群青 神尾シリーズ1

群青 神尾シリーズ1

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

一等航海士・神尾修二は、友人の戸山が殺されたことを航海中に知る。神尾の婚約者を自称する教子をめぐるトラブルが原因という。婚約をした覚えのない彼にとっては、不可解な事件だった。職を辞し、横浜に上陸した神尾に、さまざまな男女が接触してくる。そして不可解な暴力が彼を襲う――男の怒り、哀しみを鮮烈に描くシリーズ第一作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
432ページ
電子版発売日
2014年03月14日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

群青 神尾シリーズ1 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    北方ハードボイルドの中ではあまりメジャーではないような気がする神尾シリーズ。
    でも私はこれが一番好き〜。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    船を降りた一等航海士・神尾修二。
    友人が殺され、自称婚約者が現れ、船を降りた瞬間から事件に巻き込まれる神尾。
    かっこいいんです・・・!
    どこか殺伐とした雰囲気なんですけど、全てのことに投げやりっぽいんですけど!
    実は誰よりも熱い!
    自分に決めたルールがあって、それを守り通す・・・さすが北方さんの描く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

神尾シリーズ のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 群青 神尾シリーズ1
    660円(税込)
    一等航海士・神尾修二は、友人の戸山が殺されたことを航海中に知る。神尾の婚約者を自称する教子をめぐるトラブルが原因という。婚約をした覚えのない彼にとっては、不可解な事件だった。職を辞し、横浜に上陸した神尾に、さまざまな男女が接触してくる。そして不可解な暴力が彼を襲う――男の怒り、哀しみを鮮烈に描くシリーズ第一作。
  • 灼光 神尾シリーズ2
    550円(税込)
    失踪した青年、水町俊の後を追った元一等航海士・神尾修二はアフリカ・コートジボワールに降り立った。俊を見つけ出し、日本の母親に送り届ければ仕事は簡単に終わるはずだった。だが、彼の足どりはつかめず、捜索はたび重なる妨害にあい、神尾は生命を狙われた。――男の誇りを守るため、彼は灼熱の地で闘いを始める。
  • 炎天 神尾シリーズ3
    550円(税込)
    元一等航海士・神尾修二が法律事務所の調査員を始めて一年。奇妙な依頼が舞い込んだ。メキシコで行方不明の甲板長・三宅を探して欲しいと。三宅は船乗り人生を総決算し、死ぬ気で何かやろうとしている。彼を追って神尾はメキシコまで飛んだ。再会の喜びも束の間、彼らはある組織の死闘に巻き込まれてゆく。
  • 流塵 神尾シリーズ4
    550円(税込)
    ボクシングの師・長坂の依頼を受けた神尾修二は、謎の失踪を遂げたウィグル人ボクサーのジューを追って、中国・新疆ウィグル自治区の町・カシュガルへ着いた。偶然知り合った元北京大学生の陳を案内役としてジューの探索を始める。さまざまな妨害を乗り越え、やっとジューの居所を突きとめるが……。好評シリーズ第四弾。
  • 風裂 神尾シリーズ5
    550円(税込)
    外国人娼婦が共同で住んでいるホテル。そこから、イタリア人の少年が誘拐されたという。しかも連れだしたのは、神尾の恋人、恵子だった。10歳、というそのマリオの年齢に神尾の心の底にあるものがうずいた。少年の背後にあるマフィアの掟と白いコカインの闇の道。何かに導かれるように神尾は巻きこまれていく。元一等航海士、神尾修二シリーズ待望の第五弾!
  • 海嶺 神尾シリーズ6
    660円(税込)
    両親を亡くしたイタリア少年・マリオと暮らすようになり、恵子とともに彼の「親」となることを決意した神尾。だがマリオにはシチリア・マフィアの相続問題が絡んでいた。この決着をつけるべく神尾はマリオを伴い遠くシチリア島へ渡る。刺客たちに狙われながらも、一族の長老であり、祖父であるステファノと対峙する。国際ハードボイルドのシリーズ第六弾。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています