「石田衣良」おすすめ作品一覧

「石田衣良」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:石田衣良(イシダイラ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1960年03月28日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

成蹊大学経済学部卒。デビュー作は第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞の『池袋ウエストゲートパーク』。『4TEEN』で第129回直木賞を受賞。『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞を受賞。 『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞を受賞。

作品一覧

2018/05/10更新

ユーザーレビュー

  • 池袋ウエストゲートパーク
    20180707


    今さらと思いながら読んでみた。

    独特な文体とリズムだったが、それが心地良かった。
    これが石田衣良氏のデビュー作とは…
    才能を感じさせられた。

    10代が中心の作品だが、読んでると少し若返りそう。

    続編も出てるみたいだから読んでみよう。

    さすがにPHSから携帯に変わってるだ...続きを読む
  • キング誕生 池袋ウエストゲートパーク青春篇
    「池袋ウエストゲートパーク」のマコトとタカシ(キング)の高校生時代。マコトの語りで描かれる最高傑作。
    タカシの生い立ちが、衝撃的。タカシを思う兄・タケルの存在は大きく、兄弟、親子の絆に涙。
    高校生のマコトとタカシの制服姿を想像するだけでも、かなり楽しめる。なんか、いいな。
    悲しい物語だけど、それだけ...続きを読む
  • 裏切りのホワイトカード 池袋ウエストゲートパークXIII
    IWGP第13弾。

    池袋のトラブルシューター、マコトのもとにはあらゆる難題が持ち込まれる。
    でたらめの虐待疑惑をネットに書き込まれて炎上した宅配ドライバー。
    母親が悪い男とドラッグにはまった女子中学生。
    根拠のない情報が溢れるオカルト・サイト。
    ATMの不正操作による大規模詐欺。
    収録の4編はどれ...続きを読む
  • 余命1年のスタリオン(下)
    上巻に比べて、病魔に蝕まれていく主人公の姿が痛々しく描写されていく。そんな中でも女性陣は力強い。それが辛いはずの闘病の様子を暗くならないようになっている。
    ラストは思っていたよりあっさりしたものだったが、当馬亡き後の、あかね達、親子の様子があって欲しかったと思うのは私だけだろうか。
  • 爽年
    石田衣良の「娼年」シリーズの第3作。

    主人公 森中領が娼男の世界に足を踏み入れる第1作「娼年」。

    経験を積み重ねる中で恩人との悲しい別れを乗り越える第2作「逝年」。

    あれから7年。
    少年から青年、そして壮年へ。

    様々な出会いの中で、目の前にいる人に全力をかけて尽くしていくリョウ。

    その姿勢...続きを読む

特集