震度0

震度0

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

阪神大震災が起きたその朝、700キロ離れたN県警で幹部の一人、警務課長の不破義仁が失踪した。人望も厚い筆頭課長がなぜ? 組織を大きく揺るがしかねない事態に、本部長以下幹部らはそれぞれに手がかりとなりそうな情報を調べるが、保身や対抗意識から駆け引きや情報戦の応酬に陥ってしまう。不破の安否はおろか、蒸発か事件かも判らぬまま時間が過ぎ――。組織と個人の本質を鋭くえぐる本格警察サスペンス。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
ページ数
412ページ
電子版発売日
2011年02月25日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2012年11月28日

    2006年の『このミス』3位作品。
    いや~、やっぱり横山秀夫さんの作品は面白いね~。
    もう一気に読んじゃいました。
    『クライマーズハイ』もそういえば一気に読んだよ。
    で、読み終わった後の読後感が良かった。
    なんかでっかい長編を一気に読み終えたこの感じが好き。

    このね~、事件や被災の陰に見栄隠れする...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月03日

    通常では1方向からのフセンだけど、この小説は多方向から多数のフセンがはられていて、それに乗っかって様々な人間心理が絶妙に描写されていた。
    よくこんな複雑な小説が書けるなあ、とえらく関心してしまった!!

    おもしろい!!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月02日

    凄い。警察内部ってこんなんなの?!って思わず口にしてしまいました。細やかな人間関係の描写が見事でした。すらすら読んでしまい、終わりが惜しかったくらいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月24日

    推理小説と言うより、警察小説なので自分たちには縁遠い、キャリア組、ノンキャリア組の保身や出世欲、退職後の天下り先の事情まで…なかなか興味深かったです。
    また、それぞれの奥様方が、それぞれに腹の探り合いをしているあたり、警察だけでなく民間会社の社宅の様相も見えてきたりして。
    阪神大震災との対比は意味の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月01日

    阪神淡路の震災時にN県警で起きた警務部長の失踪事件。組織保身と自己保身を第一義として行動する警察幹部たち。遠くで起きている震災に対して無関心で、失踪した部長の安否をもないがしろにしている。堀川の真摯さのみに救われる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月02日

    WOWOWでドラマを観たから内容は知っていたけれど、それでも面白かった! 登場人物が多くて結構混乱したが、ドラマの役者の顔を思い浮かべて乗り切った。主人公上川隆也や國村 隼、平山あやなんかは、すぐ思い出せたんだけど、倉本や間宮役の顔が思い出せない。間宮なんてどうしても塚地武雅の顔が浮かんじゃうし(笑...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月29日

    横山作品の中では印象に残る作品であったと思う。
    人間関係、警察内部での人物の相関関係等、非常によく書けているなと感じた。
    読んでいて東野圭吾の「幻夜」に何となく感じが似ている気がした。
    楽しめる作品であった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月25日

    N県警の警務課長が失踪した。その真相を疑心暗鬼になりながらも追っていくN県警の6人の幹部の物語・・・。

    面白かった!長編だけど飽きさせない展開はさすが横山秀夫。この人の警察小説はハズレが無い。本書でも6人の幹部の心理を非常にきめ細かく描き込んでいる。保身と縄張り意識等の描写も、読んでいて退屈させな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月13日

    少しだけレビュ見て、タイトルとあまり関係ないと知って読んだが、本当に地震とは全く関係なかったw 似たような部署名がころころ入れ替わり、部署の役割と人物像が特定できるまでは難しいが、後半わかってくるとそれぞれの思惑と情報戦のやり取りは面白く読めた。警察だけでなく、一般の企業でも似たような大きな所で派閥...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月20日

    おっさんたちかっこよすぎます。
    ハラハラしてページをめくる手が止まりませんでした。
    私的に、はずれのない貴重な作家さんです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

震度0 に関連する特集・キャンペーン