横山秀夫の一覧

「横山秀夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:横山秀夫(ヨコヤマヒデオ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1957年01月17日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

国際商科大学(現在の東京国際大学)商学部卒。1998年『陰の季節』で小説家デビュー。同作は第5回松本清張賞を受賞。代表作 『半落ち』、『クライマーズ・ハイ』、『出口のない海』などは映画化もされている。他に『臨場』、『64』など多数の作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/11/27更新

ユーザーレビュー

  • 出口のない海
    「魔球を打つ」という夢を持った並木が、なぜ特攻隊に志願したのか。
    志願したあとの心の移り変わりがとても面白かった。
    死にたくないと強く思う時期、受け入れる時期、最後は悟りを開いたような心情。

    死ぬ事が分かっていても魔球を諦めない並木に切なくなった。
    作中、並木は自分の事を弱いと言っていたが、私は沖...続きを読む
  • 半落ち
    生きるって大変で、誰かのためにが原動力になると感じた。梶もそうだったけど、周りの人も応えたいと感じたから動かされていた。
    守りたいものが自分にはあるのかな。
  • 第三の時効
    友人からお借りしました。

    警察小説って普段あまり読まないのですが、切り口が多彩でとても面白かったです!
    6つの短編集なのですが、登場人物は同じ警察署内のそれぞれの班で起こる事件を題材にしており、一冊読み終わるころには警察内部の人間関係や刑事の人物像もわかってきて、ひとりひとりにとても親近感がわ...続きを読む
  • クライマーズ・ハイ
    半落ちと合わせて強く印象に残ってる。
    読んだ本をことごとく忘れてくタイプだけど、ぼんやりと覚えてる。
    日常ではあんまりマスコミのことよく思わないことが多いけど、報道の裏側ってこんなにも壮絶で、ドラマがあるんだって驚かされた。

    本当に面白い。

    もう一度読まないといけない本
  • 半落ち
    力強い仕事の話という印象のクライマーズハイと比べると、人間の内面的な部分を強く感じたような覚えがある。
    これももう一度読みたい。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!