「中村光」おすすめ作品一覧

「中村光」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:中村光(ナカムラヒカル)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1984年04月21日
  • 出身地:日本 / 静岡県
  • 職業:マンガ家

2001年、16歳の時に『海里の陶』でデビュー。代表作は、『荒川アンダー ザ ブリッジ』『聖☆おにいさん』など。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/04/21更新

ユーザーレビュー

  • 聖☆おにいさん SAINT☆YOUNG MEN 2巻

    聖⭐️おにいさん

    よくキリスト教と仏教を調べた上でのギャグは面白いだけでなく考えさせる
  • 十二大戦対十二大戦
    『十二大戦』同様、予想外のはじまり方(そして幕引きも)。人数が倍になったため、一人ひとりの掘り下げが減っちゃったかな。不思議と十二戦士の方を応援したくなるのは、馴染みだからか、それとも判官びいき?
  • 聖☆おにいさん SAINT☆YOUNG MEN 14巻
    もう全部が面白いけど、個人的に好きなところは『電子版と紙は別物です‼』『ロキさんのお子さん皆めちゃくちゃいい人…!!』『硬めのぬいぐるみ』『『あ…これ本物の手土産のスコーンです!』からの”ユダ比率”』『髪さらっさらだけど!?』『イエスのちょっとガチめの説教にペトロさんがスタンプだけで返してくる』『パ...続きを読む
  • 十二大戦 コミック版 1

    このコンビもすっかりお馴染みに

    めだかボックス、症年症女のファンは無条件で買いでしょ。

    とは言え、めだかボックスと症年症女ほど読み心地は近くなく、その差を楽しむ感じかな。

    バトルロイヤルもの。延々と戦い。殺し合い。

    よくあると言えば、よくある設定。
    それでも西尾維新原作である以上、ただそれだけでは終わらない仕掛けが満載で、意...続きを読む
  • 十二大戦

    おもしろい

    アニメで知って購入。
    余計なものを削ぎ落として焦点を絞った逃げ道のないシチュエーションのストーリーはプレデターやエイリアンに見るハリウッド映画のようでおもしろかった。真価を発揮する前にやられてしまう展開もテンポあるハリウッド映画のようだった。でも申の戦いとかはじっくり見たかった気もする。

特集