「上橋菜穂子」おすすめ作品一覧

「上橋菜穂子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:上橋菜穂子(ウエハシナホコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1962年07月15日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:児童文学作家

立教大学文学部卒。1989年『精霊の木』でデビュー。『月の森に、カミよ眠れ』で日本児童文学者協会新人賞、『精霊の守り人』が野間児童文芸新人賞・産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞しTVアニメ化もされた。『獣の奏者』もTVアニメ化された。作品に『守り人』シリーズ、『旅人』シリーズ、『狐笛のかなた』などがある。父は洋画家の上橋薫。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/10/30更新

ユーザーレビュー

  • 獣の奏者 II王獣編
    小学生の頃から何度も読んでいる作品。
    何度読んでも夢中になれる。
    リランに向き合うエリンのひたむきさ。
    何かに真っ直ぐ、一生懸命に向き合うことがどんなに難しいか、小学生の私は知らなかっただろうな。
  • 狐笛のかなた
    美しい物語りだった。児童文学だとの事ですが、大人でも十分楽しめる。小夜と野火の姿に、幸せという事を考えさせられたりもした。
    一途になるって、いいよね。
    それが出来るって羨ましい。
  • 【番外編】 守り人作品集 炎路を行く者 守り人作品集
    ヒューゴの生き様がよくわかる。それにしても作者はこのような設定と世界観をどうやって作り出すのか?神の才能としか思えない
  • 鹿の王 3
    <内容紹介より>
    何者かに攫われたユナを追い、<火馬の民>の集落へ辿り着いたヴァン。彼らは帝国・東乎瑠の侵攻によって故郷を追われ、強い哀しみと怒りを抱えていた。族長のオーファンから岩塩鉱を襲った犬の秘密と、自身の身体に起こった異変の真相を明かされ、戸惑うヴァンだが……⁉一方、黒狼熱の治療法をもとめ、...続きを読む
  • 鹿の王 4
    やっと読み終わったー。生きるとはどういうことかを考えさせられました。上橋さんのあとがきもとても良かった。

    願わくは、差し伸べられた手をもう一度ヴァンにはとってほしい。迎えに来てくれる人たちがいるって、素敵なことですね。

特集