ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ラノベ作家の杉浦李奈は、新進気鋭の小説家・岩崎翔吾との雑誌対談に出席。テーマの「芥川龍之介と太宰治」について互いに意見を交わした。この企画が
きっかけとなり、次作の帯に岩崎からの推薦文をもらえることになった李奈だったが、新作発売直前、岩崎の小説に盗作疑惑が持ち上がり、この件は白紙に。そればかりか、盗作騒動に端を発した不可解な事件に巻き込まれていく……。真相は一体? 出版界を巡る文学ミステリ!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2021年10月21日
紙の本の発売
2021年10月
サイズ(目安)
2MB

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年11月08日

    これが表面的な蘊蓄しかないとか言ってる人は、ほんとに本の知識がないよね。
    今回のは文学の知識がない人にもわかるようなストーリーになってるけど、知識がある人には幾つかの隠されたヒントがわかるようになってる。例えば井上靖の「ある贋作家の生涯」について、教授が論文を酷評したとのくだりがある。「ある贋作家の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月06日

    松岡さん。
    本当に色々なジャンルを書きますね。

    千里眼
    Q
    α
    ミッキーマウス
    高校事変
    etc

    今回は、芥川や太宰から最近のコンビニ人間などの文学論など、こんな話も書けるんだと愕きました。

    これも、シリーズ化するのかなぁ?
    と思って巻末を見たら、
    2021年12月21日に発売予定

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月16日

    今回は文学界の蘊蓄話。
    ラノベ作家が大ヒット作を出版し話題の新進気鋭の作家と対談する事に。それをきっかけに次回作の推薦文を書いてもらう事になったのだか、出版直前に盗作騒動が発生し頓挫。
    その後、盗作の疑いをかけられた作家が行方不明になり、成り行きで行方を探し、盗作騒動の謎を探ることになったのだが・・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月27日

    とりあえず続きに期待。

    読み始めた時、主人公はややヘタレのような感じだったけど、色んな事を調べるうちに最後は事件の犯人と立ち向かう。途中では精神科医より向精神薬を処方してもらってたのが終わりには人が変わったかのような状況。

    話自体は面白い視点だったな。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング