ペルシャの幻術師

ペルシャの幻術師

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

十三世紀、モンゴル軍に占領されたペルシャ高原の街メナム。そこにはモンゴル軍の司令官、大鷹汗ボルトルからの求愛に悩む美姫、ナンの姿があった。ある日、ナンは市場で青い衣をまとった不思議な人物、アッサムに出会った。アッサムは幻術によって、ナンにこれまでにない快楽を味あわせ、さらにボルトルをもその術中に陥れていく。初めて司馬遼太郎の筆名で書かれた幻のデビュー作である表題作など初期の作品全八篇を集めた短篇集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2016年05月13日
紙の本の発売
2001年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ペルシャの幻術師 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年12月07日

    司馬先生は、モンゴルと坊様の煩悩がお好きらしい。

    とび加藤と果心居士という幻術的忍者の話は面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月04日

    短編集 8作品中3作品は新潮文庫の「果心居士の幻術」と被る。ペルシャの幻術師、コビの匈奴、兜率天の巡礼、下請忍者、外法仏は初。

    磯貝勝太郎氏の解説で、またまた改めて知る司馬遼太郎さんがありました。外語大のモンゴル語、何で? 以前から疑問でした。司馬氏が生まれたのは、奈良県北葛城郡當麻町竹内。磯貝氏...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月16日

    年取って説教ばかりになった司馬遼太郎だが、さすがにデビュー作ともなるといい意味で生硬というか、あまり”らしさ”が感じられない。かといって、最盛期の人物表現の上手さ(秀吉など他の作家の物を読むと、性格が違うだろうと考えてしまうほど、遼太郎の描く人物像が定着してしまう)も無い。
    特に飛びぬけたものも無...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月12日

    『兜率天の巡礼』ではキリスト教の異端として、5世紀東ローマ帝国の首都コンスタンチノーブルを東に逃れる一派についての記載がある。彼らは、ペルシャを経てインドへ入り、インド東岸から陸路で中国沿岸をつたいつつ東海の比奈ノ浦へ流れ着いた。兵庫県赤穂郡比奈ノ浦には大避(ダビデ)神社現存する。仏教よりはやく古代...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月15日

    やはりチンギスハンを描くと井上靖的になってしまう。
    そちらの印象が強烈すぎる。
    兜卒天の巡礼はぶっ飛んでる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月25日

    「ペルシャの幻術師」千夜一夜物語を読んでるようだ。忍者もの短編は、他の文庫にも入っている。11.2.24

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月04日

    司馬遼太郎のデビュー作となる表題作を含む短編集。
    チンギス・ハーンの元帝国、ネストリウス派キリスト教(景教)の
    一族の末裔、戦国時代伊賀の下忍の村など、その膨大な資料に基づく
    歴史的背景の描写に圧倒される。
    洋の東西を問わず、幻術というモチーフを軸にさまざまな物語を紡ぎ出している。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年10月14日

    「ペルシャの幻術師」
    外大で蒙古語を学んだというモンゴルびいきのモンゴル小説が読めるのかと思いきや、ナンの目から見たモンゴル人の描写が容赦なくてこう、いたたまれなくなってくる。ちびで粗野で、かっこいいはずの騎馬での戦闘もナンから見れば野蛮なだけで、殺すことしか楽しみを持たない幼稚な馬鹿。その上、色恋...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています