掟上今日子の備忘録(単行本版)

掟上今日子の備忘録(単行本版)

作者名 :
通常価格 1,375円 (1,250円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

掟上今日子――またの名を、忘却探偵。すべてを一日で忘れてしまう彼女は、事件を(ほぼ)即日解決!あらゆる事件に巻き込まれ、常に犯人として疑われてしまう不遇の青年・隠館厄介(かくしだてやくすけ)は今日も叫ぶ。「探偵を呼ばせてください――!!」スピーディーな展開と、忘却の儚さ。果たして今日子さんは、事件の概要を忘れてしまう前に解決することができるのか? (同一内容の講談社文庫版も配信中)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
電子版発売日
2014年10月15日
紙の本の発売
2014年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

書店員のおすすめ

1日経ったらどんな記憶も忘れてしまう特異体質の探偵・今日子さんと、いつもトラブルに巻き込まれるフリーター隠館くんの物語。設定自体はもっとも探偵には不向きと思われるのに、それが逆に物語をスピーディーな展開にしていて…凄いです!

隠館くんが今日子さんとどんなに仲良くなっても、今日子さんは絶対に忘れてしまう…
でも、何だか会うたびに距離が縮まっていく(ように見える )今日子さんに萌え要素あり!!!

明らかにされていない伏線も、今日子さんの忘却の謎も、二人の関係性も含めて次回作が待ち通しい新作ミステリー !
(書店員・DO)

掟上今日子の備忘録(単行本版) のユーザーレビュー

    購入済み

    忘却探偵シリーズ1作目

    SA 2014年10月16日

    西尾維新初心者向けかな。
    2作目も早く読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    テレビアニメ化待ったなし

    アニキ 2015年01月09日

    一日ですべてを忘れる忘却探偵。これほど30分番組のアニメに相応しい設定があったろうか。それでいて痛快にスピーディに展開する推理。メディアミックス時代の寵児が放つ探偵浪漫。はやく次作が読みたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月13日

    西尾作品で初のドラマ作品になった、去年放送してたやつですね
    放送される前に読みたかったんですが、取り寄せてもらったので、読めたのは1週か2週観てしまってからだったと思います。

    貧乏学生なので、学校の書店の1割引きは大事。

    ドラマを観たので、そっちとの比較をしながら書いていきたいと思います

    まず...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月13日

    ドラマから。面白いと原作読みたくなるよね。
    厄介くんのお人柄がよくわかって良かった。

    なんか文章くどい?と不思議に思いましたが、そういえばわたしは西尾さんの本を刀語しか読んだことがなかったと気づきました。多分こちらが本領なのかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月13日

    西尾維新は物語シリーズの奇をてらった文章が鼻について敬遠していたのだが、本書のなんと読みやすいことか。
    わざとああいう書き方をしていたのだと思うと、尋常じゃない発刊ペースも相まってこの作家の技量が底知れなくなる。

    さて本書は、寝るとその日の記憶をなくすという新色の探偵「おきてがみ きょうこ」と事件...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月14日

    おもしろかったです!
    今日子さんがかわいいです。媚びてないかわいさです。
    このシリーズもアニメ化されたら嬉しいなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    掟上今日子の備忘録

    いまだ 2015年10月18日

    おもしろかったです

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    CMを見て購入

    ktfm 2020年02月07日

    アニメ物語シリーズを始め原作作品は色々見ていたのですが
    初めて読む西尾作品がこの本になりました。
    きっかけは物語シリーズのTV放送で流されたあのCMですがやっぱりあの人との繋がりが気になりますね。
    内容は危惧していたより読みやすくて楽しかったです。続編が楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    新しさ

    asametal 2015年07月04日

    西尾維新の作品には共通するものがある。
    それは直接的、もしくは間接的であるかもしれないが、
    「肉体的痛み」あるいはその予感めいたもの。
    それは読者を不安にすると同時に惹きつける。
    作者を代表する魅力と言ってもいいかもしれない。

    この新たな作品にはそれがほぼ無い。
    それなのに明らかに西尾維新テイスト...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    おもしろいです

    たなか 2015年01月15日

    西尾維新さんの作品は、物語シリーズを始め、何冊か読ませていただきましたが、今回も勝るとも劣らない良いお話でした。この作品は、1日ごとに記憶がリセットされてしまう探偵・掟上今日子と、何かと事件に巻き込まれ犯人にされてしまう隠し立て隠館厄介の二人が、様々な事件に挑むお話です。果たして、毎日記憶がリセット...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

忘却探偵シリーズ(単行本版) のシリーズ作品 1~12巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~12件目 / 12件
  • 掟上今日子の備忘録(単行本版)
    掟上今日子――またの名を、忘却探偵。すべてを一日で忘れてしまう彼女は、事件を(ほぼ)即日解決!あらゆる事件に巻き込まれ、常に犯人として疑われてしまう不遇の青年・隠館厄介(かくしだてやくすけ)は今日も叫ぶ。「探偵を呼ばせてください――!!」スピーディーな展開と、忘却の儚さ。果たして今日子さんは、事件の概要を忘れてしまう前に解決することができるのか? (同一内容の講談社文庫版も配信中)
  • 掟上今日子の推薦文(単行本版)
    美術館で警備員を務める青年・親切守。彼が警護するエリアには訪れるたび、決まってある絵の前で立ち止まる白髪の美女がいた。彼女は掟上今日子。またの名を、忘却探偵。二人は警備員と観覧客のはずだった。美術品を巡る、数々の難事件が起こるまでは――。(同一内容の講談社文庫版も配信中)
  • 掟上今日子の挑戦状(単行本版)
    完全犯罪を目指さない男・鯨井。彼が「アリバイ証言」に選んだ美女は、最悪にも一日しかその記憶がもたない白髪の名探偵だった……。忘却探偵が殺人事件の証人となる「掟上今日子のアリバイ証言」ほか、西尾維新の筆が冴えわたる忘却探偵シリーズ最新短編集!(同一内容の講談社文庫版も配信中)
  • 掟上今日子の遺言書(単行本版)
    中学生がビルから飛び降りた自殺未遂事件。現場に居合わせた二十五歳の青年・隠館厄介は、生来の冤罪体質が災いし、容疑者とされてしまう。現場には少女が書いたとされる遺書が残されていて――。今日子さんは厄介の疑いを晴らし、事件を解決できるのか? 冤罪体質の青年・厄介。あらゆる災いが降りかかる彼に、今度は少女が降ってきた! 眠るたびに記憶を失う忘却探偵の、タイムリミットミステリー! 中...
  • 掟上今日子の退職願(単行本版)
    退職願を胸ポケットに忍ばせ、波止場警部は揺れていた。彼女の最後の事件は、公園の噴水に浮かび上がった水死体。しかしその不可解さゆえ、名高い忘却探偵・掟上今日子と協力捜査することになり……。辞めたがりの刑事と仕事中毒の名探偵。奇妙なタッグが謎に挑む!(同一内容の講談社文庫版も配信中)
  • 掟上今日子の婚姻届
    1,375円(税込)
    忘却探偵・掟上今日子、「はじめて」の講演会。檀上の今日子さんに投げかけられた危うい恋の質問をきっかけに、冤罪体質の青年・隠館厄介は思わぬプロポーズを受けることとなり……。美しき忘却探偵は、呪われた結婚を阻止できるのか!?
  • 掟上今日子の家計簿
    1,375円(税込)
    眠るたび記憶がリセットされる名探偵・掟上今日子。引き受けた事件は即日解決の彼女のもとに、今日も悩める刑事からの難題が舞い込んだ。呼び出されたのはなぜか、事件現場ではなく遊園地。依頼は、ある事件の容疑者より速く、巨大な脱出ゲームをクリアすることで……?美人でおしゃれでお金が大好き。忘却探偵・今日子さんのタイムリミット・ミステリー!
  • 掟上今日子の旅行記
    1,375円(税込)
    眠るたび記憶がリセットされる名探偵・掟上今日子。それゆえに、一日で解決できる事件しか引き受けないはずの彼女がなぜか、パリに降り立った。彼女をフランスまで呼び寄せたのは「怪盗淑女」の予告状。大胆不敵にも、エッフェル塔を盗むと宣言したその犯行予告を阻止してほしいと、海を超えて今日子さんに依頼が届いたのだが――?隠館厄介も登場の、忘却探偵シリーズ最新作!
  • 掟上今日子の裏表紙
    1,375円(税込)
    強盗殺人事件の容疑者として逮捕された忘却探偵・掟上今日子。現場で血まみれの凶器を握りしめて眠っていたところを発見された彼女は、事件の記憶を忘れていた。檻の中から事件の調査をしたいと申し出た今日子さんに対峙するのは、「冤罪製造器」の異名をもつ強面の警察官・日怠井。警察官の矜持と葛藤しながら彼が選択したのは、「忘却探偵の専門家」隠館厄介に協力を仰ぐことで…?
  • 掟上今日子の色見本
    1,375円(税込)
    「掟上今日子は預かった。返して欲しければ、十億円用意しろ」置手紙探偵事務所唯一の従業員・親切守が受けた、突然の脅迫電話。天涯孤独の忘却探偵を救い出せるのは自分だけ。今日子さんのような推理力はもたないけれど、彼には今日子さんとの「記憶」がある。手探りで捜査を開始する守。一方、今日子さんは犯人のもとで目を覚まして――?純白の置手紙探偵事務所VS. 漆黒の誘拐犯! 頭脳戦の結末は!?
  • 掟上今日子の乗車券
    1,430円(税込)
    掟上今日子―-彼女の記憶は眠るたびにリセットされる。その特性をいかし、彼女は「忘却探偵」として活動していた。そんな今日子が営業活動と称し、ボディーガードの親切守を引き連れて旅にでる。目的地もとくに決めていないという。依頼があって動くわけではないこの旅、果たしてどんな事件が待ち受けているのか。
  • 掟上今日子の設計図
    1,430円(税込)
    『學藝員9010』と称する人物が、ウェブ上に爆破予告を投稿した。猶予は9時間。火薬探知犬と盲導犬を左右に司どる爆弾処理班のエース『両犬あざな』こと扉井あざなが捜査を進める中、容疑者となった隠館厄介の依頼により、忘却探偵・掟上今日子も参戦するが――。 忘却探偵の最速の推理をもってしても、このタイムリミットには間に合わない!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています