木曜島の夜会
  • ptバック

木曜島の夜会

作者名 :
通常価格 540円 (491円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

218pt

  • 40%ポイントバック

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

オーストラリアとニューギニアの間にあるトレス諸島。その中のひとつ、木曜島では、明治時代から太平洋戦争前まで、海底にいる白蝶貝を採るために日本人ダイヴァーが活躍していた。サメの恐怖、潜水病との戦いに耐えつつ、異国の海に潜り続けた男たちの哀歓と軌跡から日本人を描き出した表題作他、吉田松陰と奇縁を持ちながらついに立身出世を果たしえなかった富永有隣を描いた「有隣は悪形にて」など歴史短篇三篇を収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2016年05月13日
紙の本の発売
2011年08月
サイズ(目安)
1MB

木曜島の夜会 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年09月10日

    木曜島はオーストラリア北端の海に浮かぶ小さな島。ここに明治から第二次大戦前にかけて紀伊半島から多くの日本人が出稼ぎに行った。仕事は貝漁。潜水病やサメに襲われて命を落とす者も少なくなかったが、給料は抜群だった。無事帰ってこれれば豪邸が建ったという。小説というより紀行文。街道をゆくシリーズに近い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月27日

    「木曜島の夜会」1976「有隣は悪形にて」1972「大楽源太郎の死」1972「小村某覚書」1967の4篇。
    分量的にも、なんと言っても読ませるのは「木曜島の夜会」。ほかは、可も無く不可も無く、それ目当てに買うような商品では無い。
    1976というともう司馬遼太郎的には「長編小説晩年」とでも言うべき時期...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月11日

    木曜島の旅行記と、幕末に過ごした人物に関する3つの小編。木曜島の話は、かつて、南海の孤島に繰り出した、こんな日本人が少なからずいたことに驚いた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月04日

    木曜島の夜会
    司馬作品では歴史紀行物として、ただ題材が近親者の歴史である点が異色ではあるが、明治から昭和にかけての潜水夫の過酷さ、心意気などに興味が湧き、楽しんで読めました。心細い手かがりを手繰り、よくも交通の便が悪い木曜島まで出向きましたね。比較的最近の話なだけに現在が気になるところです。潜水夫た...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月08日

    太平洋戦争前にこんなに遠くまで、主に紀伊半島の人々が貝の採取のため、出稼ぎにきてダイバーとして活躍していたとは全く知らなかった。西洋人より中国人より日本人が最もダイバーに適していた。それは金だけではなくプライドでモチベーションを保って狩猟に対する情熱を燃やすからだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月04日

    明治から太平洋戦争勃発期にかけて、オーストラリア北部の離島木曜島では高級ボタンの材料とされる白蝶貝を採るべく日本人ダイバーが活躍していた…

    インタビューを元に当時の記憶を活き活きと切り取った取材録。日本版「老人と海」とも言える。

    安全かつ高給な「親方(今でいう現場監督?)」ではなく、サメや潜水病...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月04日

    木曜島の存在を知らなかった。そこで日本人が白蝶貝の採取で大きな能力があり多勢働いていた事実などに驚いた。寡黙で優しい昔の日本人に懐かしい感覚や誇りを感じた。二編目目の富永有隣、三編目の大楽源太郎は自己保存の異常に強い性格が吉田松陰の明るさを逆に際立たせた感じがする。しかし、可哀想な生涯でもあったと思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています