動機

動機

作者名 :
通常価格 629円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

KADOKAWAコミックエッセイが最大半額!

作品内容

『64』で話題沸騰! 横山秀夫の警察小説の原点!

署内で一括保管される三十冊の警察手帳が紛失した。犯人は内部か、外部か? 男たちの矜持がぶつかりあう。表題作(第53回日本推理作家協会賞受賞作)ほか、女子高生殺しの前科を持つ男が、匿名の殺人依頼電話に苦悩する「逆転の夏」。地方新聞の警察担当記者が主人公の「ネタ元」、公判中の居眠りで失脚する裁判官を描いた「密室の人」、珠玉の四篇を収録。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2014年08月12日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年10月31日

面白い!四編すべてが面白い!
題材としては決してショッキングな内容ではないにもかかわらず、ここまでのハラハラドキドキ感を味わえるとは…。
すっかりこの人のファンになってしまったなあ。
横山作品未読の方には最初の一冊としてオススメです!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年03月11日

短編4つですが、どれもレベルが高く、読んで満足でした。さすが横山さんの心理描写は引き込まれます。自分は「動機」がやはり面白かったと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月07日

短編集とは思えない程の重厚感のあるお話。
「逆転の夏」は特に深く読み応えのある内容だった。
なんとも不可思議な事柄が繋がっていく様と主人公が陥っていく穴が独得の雰囲気を醸し出していて
深読みしながら読み進めるのも楽しかった。

影の季節を読み落としていたのは
痛恨の極み。
すぐに読まなくては。。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月25日

初期の短編集だけど、やっぱりこれもすごく美味。ちょっと立て続けに横山秀夫を読んでみたけど、やっぱり面白いもんは面白いですわな。殺人依頼のやつとか、結構スリリングで、ミステリとしての読み応えも十分でした。警察手帳大量紛失の真相とか、居眠り裁判官の理由とか、他の作品群も軒並み高品質。まだまだ他の作品を読...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月22日

タイトル通りの動機を題材にした短編4作。

気の迷いから女子高生と関係してしまい、脅迫されかけて動転し、持っていた傘で刺し殺してしまった山本。12年の刑期を終え、過去を誰にも知られぬよう葬儀屋で働いていたのだが、突然「ある人間を殺して欲しい。あなたならできる」という電話を受ける。

4編中一番長い「...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「動機」に関連する特集・キャンペーン