ディズニーランドで清掃員のバイトをしている、永江 環奈(19)。
    心の葛藤や家庭の不和など、悩み事は多々尽きぬ日々。
    そんなある日、テーマパークの顔とも言えるアンバサダーの募集を知り、挑戦することに。
    清掃員は不可能と言われながら

    0
    2024年03月20日

    Posted by ブクログ

    前作はもっと夢見てたかった奴、今作はもっと現実見させてもらってその社会の歯車になりたかった奴
    どっちも若いのの葛藤って感じがしておもしろかた

    0
    2023年12月19日

    Posted by ブクログ

    ディズニーランドで働く者の物語の続編。
    今度は清掃アルバイトの19歳、環奈が主人公。
    前作から10数年後が舞台となっており、表現も今風で、物語はフィクションだが妙にリアル。
    例えば、トヨタのヤリス、鬼滅の刃の禰豆子、ハリーポッターやインスタ映えに、コロナまで。
    前作主人公、後藤の登場は続編が故の魅力

    0
    2023年11月30日

    Posted by ブクログ

    個人的にこっちの方が刺さるお話でした。主人公がとにかく現代にありがちな女の子で心情とかの描写が繊細ですごく読み入りました。フィクションなのが信じられないくらい自然でリアルを感じる作品なのが素晴らしいです(^_^)!

    0
    2023年03月01日

    Posted by ブクログ

    前作も楽しませてもらったので、本作も読みました。

    前作より主人公の環奈に感情移入しやすく、読みやすかった。行動力があってすごい、、見習いたい。

    プロメテウス火山が噴火したら、猟師が来てるのかな?と疑っちゃうかも
    あと居残りゲスト事件とか実際にあったのかなと想像が膨らみました

    最後に環奈がカスト

    0
    2023年02月11日

    Posted by ブクログ

    松岡圭祐の『ミッキーマウスの憂鬱』の続編である。続編と言っても主人公は大輔ではなく、ディズニーランドのアンバサダーを夢見る少女、環奈である。

    環奈の役職は「カストーディアルキャスト」、掃除係である。仕事に大きなやりがいもなく、ランドの実情も隠される半ゲストという立場に辟易していた。そんな最中に舞い

    0
    2023年01月28日

    Posted by ブクログ

    ミッキーマウスの憂鬱の続編にあたる作品。
    前作の16年後で、だいぶ時代は進んだと言いますか、
    前作よりもSNSが発展し、スマホが普及している時代の物語。
    今回の主役は、カストーデュアルキャストに属する、
    永江環奈 19歳 高校卒業後に準社員(アルバイト)として面接し採用される。

    今作もお仕事小説で

    0
    2023年01月12日

    Posted by ブクログ

    主人公に勇気をもらえる作品。こんな青春してみたい。
    大好きなディズニーの裏側、どこまで現実なのか、夢なのか、想像しながら読むと面白い。
    前作の主人公が成長していて驚いた。

    0
    2022年12月03日

    購入済み

    おかえり!

    おかえり!と言いたくもなる、あの世界観が帰ってきた!!
    うれしい!!!

    前作を読んだのが青春真っ只中の学生時代でした。
    社会人になった今、改めてミッキーマウスの憂鬱の世界観に、フィクションのバックステージに入り込むことができて、思い出補正も加わって終始泣きそうになりながら読んでいました。
    ちょっと

    0
    2021年10月04日

    Posted by ブクログ

    中学のときに読んで大好きだった
    「ミッキーマウスの憂鬱の」続編。

    夢の国で働く主人公が夢を追いかけて
    悩みながらも進んでいく姿。
    キラキラとした夢の国と
    そこで働く人の現実の厳しさ…
    ギャップが刺激的でおもしろい。

    主人公が夢を追いかける中で、
    周りの人との関わりがすごくキーになっていて、
    やは

    0
    2024年04月24日

ミッキーマウスの憂鬱ふたたび(新潮文庫) の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

松岡圭祐 のこれもおすすめ

同じジャンルの本を探す