風と行く者

風と行く者

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

つれあいのタンダとともに、久しぶりに草市を訪れたバルサは、若い頃に護衛をつとめ、忘れ得ぬ旅をしたサダン・タラム〈風の楽人〉たちと再会、その危機を救ったことで、再び、旅の護衛を頼まれる。
シャタ〈流水琴〉を奏で、異界への道を開くことができるサダン・タラム〈風の楽人〉の頭は、しかし、ある事情から、密かに狙われていたのだった。
ジグロの娘かもしれぬ、この若き頭を守って、ロタへと旅立つバルサ。
草原に響く〈風の楽人〉の歌に誘われて、バルサの心に過去と今とが交叉するとき、ロタ北部の歴史の闇に隠されていた秘密が、危険な刃となってよみがえる。

「守り人」シリーズ10巻完結のあと、『流れ行くもの』(守り人短篇集)『炎路を行く者』(作品集)を番外編として発表。この『風と行く者』は外伝3作目にして大長編となる。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
偕成社
ページ数
446ページ
電子版発売日
2019年10月21日
紙の本の発売
2018年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

風と行く者 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月29日

    いよいよシリーズ最終巻(涙)
    前巻の終りの短編でバルサたちを助けた、旅する楽団サダン・タラムの話。現在のタンダと暮らすバルサが再び彼らの護衛をすることになり、16才の時にジグロと護衛した時のことが思い出され... 過去のストーリーの戦闘シーンがハラハラしただけに、ラストの落ち着きどころは、なるほど、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月18日

    私の人生を象ったのは小野不由美著の十ニ国記シリーズなのだと思うが、その布石として本の世界を開いてくれたのは間違いなく、上橋菜穂子著の守り人シリーズだと思う。守り人シリーズに小学校2年生に出会っていなければ、十二国記に中学1年生で出会えていなかっただろう。

    この外伝は出ていることを知らず、ふと手に取...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月03日

    守人シリーズの外伝。
    旅芸人サダン・タラム【風の楽人】、魂を清める旅で、何者かに命を狙われるその頭を守る用心棒バルサ。
    20年前、ジグロと共にサダン・タラムを守った旅を思い出しつつ、目の前のサダン・タラムの頭を守る旅。
    その課程で、バルサは亡きジグロの思いを感じ、今この時だからこそ、理解していく。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    何年経っても……

    ふたやん♬*゜ 2020年12月02日

    あぁ……と目を開かされる思いを感じる書物。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月29日

    話のボリュームは、ジグロと一緒だった頃の部分が多い。青かったバルサと中年で思慮深くなったバルサ。二つの時代の重なりは、守り人シリーズの世界の重なりのようでもある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月12日

    タンダどんな訪れた市で助けた風の楽人・サダン・タラム。20年越しの偶然の再会。タンダと別れ、彼らの旅の護衛をする事になる。20年前、ジグロと共に護衛した時と全く同じ道のりを、2つの時代を並行させて物語は進む。20年を経てようやく完結するストーリーはモチロン、読み応え抜群。でも、やはりジグロとの旅がと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月21日

    やっぱり面白い。

    バルサの現在と過去を1つの旅で繋ぎ、その過去と今の人々も繋ぐ物語。
    ジグロが出てくると無敵のバルサが一生懸命な少女になるから好き。
    この作品のバルサ始め旅人の姿をみると毎日を一生懸命丁寧に暮らすことがいかに尊いかって思うんだなぁ。

    2019.3.21
    46

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月30日

    守り人シリーズ外伝。

    守り人シリーズを読んだのが数年前なので、前の戦の事情とか、殆ど覚えていなかったのですが、さすが上橋さん。物語の世界へずんずん引き込まれていきました。
    サダン・タラム〈風の楽人〉の頭の護衛を請け負ったバルサ。過去にもサダン・タラム〈風の楽人〉達と共に旅をした時の話が挿入されてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月30日

    「だけど、お前が思いだすのがいやだといった、そういう旅が……ひとつ、ひとつの旅が、おまえを、おまえに、してきたんだろうな……。」
    バルサとジグロ父娘の歩んだ道、バルサをバルサたらしめるに至った道程のひとつ。
    許しと救済と鎮魂の物語。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月30日

    『天と地の守り人』のその後も、ジグロとの話も読めて大満足。
    今度はもうちょっとタンダが出てくる話を読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています