万能鑑定士Qの事件簿 I

万能鑑定士Qの事件簿 I

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

東京23区を侵食していく不気味な“力士シール”。誰が、何のために貼ったのか? 謎を追う若き週刊誌記者・小笠原は、猫のように鋭く魅惑的な瞳を持つ美女と出会う。凜田莉子、23歳──瞬時に万物の真価・真贋・真相を見破る「万能鑑定士」だ。信じられないほどの天然キャラで劣等生だった莉子は、いつどこで広範な専門知識と観察眼を身につけたのか。稀代の頭脳派ヒロインが日本を変える! 書き下ろしシリーズ第1弾!!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
シリーズ
万能鑑定士Qシリーズ
ページ数
275ページ
電子版発売日
2012年08月03日
サイズ(目安)
1MB

万能鑑定士Qの事件簿 I のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月28日

    人が死なないので安心して読めるミステリー。
    疲れた時に読むとちょうどいい。
    シャーロックホームズを女にしたバージョンて感じ。
    そのわりに小笠原とかいう片割れが無能すぎるので今後の成長に期待。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ときめきは無いが、面白い

    ときめきママ 2021年03月06日

    話題になった本だったと思い、試しに購入。最近は漫画系の軽い本ばかり読んでいたが、これは久々に違う次元の話で、心に食い込んできた。

    莉子の志すところがよく伝えられていたし、普通なら怖じ気づいてしまうところも、気を張って歩けるところがいい。
    人の為にどこまでも頑張れる姿勢は、胸を打つ。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月20日

    島一番の天然劣等生が万能鑑定士になるまでの過程がすごい!力士シール編、これからどう展開していくか楽しみです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月12日

    つい最近映画を見て興味がでて、手に取った。
    田舎の天然?女子が上京して、万能鑑定士になるまでのストーリーが面白かった。
    たくさんシリーズがあるみたいなので楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月26日

    シリーズ1巻

    松岡さんの本を初めて読みました。
    超面白い!

    今まで未読だったのを、後悔するくらいw


    莫大な知識を有する万能鑑定士、莉子と、
    主人公の出会うきっかけは、
    力士シール。

    莉子の天然劣等生キャラだった高校生時代から、
    鑑定士になるまでの過去も語られ、
    ありえちゃうかも、と思わせる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月16日

    凛田莉子という美人鑑定士が、スケールの大きな謎を、鑑定眼ひとつを武器に解決していく!
    作者の豊富な知識と無駄のない設定が、最後まで飽きさせず読みきらせてくれる。何よりも主人公が魅力的で、それだけでも読む価値はある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月16日

    最南端波照間島出身で高校までお馬鹿、容姿端麗凛田莉子。上京してリサイクルショップ社長に感動して覚えるやり方を教わり博覧強記の人に。ボンヤリ雑誌編集者とともに、まずは偽札事件に挑みます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月02日

    魅力的な主人公、深まる様々な謎。
    あっという間に読んでしまいました。

    莉子の生い立ちも面白い。

    色々と動き出しそうな2巻が楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月20日

    (試しに一冊読んで、面白かったらシリーズ全部見よう…)と読み始めた本。
    結果、早速本屋で大人買い(笑)
    鑑定眼が私には無いので、鑑定に至った経緯の説明が面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月29日

    綾瀬はるか主演映画の原作ということで購入(映画は観ていず)。作中の凛田莉子を描写した表現と綾瀬はるかのイメージが、天然系なところも含め良く合っていると思う。観察眼の鋭さが行き過ぎのような気もするが、物語のスピード感は良い。凛田の最初の事件への介入が日本の荒廃した風景につながるのだろうが、本シリーズが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

万能鑑定士Qの事件簿 のシリーズ作品 1~12巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~12件目 / 12件
  • 万能鑑定士Qの事件簿 I
    550円(税込)
    東京23区を侵食していく不気味な“力士シール”。誰が、何のために貼ったのか? 謎を追う若き週刊誌記者・小笠原は、猫のように鋭く魅惑的な瞳を持つ美女と出会う。凜田莉子、23歳──瞬時に万物の真価・真贋・真相を見破る「万能鑑定士」だ。信じられないほどの天然キャラで劣等生だった莉子は、いつどこで広範な専門知識と観察眼を身につけたのか。稀代の頭脳派ヒロインが日本を変える! 書き下ろしシリーズ第1弾!!
  • 万能鑑定士Qの事件簿 II
    550円(税込)
    『週刊角川』記者・小笠原は途方に暮れていた。わずか2日で、コンビニの弁当は数千円から数万円に、JRのひと区間は九千円以上になり、いくら金があっても足りないのだ。従来のあらゆる鑑定をクリアした偽札が現れ、ハイパーインフレに陥ってしまった日本。だが、まだ万能鑑定士・凜田莉子の鑑定がある! パーフェクトな偽札の謎を暴き、未曾有の危機から国家を救うことができるのか!? 書き下ろし「Qシリーズ」第2弾!
  • 万能鑑定士Qの事件簿 III
    人気ファッションショップで、ある日突然、売り上げが落ちてしまう。いつも英語は赤点の女子高生が、東大入試レベルのヒアリング問題で満点を取る。この奇妙な事象をともに陰で操っていたのは、かつてミリオンセラーを連発した有名音楽プロデューサー・西園寺響だった。借金地獄に堕ちた彼は、音を利用した前代未聞の詐欺を繰り返していた。凜田莉子は鑑定眼と機知の限りを尽くして西園寺に挑む。書き下ろし「Qシリーズ」第3弾!
  • 万能鑑定士Qの事件簿 IV
    550円(税込)
    希少な映画グッズのコレクターの家が火事になり、プレミア品の数々が灰になった。翌朝、やはりレア物のパンフレットやポスターを扱う店が不審火で全焼する。連続放火魔の狙いは、かつて全国規模でヒットを飛ばしながら存在を封印された1本の邦画だった。ミリオンセラー『催眠』の主人公、カウンセラー嵯峨敏也が登場、凜田莉子との初顔合わせを果たす。頭脳明晰な異色コンビが挑む謎とは? 書き下ろし「Qシリーズ」第4弾!
  • 万能鑑定士Qの事件簿 V
    550円(税込)
    お盆休みにパリ旅行を計画した凜田莉子を波照間島の両親が突然訪ねてきた。天然キャラで劣等生だった教え子を心配した高校時代の恩師・喜屋武先生が旅に同行するというのだ! さらにフランスで2人を出迎えたのは、かつて莉子がデートした同級生の楚辺だった。一流レストランに勤める彼は2人を招待するが、そこでは不可解な事件が起きていた。莉子は友のためにパリを駆け、真相を追う! 書き下ろし「Qシリーズ」第5弾!
  • 万能鑑定士Qの事件簿 VI
    550円(税込)
    町工場が作った洋服を、世界的に名の知れたショップに流通させられると豪語する女が現れた。雨森華蓮・26歳。海外の警察も目を光らせる彼女のもうひとつの顔、それは“万能贋作者”だった。彼女が手掛ける最新にして最大の贋作、MNC74とは何か。鎌倉の豪邸に招かれた凜田莉子を待っていたのは、不可思議にして目的不明な鑑定依頼の数々だった。莉子にとって最大のライバル現る。書き下ろし「Qシリーズ」第6弾!
  • 万能鑑定士Qの事件簿 VII
    純金が無価値の合金に変わってしまう〈逆錬金術〉の謎を追って、凜田莉子は有名ファッション誌のカリスマ女編集長に接近する。小説の盗作騒ぎから5億円のペンダント紛失まで、数々の事件を解決に導いた莉子の行く手に、最大の謎が出現した。沖縄・波照間島で育った無垢で天真爛漫な少女が知性を身に付け、いまやマルサにも解き明かせない秘密の真相解明に挑む。書き下ろし「Qシリーズ」第7弾!
  • 万能鑑定士Qの事件簿 VIII
    波照間島から凜田莉子に届いた突然の手紙。そこには「水不足問題は解消。寄付はもう必要ない」とあった。募金はまったく集まっていなかったはずなのに! 故郷に戻った莉子が見たのは、12億円で夢の発明を買えると信じ、無邪気に喜ぶ人々の姿だった。同級生の葵、結愛とトリオを組み、発明者のいる台湾へ向かうが、誰も彼の姿を見たことがないという……。莉子は故郷を救うため、台湾を駆ける! 「Qシリーズ」第8弾!
  • 万能鑑定士Qの事件簿 IX
    550円(税込)
    「これは贋作ではないか?」かつて、ルーヴル美術館で凜田莉子が『モナ・リザ』に抱いた違和感。その直感が、莉子の人生に転機をもたらす。37年ぶりに日本開催が決まった『モナ・リザ』展。そのスタッフ登用試験に選抜されたのだ! 鑑定士として認められた、初めての大舞台。莉子はこれまで培ってきた全てを注いで合格を目指すが、『モナ・リザ』の謎が襲いかかる。最大の危機、到来!! 「Qシリーズ」第9弾!
  • 万能鑑定士Qの事件簿 X
    550円(税込)
    凜田莉子は3年前のことを思い出していた。「万能鑑定士Q」を開業したものの、人を疑わない天然の莉子は騙されてばかり。身につけた知識を活かせず、経営も惨憺たる有様だった。見かねた恩人・瀬戸内陸は、門外不出の思考法を莉子に授ける。それは莉子の知性を飛躍的に高め、比類なき推理力を獲得させる重要なキーだった。莉子はなぜ、難事件を解決できるほど賢くなったのか。いま全貌があきらかになる。「Qシリーズ」第10弾!
  • 万能鑑定士Qの事件簿 XI
    550円(税込)
    わずか5年で京都随一の有名スポットになった音隠寺。そこは、あらゆる願いがかなう儀式で知られていた。京都に赴いた凜田莉子は、住職・水無施瞬によるトリックをほぼ見抜くが、決定的証拠を握れずにいた。止められない瞬は、次の話題づくりに安倍晴明の式盤を狙う。所在不明の式盤を密かに探し、盗むつもりだ。「国宝」にたどりつくのは莉子か瞬か? かつてない敵を相手に、究極の頭脳戦が始まる。「Qシリーズ」第11弾!
  • 万能鑑定士Qの事件簿 XII
    「『太陽の塔』を鑑定してください!」万能鑑定士Qに前代未聞の依頼が持ちこまれた。クライアントを追って大阪・吹田署の警部補が店に飛びこみ、牛込署の葉山も姿を現す。解明の急がれる重大な謎――『太陽の塔』に秘密の抜け穴は存在するのか。万博公園に赴いた凜田莉子を待っていたのは、正体不明の人物による鑑定能力への挑戦だった。知性のシンデレラ・ストーリー、いまここにクライマックスを迎える。Qの事件簿シリーズ第12弾!

万能鑑定士Qの事件簿 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング