「司馬遼太郎」おすすめ作品一覧

司馬 看板

累計1,900万部突破の司馬文学代表作『坂の上の雲』が、ついに配信開始!

司馬遼太郎が10年の歳月をかけて書き上げた代表作がついに配信!

紙本累計発行部数ランキング

司馬遼太郎が描く「戦国時代」

司馬遼太郎が描く「幕末・維新」

司馬遼太郎が描く「大陸の歴史」

短編小説

エッセイ・紀行

プロフィール

  • 作者名:司馬遼太郎(シバリョウタロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1923年08月07日
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:小説家

大阪外国語学校卒業。代表作『梟の城』では直木賞を、 『国盗り物語』『竜馬がゆく』では菊池寛賞などの受賞をはじめ、数多くの作品を手がけ、多くの賞も受賞している。また、多くの作品がテレビドラマ化や映画化されている。『国盗り物語』、『功名が辻』などNHK大河ドラマになった作品も多い。1991年文化功労者に選出され、1993年には文化勲章を受章している。

作品一覧

2017/05/29更新

ユーザーレビュー

  • 竜馬がゆく

    安政の大獄での弾圧を発端とした一連の騒動から、井伊直弼が桜田門外の変で暗殺され、それを契機に竜馬は江戸から土佐に帰る事になる。
    土佐では武市半平太が土佐勤王党を樹立して土佐藩の転覆を目論む。
    しかし、もっと壮大な目で世界を捉えている竜馬は、武市半平太の攘夷の考え方に賛同できずに、脱藩を図り袂を別つ事...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 項羽と劉邦

    運と仁徳で天下を取った劉邦。
    能力が高いだけでは、大きなことは成し遂げられないのだろう。

    個人的には、政治は全くダメだけど、軍事能力は抜群の韓信が興味深かった。
    政治が苦手なら、外交は有用な部下に任せるべきなのな。

    堕ちてゆく項羽を見るのは、なかなか切なかった。

    Posted by ブクログ

  • 国盗り物語

    信長と光秀の物語の完結。浅井朝倉攻略~本能寺を一気に描いている。坂の上の雲に引き続きの司馬作品だが、こちらも時代を事例にしたマネジメント関連本を読んでいる気になり大変楽しい内容。
    いつの時代も革新的なことを起こすのには既存の概念にとらわれない大胆な発想と行動力。
    慣習や先例にとらわれず、延暦寺までを...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集