「上橋菜穂子」おすすめ作品一覧

「上橋菜穂子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:上橋菜穂子(ウエハシナホコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1962年07月15日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:児童文学作家

立教大学文学部卒。1989年『精霊の木』でデビュー。『月の森に、カミよ眠れ』で日本児童文学者協会新人賞、『精霊の守り人』が野間児童文芸新人賞・産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞しTVアニメ化もされた。『獣の奏者』もTVアニメ化された。作品に『守り人』シリーズ、『旅人』シリーズ、『狐笛のかなた』などがある。父は洋画家の上橋薫。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/10/30更新

ユーザーレビュー

  • 守り人シリーズ電子版 10.天と地の守り人 第三部 新ヨゴ皇国編
    あぁぁ、読み終わってしまった。。
    いつかは来る終わりだけど、、本当に終わってしまって、、寂しすぎるー。。
    守り人ロスー。(இдஇ; )

    シリーズを通しても本作は圧巻でした。
    どう終息させるのかと思っていたけど、素晴らしすぎて言葉にできないくらい。

    すべての登場人物が本当に魅力的で、シリーズの最初...続きを読む
  • 守り人シリーズ電子版 8.天と地の守り人 第一部 ロタ王国編
    チャグムのことを大切に思う人達の気持ちに涙が止まらなくて。。
    間違いなくシリーズの中で一番おもしろい本作に鳥肌が立った。
    もうとにかく次が読みたい。
  • 鹿の王 1
    獣の奏者からファンなので、つづきではないけど同じ世界観のお話が読めて幸せです
    この話は別として、二十年待っても続きがでない話とかざらで、それはそれで面白いんだけど、だからこそ安定して読める幸せを噛みしめられる

    まず、とても難しい医学的な話をこんな風にファンタジーで書けるんだ!と驚いた
    次に、同時に...続きを読む
  • 鹿の王 4
    この本を読んでいる間に、手術を受けた。
    生と死、生きる意味、人と組織、家族。色々な事を考える機会と相まって、忘れられない一冊になったと思う。
    わたしは動物が苦手だけれど、このお話に出て来る動物はみな、輝き、その生を全うすることに貪欲で、とても惹かれる。
    読み終えた後、まだその世界にどっぷりと浸かって...続きを読む
  • 獣の奏者 IV完結編
    【昔読んだ本】
    大好きなシリーズ。
    何気なく1巻だけ買って、すぐにのめり込み続きを買いに走った。全部読み終わるまでは寝ても覚めても獣のことばかり(言い過ぎか?笑)なくらい、しばらく夢中になった。
    始まりから涙なしには読めない…
    ジョウンとの束の間の平穏は暖かく大好きな場面だったが、やがて来る分かれに...続きを読む

特集