十二大戦対十二大戦

十二大戦対十二大戦

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

十二年に一度行われる、十二支の名を冠した戦士達の戦い――その名は『十二大戦』。 だが、その第十二回大会は十二星座の戦犯に狙われていた。 戦士と戦犯の、苛烈にして壮絶な殺し合いが幕を開ける――!!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ジャンプジェイブックスDIGITAL
ページ数
242ページ
電子版発売日
2017年12月26日
紙の本の発売
2017年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2018年05月23日

    やっべ…泣かされた!前作もやけどちょこっと感動モン入れてくるよな〜!
    全体的にはスピード感ありすぎて呆気なく出番が終わってしまうキャラが多かったので、また番外編みたいなんで24人それぞれをピックアップしたストーリーが読みたいなぁ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月17日

    前作のスピンオフ?パラレルワールドで干支の十二人が星座勢十二人と闘うおはなし。
    双方大いに闘って、、、啄んでころされたい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月29日

    キャラが増えた分、一人一人の人は魅力をアピールする場が減った気がする。なので、以前から馴染みのある干支チームの方が馴染みあり、勝ってほしいなぁ、という思い入れ。
    死ぬ順番が前後逆になってるのでこの前あっけなかった猪さんがなんだかとっても人間的なキャラで好きになりました。

    2018.4.29

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月18日

    前作からキャラ倍増なので、どうしたって一人一人の分量は少なくなってしまうわけで。前作のフォローとかしっかりやってくれているけれど、新キャラも練られているだけに、更なる掘り下げが欲しかった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年03月28日

    『十二大戦』同様、予想外のはじまり方(そして幕引きも)。人数が倍になったため、一人ひとりの掘り下げが減っちゃったかな。不思議と十二戦士の方を応援したくなるのは、馴染みだからか、それとも判官びいき?

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年04月23日

    あれ?今って2017年‥?18?(カテゴリつくってなくてびびった)

    おもしろかった~
    前回も言われて干支順に死亡してるって知った(笑)(笑)(笑)
    けど
    今回は見事に逆だった~

    前作読み返したくなった

    けっこうノシシちゃん(ゾロリ‥)がすきだった

    今回はもっと掘り下げてほしいキャラクター多か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年01月04日

    十二大戦はアニメで履修。
    第2作目(というか別作?笑)の今作は小説で。

    キャラが立ってて素敵。
    前作は十二戦士同士のバトルロワイヤルだったけれど、今作は十二支の戦士VS十二星座の戦犯という構図。
    (さすが西尾先生、キャラだけでなく言葉遊びも…よく思いつくなぁ…ほんと天才)

    十二大戦の時とは(たぶ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年03月25日

    ひねくれた感が西尾先生らしいちゃらしいけど、展開が早過ぎてなんだかな、という感じ。
    ビジュアル的にはドクター・フィニッシュとフレンド・シープが好き。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年01月06日

     あり得たかもしれないもう一つの十二大戦。ジャイアントキリング――大逆転の物語。終わってみれば、本当に前作の内容を百八十度ターンさせたような、大逆転の物語でした。

     優勝した子は、開戦の前から死に、
     皆殺しの天才である丑は、ただの一人も殺せずに死に、
     酔い続けて正しいことをして死んだ寅は、素面...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています