【感想・ネタバレ】震度0のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年11月04日

2017年51冊目。
これこそ横山秀夫とも言うべき作品。
最初は役職名と人物像を一致させるのに必死だったけど、それぞれの心理描写が丁寧でどんどん引き込まれ、あっという間に読破。
それにしても県警トップが揃いも揃ってこんなかぁ・・と冷静に考えるとどうしようもない屑だらけで嫌になった。
最後どうなったん...続きを読むだろう・・。
「見て見ぬふりをしない」を貫けたのか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月28日

2006年の『このミス』3位作品。
いや~、やっぱり横山秀夫さんの作品は面白いね~。
もう一気に読んじゃいました。
『クライマーズハイ』もそういえば一気に読んだよ。
で、読み終わった後の読後感が良かった。
なんかでっかい長編を一気に読み終えたこの感じが好き。

このね~、事件や被災の陰に見栄隠れする...続きを読む幹部たちの駆け引きや思惑、そしてその幹部たちの妻たちの嫉妬やエゴの何とも言えないドロドロしさ。すっごいね。
そういう背景に課長の失踪事件が絡んでくるんで、もうね、目が離せないの。
最後はね、ちょっと可哀想な事件の真相が分かって何ともやりきれなかった。
で、最後の県警幹部がどう持って行くかはちょっと有耶無耶になってるのが惜しい気がした。
でも面白かった~!!

私はやっぱりこういう本格的な長編が好きだな~。
また、横山さんの本読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月03日

通常では1方向からのフセンだけど、この小説は多方向から多数のフセンがはられていて、それに乗っかって様々な人間心理が絶妙に描写されていた。
よくこんな複雑な小説が書けるなあ、とえらく関心してしまった!!

おもしろい!!!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月02日

凄い。警察内部ってこんなんなの?!って思わず口にしてしまいました。細やかな人間関係の描写が見事でした。すらすら読んでしまい、終わりが惜しかったくらいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月24日

推理小説と言うより、警察小説なので自分たちには縁遠い、キャリア組、ノンキャリア組の保身や出世欲、退職後の天下り先の事情まで…なかなか興味深かったです。
また、それぞれの奥様方が、それぞれに腹の探り合いをしているあたり、警察だけでなく民間会社の社宅の様相も見えてきたりして。
阪神大震災との対比は意味の...続きを読むあるものだと思います。
やはり、横山秀夫作品は好きです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月01日

阪神淡路の震災時にN県警で起きた警務部長の失踪事件。組織保身と自己保身を第一義として行動する警察幹部たち。遠くで起きている震災に対して無関心で、失踪した部長の安否をもないがしろにしている。堀川の真摯さのみに救われる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月02日

WOWOWでドラマを観たから内容は知っていたけれど、それでも面白かった! 登場人物が多くて結構混乱したが、ドラマの役者の顔を思い浮かべて乗り切った。主人公上川隆也や國村 隼、平山あやなんかは、すぐ思い出せたんだけど、倉本や間宮役の顔が思い出せない。間宮なんてどうしても塚地武雅の顔が浮かんじゃうし(笑...続きを読む)。もっかいドラマの録画観直そう。(2012-07-15L)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月29日

横山作品の中では印象に残る作品であったと思う。
人間関係、警察内部での人物の相関関係等、非常によく書けているなと感じた。
読んでいて東野圭吾の「幻夜」に何となく感じが似ている気がした。
楽しめる作品であった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月25日

N県警の警務課長が失踪した。その真相を疑心暗鬼になりながらも追っていくN県警の6人の幹部の物語・・・。

面白かった!長編だけど飽きさせない展開はさすが横山秀夫。この人の警察小説はハズレが無い。本書でも6人の幹部の心理を非常にきめ細かく描き込んでいる。保身と縄張り意識等の描写も、読んでいて退屈させな...続きを読むい筆致。人が何人も死んだり大きな事件が有る訳ではないのに、一人の警務課長の失踪を軸に、ここまでストーリーを展開できるとは・・・。

個人的には、警務部長の若奥さんが「?」な存在だったけど、余裕の☆4個。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年10月09日

警察内部のキャリラノンキャリの抗争。
警察情報に詳しくないとなかなか難しい小説

終わり方が自分は気に食わなかった。

映画もあるらしい

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年08月03日

結構すきでした。終わり方がちょっと気にくわないけど、途中まですごく気合いが入った感じがよかった。久しぶりに本を読んですごく楽しかった。なんかまともなことが書けなくて残念だけどそんな感じ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月13日

少しだけレビュ見て、タイトルとあまり関係ないと知って読んだが、本当に地震とは全く関係なかったw 似たような部署名がころころ入れ替わり、部署の役割と人物像が特定できるまでは難しいが、後半わかってくるとそれぞれの思惑と情報戦のやり取りは面白く読めた。警察だけでなく、一般の企業でも似たような大きな所で派閥...続きを読むとかあると似たような事になるんでしょうね。奥さん達が怖いです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月20日

おっさんたちかっこよすぎます。
ハラハラしてページをめくる手が止まりませんでした。
私的に、はずれのない貴重な作家さんです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月02日

実に読み応えのある警察小説だ。
私たち門外漢にとっては、作中に描かれている警察幹部たちの姦計や策略がどれほどリアルなものなのか判断はつかないが、そんなことは抜きにしてどっぷりとのめり込めるほどに構成力が高い。
ただ、「半落ち」を読んだ際にも思ったけど、この人の小説は時としてオチが弱いことがある。
...続きを読むの作品の場合も、いかにもミスリードっぽい伏線が中途半端に活きていたりして、よく出来たミステリーがもたらす、相応の驚愕を伴いながらもストンと腑に落ちる読後感、のようなものはちょっと足りなかったように思う。
にも拘わらず、全体としては傑作であると感じさせる技術が凄いんだけど。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年05月11日

【震度0】 横山秀夫さん

近畿地方で大地震が起きた。神戸は震度6と発表があった。

被害者の数はうなぎのぼりに増えていく。
関東のN県警も、いつ出動命令が出てもいいように応援体制を
整えなくてはならない。

そんな最中、人事を司る警務課の筆頭課長が突如失踪した。
人望の厚かった警務課長突然の失踪は...続きを読むN県警の幹部にとって
は大問題だった。

この事件が出世への失点と捉えるキャリアの部長。
退官後、天下りの青写真が消えると心配するノンキャリアの部長。

各々の幹部が地震の対応もそこそこに、すねの傷を隠しつつ、
腹を探り合い、駆け引きを繰り広げる。



お互いの保身と出世のために警務課長の失踪をひた隠しにする幹部たち。
自らの保持している情報を隠匿し、他者の情報を盗もうとする一種の権力闘争。
そこには警察官としての正義は無い。

読みやすい本でした。(^^)v

 

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月16日

面白かった。☆5にしようかとも思うがもっとすごいのに出会ったときのために取っておこう。誠実で他からの信頼も厚いひとりの警察幹部が阪神淡路大震災の朝失踪する。その失踪によって危うい均衡の上に成り立っていた県警警察幹部たちのバランスが崩れていく。徐々に明らかになる地震の被害と同じように誠実な人間のとった...続きを読む不可解な行動によってそれに係わる警察幹部たちとその妻たちの隠れた野心や欲望や思惑が明らかになっていく。これは「半落ち」のときと同じようにその失踪の謎を明かす物語とともに周りの人間たちの話なのだ。最初人物がすんなり把握できなくて、これってどんな人だったけ、どんな家族がいたんだっけと戸惑うのだが、だんだんそれが判ってくると警察内部だけではなく社宅の人間関係というか損のものが重要な位置を占めていることがわかりどんどん引き込まれる。そして圧巻は最後のオチに在る。ああこれはもしやと推理していた人も多いかもしれないが、その失踪の謎が解けたとき警察幹部たちが選んだ道。それぞれがそれぞれに思い十字架を背負い込んでしまった。最後に堀川が電話したとき本部長が電話で話していたのは誰だろう。誰からかけたのだろう。そうこの物語の鍵は電話だ。電話が重要な効果を上げている。特に警電が。みんなにオススメしたい本です。2006・8・5

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年03月09日

阪神淡路大震災の当日、被災地から700kmはなれたとある県警で警務課長が消えた。
腐りかかった上層部に、読んでてゲンナリします。この惨事も、同僚の危機も、響かないんかい?
ストーリーは腹立つが、横山さんなので、面白く読ませます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月23日

一人の警察幹部が失踪し、その周りで起こる様々なやり取り。

横山ファンとしては少し物足りなさを感じました。
けれど、相変わらずこの人は心の闇を描くのが上手。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月23日

警察内部のドロドロした権力争いを描いた小説。

一人の失踪が、ここまで沢山の人の心を複雑化させてしまうのか・・・。
奥深いかけひきが沢山繰り広げられます。



阪神淡路大震災の起きた日に、遠く離れたN県警で起きた失踪事件。
最後まで読んでいけば、
なぜ「震度0」なのか、理由がわかりま...続きを読むす。


「半落ち」ですっかりハマってしまった著者。
なかなかスリルがあって面白かったのだけど、
最後は、もうちょっと畳み掛けてほしかったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月07日

阪神大震災のときに起こった関東での警察小説。
最初はどのように阪神大震災と関係するのかわからなかった。途中である程度わかってきたけど、納得感はあまりなかったかな。
警察小説としては、普通の面白さだっけど、事件を追い続けるストーリーのほうが好きだな。
今回は不祥事関連の話が多かったと思う。

このレビューは参考になりましたか?