臨場

臨場

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

臨場――警察組織では、事件現場に臨み、初動捜査に当たることをいう。捜査一課調査官・倉石義男は死者からのメッセージを的確に掴み取る。誰もが自殺や病死と疑わない案件を殺人と見破り、また、殺人の見立てを「事件性なし」と覆(くつがえ)してきた。人呼んで『終身検視官』――。組織に与せず、己の道を貫く男の生き様を、ストイックに描いた傑作警察小説集。全8編。テレビ朝日系ドラマ原作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
ページ数
354ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2018年06月17日

    コナンとかではあまり登場しない検視官。あまり馴染みがないから、読んでいてとても新鮮だった。この物語は検視官・倉石義男を中心として進む。愛想がなくて、口が悪いのにいろんな人に尊敬されているのは、卓越した検視の能力があるからだろうな…。でも、たまに情に厚いところがあってそこもいいところなんだろうなと『黒...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月25日

    おいおい、かっこいいな、このおっさんは。かっこいいおっさんは割と好きだ、ていうか大好きじゃないか。なんかイチイチ出木杉君な気もするけど、まぁたまにはこういうのも良いよね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月21日

    やっぱおもろいな~、横山秀夫。始めのうち、短編集よりも、やっぱり長編作品でこそ遺憾なく発揮される魅力があるよな~、とか思いながら読んでいたんだけど、全く甘かったです。それぞれの短編にギュッと濃縮されたドラマがあって、遊び人で職場では浮いた存在だけど、超キレ者っていう主人公のキャラ設定もまた魅力的で、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月28日

    面白い!
    職場の読書家の先輩が
    「横山秀夫にはずれ無し」と
    言っていたが・・・確かにうなずける。

    死因が分からないような最後は
    迎えたくないけど
    もし万が一の時はこういう人達に
    正しい眼で検死して貰いたい。
    と思える話である。

    頼もしい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月20日

    2020(R2)8.13-8.20

    『64』以来の横山秀夫。骨太で重厚な物語を求めて読み始めたのだが、短編集だったことに驚きと少しの安堵。

    と思ったら、なんのなんの!
    “終身検視官”の異名を持つ倉石という検視官を、短編集を貫く主人公に据え、それぞれの短編ごとの主人公との関わりを通して、物語のスケ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月30日

    本作は読むより前に、以前、テレビドラマで見た。もともと刑事が犯人を追い詰め、ときには銃撃戦となる派手な刑事ドラマが大好きなのだが、その後、警察ドラマは科学的なテーマにシフトしていった。その一角を担っていた(と思っているが)「臨場」は、事件現場のありとあらゆるモノを手掛かりに、事件の真相を暴いて見せた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月11日

    臨場-警察組織では、事件現場に臨み、
    初動捜査に当たることをいう。

    操作一課調査官・倉石義男は
    死者からのメッセージを的確に?み取る。

    誰もが自殺や病死と疑わない案件を殺人と見破り、
    また、殺人の見立てを「事件性なし」と覆してきた。

    人呼んで、「終身検査官」。
    組織に与せず、己の道を貫く男の生...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月10日

    捜査一課調査官の倉石は、初動捜査において死者からのメッセージを的確に掴み取る。
    事件の真相を看破し、鑑識ネタでホシを挙げ、検視の現場では目から鱗の見立てをする。

    このハードボイルドちっくな、己の道を貫く倉石が関わる物語が短編で綴られている。

    短編嫌いな私には、1つの話が短すぎて悲しいところだが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月03日

    読み終えてシリーズ物かどうか知りたくなった。
    短編集で読みやすいが、一話一話に重みがある。
    倉石検視官のクール過ぎる表面の内側にある熱い情熱が、部下や同僚、そして上司達にも伝わって人望を構築している。
    なかなかのハードボイルド作品だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月13日

    横山秀夫の警察小説短編集。
    「終身検視官」の異名を持つ捜査一課調査官:倉石の活躍を、8篇の連作短編で描いています。
    今回も角度の違った世界観で、読ませます。

    ちなみに・・・私、この作品を読むまでまで「検視官」を「検死官」だと思ってました(^_^;)

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています