獣の奏者 外伝 刹那
  • 値引き

獣の奏者 外伝 刹那

作者名 :
値引き価格 585円 (532円+税) 5月26日まで
通常価格 836円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

児童文学のノーベル賞にあたる、国際アンデルセン賞作家賞受賞!  本編では明かされなかった空白の11年間にはこんな時が流れていた! 王国の行く末を左右しかねない、政治的な運命を背負っていたエリンは、苛酷な日々を、ひとりの女性として、母親として、いかに生きていたのか。時の過ぎ行く速さ、人生の儚さを知る大人たちの恋情、そして、一日一日を惜しむように暮らしていた彼女らの日々の体温が伝わってくる物語集。単行本未収録の書き下ろし短編「綿毛」も収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
シリーズ
獣の奏者シリーズ
ページ数
416ページ
電子版発売日
2013年11月08日
紙の本の発売
2013年10月
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

獣の奏者 外伝 刹那 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    まさに外伝

    mulkei 2013年12月29日

    外伝というのにふさわしい作品です。
    主要な登場人物の「愛」にまつわる短編を収録しています、やはり本編とは別物だと感じます。ちょっと大人な雰囲気だし。
    それでいて、あの人のあの頃はどうだったんだろう?という読者の妄想に答えてくれるんだから、作者から贅沢なプレゼントをもらったような気分です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月30日

    上橋さんはエサル師が好きなのかな。
    エサル師とエリンは似てるなぁと思いました。
    ユーヤンのその後も読みたかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月23日

    空白の11年間だけじゃないけどエサル師の過去とかエリンとイアルの馴れ初めとか、、
    気になってたとこを知れて満足です。
    ユアン好きだな()

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月08日

    エリンとイアルのなれ初めは、知りたかった。エリンはここでも強かったんだ。一族を離れてでも愛する人と生きる道を選んだソヨンと似ている。
    イアルの意志はとても固かったはず。ストイックな人だから。自戒の念も凄まじいものだっただろうと思う。それでも、エリンを愛しく想う気持ちは止められなかったんだな。
    エサル...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月29日

    上橋さんのあとがきのタイトルが「人生の半ばを過ぎた人へ」だった。
    まさにこの小説の読者に向けたメッセージだ。
    本編の獣の生き様とは異なり、この外伝の4つの物語はすべて人間の愛と性を綴った物語になっている。ソヨンとエリン、エリンとイアル、エサルとユアン。それぞれがそれぞれの思いで人を愛し、子供を愛し、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月08日

    2013.11/25 シリーズ外伝。この世界が好き過ぎて、エリンロス症候群になってたから本屋で平積みになってるのを見た時は飛び上がった〜〜♪シリーズのなかで語られなかった逸話(母と幼いエリンの生活『綿毛』、イアルと親妹弟の別離と再会&エリンとの馴れ初め『刹那』、若かりしエサル師の恋物語『秘め事』、仲...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月30日

    本編は物語として完璧に、完結していた。
    外伝では『獣の奏者』という物語としては必要のないような表情が書かれていたように思う。
    とても良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月22日

    探求編、完結編は母になったエリンが、闘蛇と王獣を騎兵とする闘いに終止符を打つあらすじとなっているが、語られなかったイアルとの馴れ初めやエサル教導師長のかつての淡い恋の痛みなど、まさに外伝として紡がれるべき短編集となっている。

    刹那に燃え上がるように、じりじりと燻るように、胸に秘められた想いが妙に生...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月10日

    本編の時間軸の隙間を埋めるサイドストーリー。本編読んでいる間に頭の中で構成された風景の中で展開する話だからこそ面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月29日

    上橋菜穂子による壮大なファンタジー長編の外伝。掌編を含む4つの物語から構成される。
    作者が述べている通り、本編はもはや付け足すところのない一つの閉じた丸のように欠けるところのない作品であり、本作はいわば蛇足のようなものではあるが、本作によって描かれるそれぞれの人物がより人間らしく生き生きと感じられて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

獣の奏者 外伝 刹那 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める SF・ファンタジー

SF・ファンタジー ランキング

獣の奏者 外伝 刹那 に関連する特集・キャンペーン