石田衣良の一覧

「石田衣良」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:石田衣良(イシダイラ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1960年03月28日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

成蹊大学経済学部卒。デビュー作は第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞の『池袋ウエストゲートパーク』。『4TEEN』で第129回直木賞を受賞。『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞を受賞。 『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞を受賞。

値引き作品コーナー

作品一覧

2021/10/29更新

ユーザーレビュー

  • 獣たちのコロシアム 池袋ウエストゲートパークXVI
    IWGPはなんだかんだずっと読んでいる作品のひとつ。いつも時事ネタをいれてくれていて、本当にマコトが実在するかのような、池袋に行ったら会えるかのような感覚に陥ってしまう。
    今回もスカッとできました!
    それにしてもマコトが平成生まれだったとは驚き。
  • 炎上フェニックス 池袋ウエストゲートパークXVII
    久々のウエストゲートパークシリーズ。知らないうちにたくさん出てて、この前の2冊を読み逃してたから、あとで読むつもり。
    軽い文章でサクサク読める。
    コロナや呪術廻戦など時代を写す鏡的小説。後から読んだらこの時こんなことがあったんだーと懐かしく思いそう。
  • 炎上フェニックス 池袋ウエストゲートパークXVII
    とにかく最高。
    この物語の登場人物たちも歳を重ねるし今の情勢を生き抜いている。一緒に生きているような気持ちで励まされる最高のエンタメ。永遠に好き。
  • 水を抱く
    ついさっき読み終わった。
    途中、中だるみのような部分や無駄だなぁと思われる箇所があったり結末がちょっと陳腐な印象を受けたが、俊也やナギの生きた世界に本気で入り込んだことがない人間が書くことの限界というものがそこには感じられた。
    自分には俊也の気持ちもナギの気持ちも分かる。現実にナギのような女性に出会...続きを読む
  • 5年3組リョウタ組
    良太先生が養護学校で、国語の時間に感情移入して悲しくなって騒いでしまった障碍児の生徒に対して、”確かにシロクマの家族はかわいそうだけど、これは物語なんだ。お話の流れをたのしんで、それから自分だったらどうするかを考える。お話っていろんな人の気持ちになって考えるための練習なんだよ。”て言葉。

    恐怖や痛...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!