宮下奈都の一覧

「宮下奈都」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2020年9月号

作品一覧

2020/08/07更新

ユーザーレビュー

  • ふたつのしるし
    すごい本を読んでしまった。
    宮下奈都の脈々と変わらない深ーい愛?慈悲?

    物語は柏木温之「はるゆき」と
    遥名の二人の話が交互に出てくる。二人ともハルと呼ばれてる

     ハルは「温之」は教室でひとりでいるのに慣れてる
    一人でなんの不都合もない。
    何かに熱中すると何も聞こえない他のシャッターを閉じる
    蟻を...続きを読む
  • 羊と鋼の森
    調律は正しい音階にする仕事だと思ってた。
    音ひとつにこんなに表情があるなんて考えたこともなかった。
    大きな出来事が起きるわけではないが、戸村くんが日々仕事にひたむきに打ち込む姿がとても美しくて
    丁寧な文章が胸をうった。
    最後の場面は涙が自然にこぼれた。
  • 羊と鋼の森
    ちょうど良い厚みで読みやすく、綺麗な表現と文章、わかりやすくキャラの立った登場人物、それでいて読者の心を震わせて、さっぱりと幕を閉じる物語で非常に面白かった。
    主人公は調律師という、一般的にはあまり馴染みのない職業である。ただ、仕事を通じた同僚や客との人間関係と、それによる主人公の成長は美しく、また...続きを読む
  • 静かな雨
    「私は光をにぎっている」「四月の永い夢」を観て好きになった中川龍太郎映画最新作の原作ということで「静かな雨」を読んでみた。

    職を失った「行助」が、屋台でたいやきを売っている「こよみさん」に出会うところから始まる。

    次第に距離を縮める2人だが、そんな折にこよみさんが事故に遭い、記憶障害を患ってしま...続きを読む
  • たった、それだけ
    さすが、宮下奈都とうならされた傑作。

    不倫と横領と内部告発と失踪…波乱含みいや波乱しかない第1話と、夫婦間の油が切れたような金属的キシミを伴ったすれ違いを描いた第2話を読んだ時には「あぁ、こういう不幸話、ダークサイド宮下本を手に取ってしまったか」とちょっと不安な気持ちになったのだが…

    その不安感...続きを読む