北方謙三の一覧

「北方謙三」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:北方謙三(キタカタケンゾウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1947年10月26日
  • 出身地:日本 / 佐賀県
  • 職業:作家

中央大学法学部法律学科卒。1970年『明るい街へ』でデビュー。『逃がれの街』、『眠りなき夜』、『さらば、荒野』、『檻』など多くのヒット作品を手がける。『破軍の星』で第4回柴田錬三郎賞受賞、 『水滸伝』で第9回司馬遼太郎賞受賞、など多数の賞を受賞している。2013年紫綬褒章受章。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

7/15入荷
チンギス紀 七 虎落
購入予約
NEW
文藝春秋2020年8月号

作品一覧

2020/07/10更新

ユーザーレビュー

  • 血涙(上) 新楊家将(ようかしょう)
    前作の戦うことばかりしか知らないギラギラした四郎も好きでしたが、今作での自分の居場所と役割や生き方を模索し成長していく四郎はもっと好きです。人間臭さがあっていい。四郎と幻果の間で揺れ動き死の淵まで行くけれども、家族に支えられて幻果として生きることを選ぶくだりも好きです。あの、四郎が…人との交流とは疎...続きを読む
  • チンギス紀 六 断金
    金と組んでタタル族を殲滅し父の仇を打ったテムジンは、キャト氏をまとめる。着々と覇権に向け歩みを進める。一方で交易、牧場、鉱山、人心の掌握と人材の確保、拠点の整備…、次々に足場を固め力を蓄え飛躍の時を待つ。
  • 楠木正成(下)
    戦国時代や幕末に比べて、南北朝時代は複雑でわかりにくい。太平記という古典はあるものの、現代的な小説は少なくて取りつきにくい。と思っていたら、ありました。北方謙三の「楠木正成」。彼の「史記」があまりに面白かったこともあり、こちらも読んでみました。

    鎌倉幕府の世の中に不満はあっても、武士が幕府を倒すの...続きを読む
  • 楠木正成(上)
    戦国時代や幕末に比べて、南北朝時代は複雑でわかりにくい。太平記という古典はあるものの、現代的な小説は少なくて取りつきにくい。と思っていたら、ありました。北方謙三の「楠木正成」。彼の「史記」があまりに面白かったこともあり、こちらも読んでみました。

    鎌倉幕府の世の中に不満はあっても、武士が幕府を倒すの...続きを読む
  • 水滸伝 二 替天の章
    まだ序章に過ぎないのだろうけど、物語が確実に動き始めたことに時に鳥肌を立てながら熱く読み進めることが出来ています。