「西尾維新」おすすめ作品一覧

「西尾維新」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:西尾維新(ニシオイシン)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本
  • 職業:作家

立命館大学中退。『クビキリサイクル』で第23回メフィスト賞を受賞してデビュー。戯言シリーズは高く評価され、『このライトノベルがすごい!2006』では1位に。『めだかボックス』は原作を担当。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/09/15更新

ユーザーレビュー

  • 悲鳴伝
    ストーリーはひたすら残酷で後味も悪いし、登場人物が狂ってるやつばかりで気味が悪いです。でも西尾維新らしさが全開で、面白くて分厚い本書をあっという間に読み終えてしまいました。続きも読みます。
  • 緑衣の美少年
    生徒会室での、フランス革命みたいな格好をした眉美と長縄さんの会議が、絵面を想像するとなんだかおかしい。眉美視点でのメンバー5人のアイディア合戦が楽しめる。推理小説における推理合戦みたいな。
  • 化物語 1巻

    作画担当の技量が凄い

    内容は既に原作やアニメで知っていたが、コミック化して改めて読むと、よりストーリーが分かります。
    作画担当の技量が凄まじさを感じる位高いのでファンは無論、未だ化物語を知らない人も読む価値が有ります。
  • 化物語 2巻

    改めて化物語が面白いです。

    アニメから見て、あまりの面白さにBlu-ray買い、小説も読み、他に色々と関連商品探したものです。
    でも、いつごろか飽きており、続編の小説読んでも、内容知ってるアニメ見ても、どこかつまんないと思っておりました。
    大暮維人さんが化物語か~とぐらいの気持ちで買いましたが、漫画と化物語がマッチしてるし...続きを読む
  • 宵物語
    西尾維新の物語シリーズ。
    あららぎくんの大学一年生の物語。
    割としっかりミステリー。
    最後の八九寺の独白は小学生で亡くなりながらも地縛霊として生きてきた八九寺ならではのセリフ。
    生きていることはただそれだけで良くも悪くも無限の可能性に溢れているということなのだ。
    ひたぎの大学一年生姿も見たくなった。

特集