横山秀夫の一覧

「横山秀夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:横山秀夫(ヨコヤマヒデオ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1957年01月17日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

国際商科大学(現在の東京国際大学)商学部卒。1998年『陰の季節』で小説家デビュー。同作は第5回松本清張賞を受賞。代表作 『半落ち』、『クライマーズ・ハイ』、『出口のない海』などは映画化もされている。他に『臨場』、『64』など多数の作品を手がける。

作品一覧

2022/03/09更新

ユーザーレビュー

  • 第三の時効
    表面では抗争しつつも、その下では通じている班長達が良かった。
    特に第三の時効は急な展開に振り切られた。
  • ノースライト(新潮文庫)
    横山秀夫作品は自分の知る限り刑事物、記者物が多くて、テーマが
    建築となるとどうなるんだろう…?と思いながら読み始めたけど、やっぱりとんでもなくよかった!

    建築は美術史学の中でも重要な一角を占めるほどの芸術性もありつつ、実用にも耐えなければいけないということや、バブルという強烈な波、そしてブルーノタ...続きを読む
  • 64(ロクヨン)(下)
    このストーリーを予想できる人がいるのだろうか?本当に驚いた。こんなにも長いのに続編が読みたくて堪らない。
  • 動機
    1.動機 は良かったです。警察手帳の紛失対策として一括金庫に付いては掘り下げてなかってが、紛失の調査、原因、発見に至る、誰も処分されない所が、作家 ミステリー作家の所以か?
    署内で一括保管される三十冊の警察手帳が紛失した。犯人は内部か、外部か。男たちの矜持がぶつかりあう表題作(第53回日本推理作家協...続きを読む
  • 64(ロクヨン)(下)
    主人公が苦しい立場に有りながら、自分の立ち位置を再確認し、自分のやるべき仕事をすると決意してから本当に格好良かったです!
    登場人物は映画のキャスティングを参考にして脳内で想像してたので、映画の佐藤浩市さんの三上も見てみたくなりました。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!