破軍の星

破軍の星

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

建武の新政で後醍醐天皇により十六歳の若さで陸奥守に任じられた北畠顕家は奥州に下向、政治機構を整え、住民を掌握し、見事な成果をあげた。また、足利尊氏の反逆に際し、東海道を進撃、尊氏を敗走させる。しかし、勢力を回復した足利方の豪族に叛かれ苦境に立ち、さらに吉野へ逃れた後醍醐帝の命で、尊氏討伐の軍を再び起こすが……。一瞬の閃光のように輝いた若き貴公子の短い、力強い生涯。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
496ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年12月11日

北畠顕家のお話。若干20歳にして、時の足利尊氏が最も恐れた人物。

何を思って、駆け抜けたのだろう。
その胸からこぼれ落ちる思いを聞いてみたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月24日

北畠顕家の骨太の生涯を描いた小説。戦国時代の大谷刑部と重ねながら読んだ記憶がある。初期の北方はレイモンドチャンドラーの真似のような甘い言葉の羅列で読むのがきびしかったが、歴史小説を手がけて開花した感があった。大好きな小説。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月18日

破軍星とは、北斗七星の7番目の星で、それが指し示す方角は不吉だと言われる。14歳という若さで陸奥守に任じられ、軍事の天賦の才で激動の南北朝時代に輝きを放った北畠顕家その人を表す言葉として、ふさわしい。

南北朝の面白いところは、世を統治すべきは公家か武家かを問うたところだ。武士である平家が貴族として...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月02日

北方謙三の描く太平記。若くしてその命を散らすこととなった北畠顕家を主人公とした本作は、顕家の若さとその短い生涯を鮮烈に描いた。疾走感のある文章とストーリーは、1日で読み終えてしまう程に夢中にさせてくれる。北方謙三の歴史小説への入門編。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月02日

大河ドラマ「太平記」が大好きなので、基本的には尊氏びいきなのだけど…。

顕家もかっけ〜な!

自分の正義にしたがって平和をを求めれば求める程、誰かの思いとぶつかり戦になる。

その矛盾と葛藤のなか、清冽な精神と志をもった顕家が駆け抜ける。

基本的には顕家視点で書かれているが、時々カメラが移り、尊...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play