神さまたちの遊ぶ庭

神さまたちの遊ぶ庭

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

北海道のちょうど真ん中、十勝・大雪山国立公園にあるトムラウシ。スーパーまで37キロという場所へ引っ越した宮下家。寒さや虫などに悩まされながら、壮大な大自然、そこで生きる人々の逞しさと優しさに触れ、さまざまな経験をすることになる。『スコーレNo.4』の宮下奈都が「山」での1年間を綴った感動エッセイを文庫化。巻末に、「それから」を特別収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
光文社
電子版発売日
2017年08月25日
紙の本の発売
2017年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

神さまたちの遊ぶ庭 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年10月15日

    北海道のトムラウシというところに1年間、山村留学したときのお話。
    北海道に行く決断、行ってからの色々な人との出会い、色んな出来事、そして最後は地元に帰るかどうかの決断。笑いあり、涙ありでたくさん楽しめました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月15日

    宮下奈都の小説やエッセイをほとんど読んでいるが、その中で一番好きな本。
    この本の解説で「この本は、残り三分の一ほどに、なったところから、おもしろいから早くページをめくりたいけれど、読み終わりたくないからページをめくりたくないというジレンマに陥るだろう」という一文があるが、まさにこれ。
    お薦めです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月03日

    作品から考えていた著者像と違ったというのが、このエッセイを読んでの発見。とっても面白かった。
    宮下さんのお子さんたちのキャラクターがまた各々濃ゆくて、それにつっこむ宮下さんの母な場面に度々笑ってしまった。また、山村生活に興味が湧きました。自然の中で暮らすっていうのは、どこか不便さはあるだろうけど、そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月14日

    北海道の大自然の中での暮らした1年間の様子や日々のできごと、感じたことなどが綴られています。

    戸惑いながら始まった生活にも愛着が湧いてくる様子や、村の人々のあたたかさ、そして三兄弟のユニークさが楽しくて、引き込まれました。

    少しずつに区切られた日記のような文章も読みやすく、
    ゆっくりお腹いっぱい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月13日

    カムイミンタラ、アイヌ語で「神さまたちの遊ぶ庭」という意味らしい。大雪山系の近くトムラウシに子ども3人の家族5人で山村留学した1年間の日々がエッセンス風に綴られている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月13日

    子どもたちを子どもとして扱うのではなく、いやもちろん親としての目線で見守ってるところはあるけど、なんというか偏見をもたず人間対人間として接しているところが素敵だなと思った。子供だけでなく本に出てくる全ての人に対してもそう。
    子供は、親が心配していることに気づくと何もできなくなるからね、というところ、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月12日

    めちゃめちゃおもしろかった!ホッコリした!癒された!自然はいいな!北海道行ってみたい!!
    表紙はめちゃめちゃかわいいし、これは買おうと思いう!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月05日

    人の家族のことでこんなにも笑ったり泣いたり出来るものかと思うほど、読んでいる間中感動していました。
    景色や温度が伝わってくる。実際に経験した事の無い温度なのだけど。

    3人の子供達も本当に可愛くて、トムラウシの人達も本当に優しくて、読み終わった時は「みんなありがとう。」という気持ちでした。

    山登り...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月21日

    人に薦められて読んでみた。世の中は色んなバイアスに満ちていて、飛び込んだ人にはどうでも良いことも沢山ある。「宮下漆黒の翼」「宮下英国紳士」、今度は何になるのかなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月08日

    とても面白かった。
    読み終わるのが勿体無い本は良い本。
    なんでもない日常も書けば文学とはよく言ったもの。

    去年トムラウシ登ったから尚更感慨深い。

    子供たちも地元の人たちも面白すぎるし、
    ハッとさせられる言葉も度々。
    宮下さんの言い草がまたよい。

    読んだ人と笑いを分かち合いたい。
    「もっと熱くな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング