【番外編】 守り人作品集 炎路を行く者 守り人作品集

【番外編】 守り人作品集 炎路を行く者 守り人作品集

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「守り人」シリーズで、タルシュの密偵(ターク)となって活躍したヒュウゴ。そのヒュウゴが、ヨゴ国の軍人の家庭に生まれながら、なぜタルシュ国の密偵になったのかを描く「炎路の旅人」と、バルサの少女時代を描く「十五の我には」の二作品を収録。番外編にあたる守り人作品集です。

ジャンル
出版社
偕成社
電子版発売日
2016年12月16日
紙の本の発売
2014年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2018年02月20日

    ヒューゴの生き様がよくわかる。それにしても作者はこのような設定と世界観をどうやって作り出すのか?神の才能としか思えない

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月13日

    ◆タルシュ国の密偵アラユタン・ヒュウゴの少年時代を描く「炎路の旅人」と、女用心棒バルサの少女時代を描いた「十五の我には」の中編2編を収録。

    『蒼路の旅人』『天と地の守り人』で暗躍した謎多きタルシュの密偵、アラユタン・ヒュウゴ。ヒュウゴはなぜ家族を殺した国の王子に仕えることになったのか。女用心棒バ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月12日

    「天と地の守り人」を読んでいるときに、登場人物のヒュウゴが魅力的だと思った。アニメにするならどんなビジュアルでどの声をあてるのがいいんだろう、などと考えながら読んでいた。

    魅力のある人物だと思ったヒュウゴの物語。「天と地〜」で重要な位置にいた彼。ヨゴ人である彼が、どんな人生を歩んであそこにいたのか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月15日

    ヒュウゴとチャグムはよく似ている。民を想う心、先を見通す力、現状に甘んじない強さ。
    蒼路の旅人をまた読み返したくなった。

    後書きを読んで納得、炎路の旅人は蒼路の旅人の前に書かれたものだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月13日

    シリーズの途中から重要な役割で出てくるヒョウゴという男の過去と成り立ちを語った炎路の旅人は面白く読んだ。蒼路の旅人のすぐ後に読めたら、もっと楽しめたような気がする。少し残念。
    十五の我にはバルサの若き日の回想の物語。ジグロとの関係性や当時の境遇をうかがい知ることができる物語。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月19日

    本人視点の旨味を活かした戦闘/喧嘩シーンがいい。人を殴る、切ることがどう自分に返ってくるかを描く話は少ない。
    児童書は特に、本当は大事なそういうことを甘く描きがちだけれど、さすが上橋菜穂子、スイスアーミーナイフを持ち歩く現実主義者である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月09日

    ヒュウゴが何故、祖国を滅ぼした敵国の軍に入ったのか。
    そして同じく15くらいの頃のバルサがどうだったのか。
    切ないけれど、考えさせられるし力づけられるし、微笑ましいところもあるし、素敵な話でした。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年04月05日

    番外編!チャグムを影から救うことになる、敵国の猛者。
    実は国を奪われた元ヨザ皇国の青年の少年期からのスピンオフ。個々のキャラクターにも力あるこの作家さんの力を感じる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています